ブログ

阪田知樹

  2021年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで第4位入賞に輝いた阪田知樹は、私が以前から応援しているピアニストである。
  彼は19歳でヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで最年少入賞を果たし、2016年にはフランツ・リスト国際ピアノコンクールにおいて第1位を獲得している。
  エリザベート・コンクールはオンラインで演奏を聴いたが、今回は実力派ぞろい。第4位というのは少し残念な気もしたが、インタビューでは「自分の演奏を極めたかったから、順位は気にしていない」と語っていた。
  阪田知樹のインタビューは、いつも話題が豊富である。彼は古い時代の録音を愛聴し、ロシアのウラディーミル・ソフロニツキーの話になると止まらなくなるほど、ソフロニツキーに対する愛が深い。
  そのほか、古い楽譜を探したり、原譜を見つけたり、演奏される機会に恵まれない作品を見出したりすることに意義を見出している。その話が始まると声のトーンも一気に高くなるから、笑っちゃうほどだ。
  今回のインタビューは、次号の「音楽の友」に掲載される予定である。
  エリザベート・コンクール入賞後のコンサートとして、10月14日にはサントリーホールでリサイタルを開く。ベートーヴェンの「月光」からスタートし、シューマンの「幻想曲」へと移り、後半は得意とするリストのロ短調ソナタと「リゴレット」パラフレーズという彼らしいプログラム構成である。
  今日の写真はインタビュー後の1枚。阪田知樹はいつも個性的なシャツを着て現れる。今回も実にユニーク。コロナ禍でずっと髪を伸ばしていて、なかなか切れなくなったとか。リストを意識しているのかな(笑)。

y4125 (2)_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 16:54 | マイ・フェイバリット・ピアニスト

京都御苑 幕の内弁当

 京都もコロナ禍で外食がなかなか難しく、テイクアウトの種類が増えている。
 仕事部屋の近くには京都御所があり、パソコンで目が疲れると緑を見に散策に出かけるのだが、このなかの中立売休憩所でもテイクアウトが人気なようだ。
 今回は、「京都御苑 幕の内弁当」を購入した。
 実は、ちらし寿司がおいしそうだなと思って眺めていたら、お店の人から「幕の内弁当には、菊の御紋のお箸が付いているので、お得ですよ」と教えられ、お弁当の横を見たら、なんと黒いお箸が付いている。
 ここはやはり、このお箸を手に入れたいと思い、早速そのお弁当を購入。
 お弁当には「お品書き」が付いていて、たっぷりのおかずが魅力。とてもお得なお弁当だった。

 「お品書き」
  牛肉のしぐれ煮、焼鮭、大和まなの煮浸し、お惣菜(えび、玉子焼き、酢蓮根、煮物など)、大根なます、ご飯もの(黒米の俵むすび、白米の俵むすび、ちりめん山椒、すぐき漬け、しば漬け)、蘇入り笹団子

 これらが細長い弁当箱にぎっしり詰まっている。そして、いただくのは菊の御紋のお箸。なんという贅沢…。

 今日の写真は、その「幕の内弁当」。京都の隠れた逸品です。

y4125 (3)_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 17:37 | ゆったりまったり京都ぐらし

反田恭平

  ピアニストの反田恭平は、会うたびに新たな仕事の展開を示してくれる。
  彼はピアニストとしてのみならず、会社の経営者でもあり、録音のレーベルを立ち上げ、さらにオーケストラも結成している。
「すべては、ひとりでも多くの人にクラシックに親しんでほしいからです。もちろんピアノを演奏することがメインですが、夢はまだたくさんあり、言ったからには実行するという姿勢を貫きたい。将来はアカデミーも創設したいんです」
  デビュー当初はちょっとシャイで、そんなに自身の気持ちを明快に話すタイプではなかったが、最近は演奏と同様に大いなる自信がみなぎり、26歳とは思えない貫禄すら感じさせる。
「今年のショパン・コンクールを受けるときには27歳になっています。この年でコンクールを受けるのもちょっとなあと思ったのですが、将来の自分の夢をかなえるためにはここでひとつ挑戦しておかないとと考え、受けることにしました」  
  先日のワルシャワにおける予備選も無事に通過し、10月月には本選を迎える。
  今回のインタビューは、いま販売されている「音楽の友」の記事用で、ショパンのノクターンについて聞いている。
  ひとつの作品だけについて話を聞くというのは初めてだが、話題はいろんな方向に広がっていき、反田恭平の目指しているものを知ることができた。
  この日、彼が身に着けていたパンツがイッセイミヤケの製品で、とてもおしゃれで履きやすそうだった。
「そのパンツ、ステキねえ」というと、「これ、いいでしょ。すっごく軽くて、旅にもっていくのに最高なんですよ。洗ってすぐに乾くし、しわにならない。お気に入りなんですよ」と、いっていた。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。パンツもしっかり見てね。

y4123 (2)_R.JPG
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 21:20 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス