ブログ

サンタ・マリア・ノヴェッラ ティサネリーア京都

  京都にはこだわりのシェフが腕をふるう上質なリストランテがいくつもある。
  そのなかで、私のお薦めは東洞院通りにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ  ティサネリーア京都」だ。
  このお店は季節ごとにさまざまなメニューを展開し、いつも驚きと刺激と感動をもらっている。
  今回のランチメニューは、まず、すっきりしたスパークリングワインに続き、「聖護院蕪  ズッパ」からスタート。
  これが実に京都風の味わいで、聖護院蕪の滋味豊かな味わいが堪能でき、スターターとしては最高。
  次いでメニューには「寒ブリ 大根」と書いてあるため、ついブリ大根の煮つけを想像してしまうが、ところがどっこい、目からウロコのレシピ。寒ブリと5種の大根のマリネだった。

y4287 (2)_R.JPG

  ここでいつも感激する「25種類の野菜とハーブサラダ」が供される。これは絵になる一品。ひとつひとつの野菜やハーブがまるで絵画のひとこまのように美しさと存在感を発揮している。

y4288 (2)_R.JPG

  メインの前に「イタヤ貝  白菜  黒七味」と書いてあるため、生の貝が出てくるのかと思ったら、これがトマト味のパスタだった。ほとんど想像できませんでしたな(笑)。
  そしていよいよメインの「京赤地鶏  ハーブロースト、京都牛  ビステッカ」が供され、その美しさとひとつひとつのこだわりの味わいにまたまた感動。

y4289 (2)_R.JPG

  デザートは「洋梨  ホワイトチョコレート  ゴルゴンゾーラ」と題された一品で、ハーブティーか和紅茶かコーヒーを選ぶ。
  私は和紅茶を選んだのだが、あっさりしているのに不思議なコクがあり、いままで飲んだことのない深い味わいの紅茶に、ついお店の人に「これはどこで生産されている紅茶ですか」と聞いてしまった。
  すると、「京都の和束町で作られている和束茶です」と教えてくれた。
  紅茶大好き人間の私としては、この紅茶を調べなくてはならない。そして手に入れなくては。
  今回も、さまざまな面で勉強になり、感動をもらい、そしてますますこのお店のファンになった。

posted by 伊熊よし子 at 19:02 | ゆったりまったり京都ぐらし

年末年始のお詣り

 新年、あけましておめでとうございます。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 昨年末は、無病息災を祈り、京都の五条と四条の中間あたりに位置する平等寺に詣でた。

y4286 (2)_R.JPG

 さらに今日は年始のお詣りとして、いつも通っている車折神社を訪れたのだが、ものすごい混みようで、どこからこんなに人が集まってくるのかと思うくらい人、人、人。
 なかなかお詣りできず、お守りも購入できず、相当な時間を有した。人を入れずに撮った貴重な写真。

y4285 (2)_R.JPG

 いま、京都は大変なにぎわいで、今日から駅ナカのお店とデパートが開店したため、まるでお祭り騒ぎのような混み具合。
 レストランもカフェも長蛇の列で、ランチを食べるのもひと苦労。みなさん、ようやく自由に食事ができるようになったため、その自由を満喫しているようだ。
  年末の忙しさからしばし解放され、もうしばらく京都の冬を楽しみたいと思う。
posted by 伊熊よし子 at 22:16 | ゆったりまったり京都ぐらし

旭酒造(株)岩国本社

  いま、取り組んでいるムック「音楽家のマリアージュな世界」(音楽之友社、2023年2月25日発売予定)の取材で、獺祭の蔵元、旭酒造の岩国本社に出張した。
  初めて訪れた旭酒造は緑に囲まれた山あいの美しい場所にあり、川のせせらぎが聴こえ、空気が澄んでいる。

y4281 (2)_R.JPG

  ここでは桜井博志会長にお話を伺い、大阪から来てくれた日本センチュリー交響楽団のコンサートマスター松浦奈々とともに、内部を見学させてもらった。
  松浦さんには獺祭の発酵所でヴァイオリンを奏でてもらい、それを撮影した。ちなみに、彼女が演奏したのは、タイスの「瞑想曲」である。

y4282_R.JPG

  よく、クラシックを聴かせると乳牛の乳の出がよくなるとか、モーツァルトを聴かせるとお酒がおいしくなるなどといわれるが、獺祭の発酵所にもひとつの樽の下にスピーカーが設置され、「交響曲獺祭」が流されていた。
  工場見学のあとは、建物内にある会長の自宅に招かれ、そこで鼎談を行った。
  今回はたくさん写真を撮ったため、何回かに分けて掲載したいと思う。
  岩国の日帰り出張の翌日は、朝から「獺祭ストア銀座」に出向き、ここでも桜井会長と松浦奈々さんと合流。次いで夕方から銀座の「夢酒みずき」で再び撮影を行った。
  かなりの強行軍だったが、年末ゆえのスケジュール調整のため、みなさんが忙しい時間をやりくりして集合してくれた。
  なんとかいい記事に仕上げたいと思う。
  今日の写真は、本社の玄関前にあるモニュメント。お酒の材料である米の形をしている。

y4283_R.JPG

  本社の向かいにある獺祭ストア。川に面した美しいデザインの建物。

y4284_R.JPG


posted by 伊熊よし子 at 23:57 | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス