ブログ

ダニエル・バレンボイム

  先日に続き、バレンボイムの新情報第2弾は、ピアニストとしての彼の活動を紹介したい。

  指揮活動で多忙を極めるバレンボイムが、コロナ禍で3カ月間というものピアノを弾くことだけに集中することができ、5度目のベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音を完成させたのである(ユニバーサル)。 

  類まれなるタフな音楽家として知られるバレンボイムは、2020年のベートーヴェン生誕250年の4月から6月にかけて、ベルリンのピエール・ブーレーズザールでピアノ・ソナタ全32曲と、「ディアベッリ変奏曲」をレコーディング。このベートーヴェンの集中力がハンパではなく、来日公演における彼の緊迫感あふれる演奏を思い出させた。

  私はピアノ・ソナタ第2番の第4楽章の上昇していく旋律が大好きなのだが、ここでバレンボイムはクリアかつ情感あふれる表現で音の粒を天空へと運ぶ。実は、このソナタ第2番の第4楽章のすばらしさに目覚めたのは、ラファウ・ブレハッチの録音だった。聴き慣れた音楽が、新たな魅力と斬新な響きをもって耳に飛び込んできたからだ。

  以来、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲録音を聴くときには、真っ先にこの楽章を聴くようにしている。

  今回のバレンボイムの13枚組のCDには、ボーナストラックとして1958年3月にニューヨークで録音したウエストミンスター録音(モノラル)が加わり、ここにはソナタ第8番、第14番、第21番、第23番、第29番、第32番が収録されている。

  毎日1枚ずつじっくり聴きたい、そんなピアノ好きの心をとらえる新譜である。


Y3986_R.jpg

  



posted by 伊熊よし子 at 21:59 | 情報・特急便

ダニエル・バレンボイム

  2021年の幕開け、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤー・コンサートの指揮は、今年の夏に80歳を迎えるリッカルド・ムーティだった。そのライヴ放送の最後に来年の指揮者が発表され、その年の秋に80歳を迎えるダニエル・バレンボイムと発表された。
  実は、前回2014年の指揮台にバレンボイムが登場した際、その前年の秋にベルリンでインタビューを行い、その様子をこのニューイヤー・コンサートのライヴ録音のライナーに綴った。
 「インタビュー・アーカイヴ」の第82回は、そのバレンボイムの登場である。

[ウィーン・フィル ・ニューイヤー・コンサート2014  ライナー  ソニー]

「ウィーン・フィルは自分が演奏したいというスタイルをもち、私も自由に指揮します。その方向性が見事に一致し、すばらしいコンサートが生まれるのです」〜ダニエル・バレンボイム2度目のニューイヤー・コンサート

  ウィーン・フィルから大いなる信頼を受け、深い絆で結ばれているダニエル・バレンボイムは、2009年に初めてウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの指揮台に立った。そのときは「平和」をテーマに掲げ、プログラムもそれに即したものだったが、今回も新たに「世界の平和」をテーマに選曲を行っている。
  2013年10月初旬、ベルリン国立歌劇場のベルクの歌劇「ヴォツェック」の本番前に、シラー劇場でマエストロに話を伺った。
「私は常に音楽を通して世界の平和を強く訴えたいと思っています。2009年のニューイヤー・コンサートでもそれを実現しましたが、2014年は第一次世界大戦100年にあたる年ですので、これをテーマの主軸に据えたいと考えています。というのは、第二次世界大戦はみなさんよくご存じで話題となりますが、第一次世界大戦のことはいまやすっかり忘れられている。どうしてこの戦争が起きたのか、いかに大変だったのか、将来のためにみんなが知る必要があると思うからです」
  バレンボイムはそのための作品をいくつか選び、これからウィーン・フィルとの話し合いのなかで詳細を決めたいと語った。その時点で決まっていた作品に関しては…。
「平和と関連するヨーゼフ・シュトラウスの《平和の棕櫚》はぜひ演奏したいですね。それから私が1999年にパレスチナ系アメリカ人学者のエドワード・サイードと創設した、パレスチナとイスラエルの若手音楽家で組織するウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団の結成15年を記念し、ヨハン・シュトラウス2世の《エジプト行進曲》を加えたい。そしてウィーンの自然の美しさは平和に通じると思いますので、ドナウ河沿いの町のクロスターノイブルクの修道院設立900年を祝し、シュトラウス2世の《ウィーンの森の物語》を、さらに2014年に生誕150年を迎えるリヒャルト・シュトラウスの歌劇《カプリッチョ》から《月光の音楽》を考えています」  
  バレンボイムは、初めてウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの演奏を聴いたとき、「立ち見でもいい」と思うほど感銘を受けたという。
「ウィーン・フィルはシュトラウス一家をはじめとするワルツやポルカを熟知し、旋律、フレーズ、リズム、テンポなど、すべて自分たちが演奏したいというスタイルで自在に演奏します。ですから、私も自分の本当に表現したい方法で自由に指揮をする。その結果、ふたつの方向性が見事に一致し、音楽が融合し、すばらしいコンサートとなるのです」
  ウィーン・フィルは「特別な音をもっている」と彼はいう。それは世界のどのオーケストラとも異なる特有の音で、音楽が自然に流れ、独創性を保持し、指揮者冥利に尽きると。
「ニューイヤー・コンサートは単なる娯楽作品を演奏したり、アンコールピースだけを並べるものではありません。ひとつのドラマをもち、創造性に富んでいます。ウィーン・フィルもリハーサルから真剣勝負ですが、指揮者も責任重大です。でも、私はすべての音楽を楽しみながら指揮しますよ」
  彼は音楽家だった父親から「音楽をよく考えて演奏すること」という精神を伝授された。それを座右の銘とし、どんな作品を演奏するときもスコアを深く読み、熟考する。ニューイヤー・コンサートも各曲の真意に寄り添う、洞察力に富む演奏が披露されるに違いない。

Y3999_R.jpg





続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 22:37 | インタビュー・アーカイヴ

ルノー・カピュソン&ベルトラン・シャマユ

  毎年、クラシック界は偉大な作曲家のメモリアルイヤーを祝し、世界中でその作品が数多く演奏される。
  2021年はフランスのカミーユ・サン=サーンス(1835〜1921)の没後100年にあたる年。
  これに向けて、昨年の夏にフランスの実力派、ヴァイオリンのルノー・カピュソン、チェロのエドガー・モロー、ピアノのベルトラン・シャマユがサン=サーンスのヴァイオリン・ソナタ第1番、チェロ・ソナタ第1番、ピアノ三重奏曲第2番をレコーディング。メモリアルイヤーに先駆けてリリースした。  
  その録音に関しては、ヤマハの「WEB 音遊人」に綴ったが、まだ記事がアップされていないため、ここではカピュソンとシャマユの映像を紹介したい(ワーナーミュージック提供)。
  ルノー・カピュソンの弦の響きは非常に官能的で、内に秘めた情熱が印象的。どんな作品を弾いても、特有の音色と表現が心の奥にしっとりと染み込んでくる。私の大好きなヴァイオリニストである。
  新年最初のブログは、ぜひこのカピュソンの美しい響きで始めたい。ヴァイオリン・ソナタ第1番の第1楽章だ。
  じっくり聴いてくださいね。

続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 20:42 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス