ブログ

ポール・ルイス

 イギリスの実力派ピアニスト、ポール・ルイスは、ある種のまとまった企画でプログラムを組み立て、シリーズとして何年間にもわたり、コンサートを行うことを好む。
 今回の来日では、長年共演を重ねているテノールのマーク・パドモアと王子ホールで2夜にわたって「歌曲の夕べ」を開いた。
 そして29日には、「HBB PROJECT Vol.1」と題するリサイタルを行う(王子ホール)。これはハイドン、ベートーヴェン、ブラームスの3作曲家の作品をシリーズで演奏するもので、第2回は2018年11月20日、第3回は2018年11月22日、第4回は2019年9月の予定である。
 そのシリーズについて話を聞くべく、インタビューを行った。
 ルイスは、ハイドンをこよなく愛しているそうだ。ユーモアがあり、サプライズがあり、笑いもあり、すばらしく豊かな作品が多いと力説する。
 そのハイドンとまったく逆の、内省的でシリアスなブラームスの作品を組み合わせたプログラムを作りたいと考え、そのふたりの作曲家の橋渡しができる存在として、ベートーヴェンを入れたのだという。
 ただし、ベートーヴェンは、「バガテル」や「ディアベッリ変奏曲」で、ピアノ・ソナタではない。ブラームスは、晩年の間奏曲や小品が選ばれている。
 ハイドンに関しては、ピアノ・ソナタが主流となっている。
「そんなにもあなたはハイドンが好きなのに、どうしてほとんどのピアニストはハイドンを弾かないんでしょうね」というと、「ホント、どうしてだろうといつも思っている。ハイドンは退屈だとか、おもしろくないという人が多いんですよ。まったく逆なのにねえ」と、真剣な眼差しで考え込んでいた。
 ルイスは録音にも積極的に取り組み、最近ではベートーヴェンのピアノ協奏曲全集、ブラームスのピアノ協奏曲第1番と4つのバラード、シューベルトの後期ピアノ・ソナタ集、マーク・パドモアとのシューベルト・チクルスなど、興味深い録音を世に送り出している(キングインターナショナル)。
 このインタビューは、「intoxicate」に書く予定である。
 ルイスはいつ会っても実に感じがよく、ひとつひとつの質問にことばを選びながらていねいに答えてくれ、その実直さが彼のまっすぐで深みのある演奏を連想させる。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。
 ポール・ルイスの写真というと、あまり笑っているものを見たことがない。いつも真摯な表情をしている。でも、インタビュー中はジョークもいうし、おどけた表情もするし、終始にこやかである。この写真も、自然な笑顔でしょ。

y1992_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:10 | 情報・特急便

フィリップ・ジョルダン

 昨日は、来日したばかりのフィリップ・ジョルダンを囲んで、記者懇親会が行われた。
 フィリップ・ジョルダンは、11月26日から12月3日まで、首席指揮者を務めているウィーン交響楽団とともに全国7公演を行うことになっている。
 今回のプログラムは、樫本大進をソリストに迎えるメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、ブラームスの交響曲第1番、マーラーの交響曲第1番「巨人」、ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」など、同オーケストラの得意とする作品が組まれている。
 その作品について、オーケストラの現在の状況、マエストロ・ジョルダンの今後の活動に関してなど、幅広い話題が出る記者懇親会となった。
 とりわけ、ウィーン交響楽団ならではのベートーヴェンの演奏に関する話題に花が咲いた。
 ジョルダンは、現在パリ国立オペラ座の音楽監督としてオペラの世界でも大活躍をしているが、2020年のシーズンよりウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任することが決まっている。まさに、大きなステップアップであり、世界中が注目している。
 それに関しては、「大きな課題が要求されることになるため、3年後のステップに向けて万全の準備をしたい。わくわくする思いだ」と語った。  
 ウィーン交響楽団はいま自主レーベルを立ち上げ、ジョルダンとともにベートーヴェンの交響曲全集の録音に着手している。そのレコーディングに関しては、マネージング・ディレクターのヨハネス・ノイベルト氏が詳細を説明した。
 ジョルダンは、今春パリ国立オペラ座管弦楽団とムソルグスキー/ラヴェル編の「展覧会の絵」とプロコフィエフの交響曲第1番「古典交響曲」をリリースしている(ワーナー)。
 この懇親会の記事は、私のHP「音楽を語ろうよ」などで紹介するつもりだが、レコーディングに関しても取り上げたいと思っている。
 コンサートは12月1日のサントリーホールに聴きに行く予定である。
 今日の写真は、マエストロ・ジョルダンとノイベルト氏。 

y1991_R.JPG

y1990_R.JPG  
 
posted by 伊熊よし子 at 22:49 | アーティスト・クローズアップ

麩屋町 伝助

 2016年12月29日にNHKのラジオ番組「クラシックリクエスト」に出演した際、アナウンサーのNさんと親しくなり、その後もおつきあいが続いている。
 彼女が今春から京都放送局に異動になったため、私が京都の仕事部屋にいくときに「会おうね〜」といいあっていたのだが、なかなかスケジュールが合わなかった。
 先日、ようやく会って食事にいくことができた。
 Nさんは食通で知られている。おいしいお店をたくさん知っていて、しかも小さなお店で居心地がよく、ひとつずつていねいに作られた物が出てくるお店がお気に入り。
 そんな彼女が選んでくれたのが、麩屋町にあるカウンター7席の和食屋さん、「麩屋町 伝助」だ。
 夜、待ち合わせ場所にいってみると、すでに暗くなった通りに行灯の光が見える。なかなか風情のある外観である。
 ちょうど出張で京都を訪れていたNさんの後輩アナウンサーのWさんも加わり、女3人でカウンターでチビチビやりながらおいしい物を次々につまむことになった。
 いろんな話をしながら、京都でゆっくり飲み、食べる。こんなことができるなんて、思ってもみなかった。
 出てくるお料理はいずれも手が込んでいて、しかも薄味でヘルシーで、見た目にも美しい。
 私の友人で、こういうところで飲みながらおいしい物いただくのが大好きなご夫妻がいるので、次回はぜひ彼らと一緒に訪れたいと思った。
 今日の写真は、天然魚のお造り、ふきのさっと煮、あん肝の酢の物、ぎんなんの塩焼き、なすの田楽など。まだまだたくさん食べたけど、すべてがまねできないすばらしいお料理だった。「ここに弟子入りしたい」といったら、ふたりに笑われた。

y1983_R.JPG

y1984_R.JPG

y1986_R.JPG

y1987_R.JPG

y1988_R.JPG
 

 
posted by 伊熊よし子 at 21:47 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス