ブログ

辻井伸行×ロイヤル・リヴァプール・フィル

 2月1日から6日まで、辻井伸行×ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の取材に行ってきた。
 今回はコンサートとレコーディングが同時に組まれ、辻井さんはものすごくタイトなスケジュールを精力的にこなしていた。
 演奏したのは、ラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲とグリーグのピアノ協奏曲。彼らはリヴァプールとノッティンガムにおけるコンサートがあり、リヴァプールではリハーサルと録音、本番と録音というハードなスケジュールが組まれていた。
 私はリハーサル、レコーディング、本番の演奏を聴き、辻井伸行、マエストロ・ペトレンコ、レコーディング・プロデューサーのアンドリュー、アーティスティック・プランニング・ディレクターのサンドラにインタビューを行った。
 その様子は「家庭画報」の連載記事(2カ月分)に書く予定になっている。
 リヴァプールといえば、ビートルズである。雑誌の誌面ではカット的にしか使えないにしても、やはりリヴァプールを象徴する写真が必要だと思い、パリで合流したカメラマンのTさんと一緒にロケハンに出かけた。
 クルマを運転しながらビートルズゆかりの地を巡って説明してくれるドライバーを見つけ、4人に関連する場所をあちこち回った。
 これから徐々にその写真も紹介したいと思う。
 今日の写真はオーケストラの本拠地、リヴァプール・フィルハーモニック。外観はあまり特徴がないように見えるが、内部はリニューアルしたそうで、とても明るくて美しい内装が施されていた。
 辻井さんに聞くと、「とても響きがよくて、オーケストラの音もよく聴こえ、演奏しやすい」そうだ。
 今日の写真は、その外観とホワイエにあるカフェスペース。

y2083_R.JPG

Y2049_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:26 | 麗しき旅の記憶

出張前のドタバタ

 いつも海外出張の前は、ほとんどパニック状態になるほど締め切りに追われ、荷物の準備もできず、かといってしっかり食事もしなければならず、大変なことになる。
 今回も、またまた同様の状態に陥っている。
 すべてやらなければならない原稿を書き出し、ひとつずつ入稿が終わるとチェックを入れていくのだが、このチェックをするときのうれしさといったら(笑)。
 実は、私の周囲はノロウイルスにやられたり、インフルエンザで会社を何日も休んだりと、非常に困難な状況になっている人が多い。
「ねえ、出張前に大丈夫? あまり無理しないようにね。病気になったら、大変なんだから」
 そういってくれる人が多いが、いっている本人が病気で倒れてしまった、というケースもある。
 なんとも今年は大変な冬である。
 まずは、外出から帰ったら、うがいと手洗いを丹念にする。そして、マスクをして出かけるというのがウイルスに感染しない一番の予防のようだ。
 電車のなかでくしゃみをしている人の近くにいると、飛沫で感染してひどい目に遭うから要注意、とニュースでもいっていた。
 出張前にウイルスに感染してしまったら、それこそ大変。だから、しっかり食事をする。これしかないね。
 さて、まだまだ原稿がたまっている、頑張らなくっちゃ。
 
posted by 伊熊よし子 at 21:16 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

ロジャー・フェデラー

 2018年のグランドスラムの幕開けとなる全豪オープンで、第2シードのロジャー・フェデラーが第6シードのクロアチアのマリン・チリッチと対戦し、5セットマッチの末、見事優勝を果たした。
 試合は、6-2、6-7、6-3、3-6、6-1。3時間3分の長時間マッチとなった。
 この優勝で、フェデラーは昨年に続き、全豪オープン2連覇、グランドスラム最多優勝の20回を達成した。
 試合後は喜びの表情を浮かべていたものの、優勝スピーチのあとに涙がこみ上げ、いつものように泣きじゃくった表情に…。
 日本のテレビ、WOWOWの特設スタジオにも顔を出してくれ、優勝の喜びを語った。
 この優勝で第1位のナダルにかなりポイントが近づき、世界第1位に返り咲くことも時間の問題となってきた。今年もまたクレーシーズンをスキップするかもしれないが、ナンバーワンが視野に入ってきたようだ。
 私はリヴァプール出張を控えているため、土曜日も日曜日も関係なく仕事に追われているが、ロジャーの優勝は本当に力になる。どんなに疲れていても、あの美しく芸術的なプレーを見ると、エネルギーが湧いてくるのである。
 さて、ほんの少しの時間だけ、優勝を祝して乾杯しようかな。ロジャー、本当におめでとう!!
 
  



posted by 伊熊よし子 at 22:59 | ロジャー・フェデラー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス