ブログ

ヨナス・カウフマン

  ヤマハのWEB「音遊人」に、ヨナス・カウフマンのウィーン・コンサートの映像と、CDの情報を綴った。
  本日、その記事がアップされた。



  ぜひ、読んでくださいね。
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 23:28 | 親しき友との語らい

青おにぎり

  おにぎりが大好きな私が、いまイチオシでハマっているのが、京都の白川沿いにある「青おにぎり」。

y3915_R.JPG

  カウンター席のみのこぢんまりとしたお店で、店主がひとりですべてをきりもりしている。
  お店への入り方、注文の仕方、代金の払い方などに一定のルールが存在し、なにしろひとりで注文を聞いてからにぎってくれるため、そのルールに従わないといけないようだ。
  その店主はいわゆる職人気質で、自分の仕事に大いなる誇りを抱き、おいしいおにぎりを食べてもらいたいため、緊張感と集中力をもってひとつずつ炊き立てのごはんでにぎってくれる。   
  このちょっとビリビリした空気感がなんともいえないほど、私を魅了する。
  以前、ブログで西荻のお豆腐やさんを紹介したことがあったが、その店主の雰囲気とすごくよく似ている。
  ひとつずつお皿にポンと渡されるおにぎりは、まさに天上のおいしさ。ごはんの炊き方、塩加減、にぎり具合、具の味わいなど、すべてがこれまで食べたどのおにぎりよりおいしい。
  おにぎりとは、こういうものなのだという完璧さ。写真は、一番人気の鮭。

y3914_R.JPG

  やはり、熱々の炊き立てのごはんを目の前でにぎるおにぎりは、なにものにも代えがたい。
  すっかりファンになった私は、また「次回はどの具にしようかな」などと考えている。
  もちろんテイクアウトもできるが、やっぱりカウンターでいただきたいよね。
  油揚げおかかも、ほっとするおいしさ。京都のお揚げは最高だから。

y3920_R.JPG
  
  

posted by 伊熊よし子 at 22:50 | ゆったりまったり京都ぐらし

DUO2

  Hakujuギター・フェスタの10周年を記念して制作したアルバム「DUO」は、日本を代表するギタリストの荘村清志と福田進一の初共演録音として、高い評価を得た(コロムビア)。
  これはギターに適した音響をもつハクジュホールでの録音。5年後の今年、今回は次世代のギター界を担う鈴木大介と大萩康司が加わり、4人が相手を変えながらDUOを組み、「DUO2」と題したアルバムを作り上げた。
  その話を聞きに、ハクジュホールに出かけた。
  4人はそれぞれ作品や解釈、表現、共演相手に関して一家言をもつ実力派。
  このインタビューは各々の話を順に聞きながら進めたが、次第に合宿のような状態になり、いや、飲み会のような雰囲気といった方がいいかな、わいわいがやがやいろんな話が飛び出した。
  もっとも強く感じたのは、実に仲がいいということ。先輩格のふたりに敬意を表しながら、後輩たちも自由に発言する。そして先輩のふたりも、後輩のふたりを温かく見守り、将来を託す。
  同じ楽器でそれぞれソリストとして活躍している4人が、こんなに自然体で仲がいいというのは、あまり見たことがない。
  やはりギターという楽器が親密な雰囲気を生むのだろうか。
  オフレコになると、かなり「ぶっちゃけた話」が飛び出し、終始笑いの絶えないインタビューとなった。
  アルバムは11月18日にリリースされる。プログラムはアルベニス、ソル、サラサーテ、フォーレなど多種多様。
  このインタビューは、次号の「intoxicate」に書く予定である。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。彼らはいつもだれかと目を合わせ、笑っている。

y3904_R.JPG


  
posted by 伊熊よし子 at 21:29 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス