ブログ

エドガー・モロー

  若手演奏家は、1年経つとその様相がガラリと変貌していることがある。
  フランスの次世代のチェロ界を担う逸材、エドガー・モローも、前回会ったときは初々しい少年のような雰囲気をたたえていたのに、今日会ったら、すっかり自信がみなぎった大人のチェリストになっていた。
  「あらあ、ちょっと会わない間にすっかり大人の音楽家になっちゃって。その自信はどこから来るの?」
  と聞いたところ、答えは前回と同様、真摯なものだった。
 「いろんな人と出会い、いろんな場所で演奏し、そのすべてが僕にとって”学びの場”となっているからです。自信があるように見えてうれしいですが、まったく自分では意識していないんですよ。無意識のなかでの成長なのでしょうか」
  ウーン、すばらしい答え。
  モローは、オッフェンバックのほとんど演奏される機会に恵まれないチェロ協奏曲《軍隊風》と、フリードリヒ・グルダが作曲したチェロ協奏曲という珍しい作品を組み合わせた録音をリリースした(ワーナー、輸入盤)。
  オッフェンバックに関しては、今回の来日時に東京都交響楽団と共演し、10月2日にコンサートを行う(日本初演・東京芸術劇場)。今日は、そのリハーサルが終わった後にインタビューを行った。
  モローはオッフェンバックの作品についてさまざまなことを話し、このコンチェルトを演奏できることがうれしくてたまらないようだった。加えて、グルダのコンチェルトに関しても、楽しそうな表情を浮かべながら話してくれた。
  私はグルダに1度だけインタビューをしたことがあり、いまでもそのときの強烈な印象が残っているため、それをちょっと話したら、「えっー、本当。グルダに会ったの?」とそのときの様子を聞きたがった。
  モローとは、いつも対話が弾む。彼はこちらの話にもきちんと耳を傾け、自分だけが話すのではなく、対話を好むからだ。
  このインタビューは、「日経新聞」に書く予定にしている。
  10月3日には、王子ホールでバッハの無伴奏チェロ組曲全曲演奏会が開かれる。なんと、エドガーは、10歳のときにこれらの作品を全曲弾けるようになったとか。
 「いまは、もうちょっと成熟した演奏ができると思うよ」と笑っていた。リサイタルが楽しみである。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。「リラックスした感じでね」といったら、こんなポーズになりました。写真から彼の雄弁な語り口が聞こえ、熱い演奏が聴こえてくるようでしょ。

y3409_R.JPG



posted by 伊熊よし子 at 23:48 | クラシックを愛す

河野智美&八木大輔

  ギターとピアノのコンチェルトを一夜で聴くというコンサートが、2020年1月29日にサントリーホールで開催される。
  ギターは河野智美、ピアノは八木大輔、梅田俊明指揮東京フィルハーモニー交響楽団という出演者で、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番、ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」と「ある貴紳のための幻想曲」というプログラムである。
  そのソリストふたりに話を聞くため、インタビューを行った。
  ふたり一緒にインタビューにきていただいたが、もちろんひとりずつに作品について、これまての歩みについて、今後のことについて聞くという形をとった。
  このインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に掲載される予定である。
  河野智美は、本格的にギタリストを目指したのはかなり遅く、最初は会社員をしていたとか。仕事は忙しく、大変なエネルギーを要していたため、そのエネルギーを音楽に向けたいと考え、子どものころから親しんでいたギターでコンクールを受けるようになったという。
  こういうキャリアの人は、ちょっと珍しい。コンクールで優勝し、いまでは海外でも演奏活動を展開し、ギターひと筋の生活だそうだが、性格も変わり、以前は暗かったが現在は明るくなったと周囲にいわれるそうだ。
   八木大輔は、慶應義塾高校の1年生。ふつう高校で学びながら、ピアニストとしての道をまっしぐらに歩んでいる。
   彼の話はとても面白く、国際ピアノ・コンクールで最年少優勝を果たしているだけあって、自信がみなぎっているが、「いまは少年でもなく、大人でもない。とても不安定な年代」だという。
  そのもやもやした気持ちをピアノにぶつけ、自分にしかできない音楽を生み出したいと熱く語る。
  コンチェルトを目いっぱい堪能することができるこのコンサート、新春の華やかさが味わえるかも。
  今日の写真は、インタビュー後の1枚。

y3395_R.JPG
  
posted by 伊熊よし子 at 22:45 | クラシックを愛す

栗原麻樹

  昨年に続き、ピアニストの栗原麻樹にインタビューすることになった。
  彼女は11月17日に銀座・ヤマハホールでリサイタルを開く。
  今回のインタビューはそのリサイタルについてさまざまなことを聞くことになり、昨年聞いたことと重複しないよう、事前に準備を行った。
  このインタビューは、ヤマハのWEB 「ピアニスト・ラウンジ」に書くことになっている。
  今回のリサイタルはタイトルが付いており、「舞踏への勧誘」と題している。プログラムはグラナドス、ラヴェルのワルツを含み、メインはチャイコフスキーの「くるみ割り人形」と「眠りの森の美女」のプレトニョフ編曲版である。
  その選曲について、栗原麻樹はことばを尽くして語り、プレトニョフ版の魅力に関しても熱く話してくれた。
  ピアニストはひとつのテーマに基づいてプログラムを組み立てることが多いが、今回の「舞踏への勧誘」も、つい踊り出したくなる作品がずらりと並んでいる。
  彼女は、ステージ衣裳もそのときのプログラムに合わせて考えるという。
  今回の舞踏に関するリサイタルでは、どんな衣裳が登場するのだろうか。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。ポーズが決まっているよね(笑)。

y3401_R.JPG

  
posted by 伊熊よし子 at 23:25 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス