ブログ

ダン・タイ・ソンを10倍楽しむ音楽講座

  10月5日、大分県竹田市のグランツたけた 廉太郎ホールで、ダン・タイ・ソンのリサイタルが行われた。
  そのリサイタル前のプレセミナー「ダン・タイ・ソンを10倍楽しむ音楽講座」を行うべく、前日の夕方竹田に入り、スタッフと打ち合わせを行った。
   5月のミッシャ・マイスキーのプレセミナーのとき以来だが、スタッフのみなさんはとても温かく迎えてくださり、打ち合わせもスムーズに進んだ。
  翌日も午前中に講演で使用する映像とCDの確認作業を行い、12時30分から13時20分まで、50分間の講演を行った。
  前回のときは、そのときのブログにも綴ったが雨模様で、「20名来てくれればいいかな」などとみんなで話していたのが、100名を超え、いすを並べるのが間に合わないほど。最後は立ち見のお客さまも増えてしまった。
  今回は、スタッフが「今回は多めにいすを用意しました」といい、万全の準備をしてくれた。
  当日は11時30分からマルシェがオープンし、ダン・タイ・ソンに因んでヴェトナムの生春巻きやバインミー(サンドイッチ)などが用意され、多くの人がヴェトナムの味を楽しんでくれた。
  実は、私が書いた「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)の単行本のなかにダン・タイ・ソンが登場し、「おつまみならお任せ、揚げ春巻き・ニョクマムたれ添え」が掲載されている。
  この日は、ホール側が事前にベジ・カフェ ミズというお店に依頼し。私のレシピで揚げ春巻きを作ったものが売られていた。これにはびっくり。それが見る見るうちになくなり、他の商品はまだ残っているのに、揚げ春巻きだけあっというまに売り切れてしまった。
  私もいろいろいただいたが、すべてとてもおいしく、ダン・タイ・ソンもゆっくり味見をしたようだ。
  さて、プレセミナーが始まった。今回は以前よりも多くの人が聞きにきてくれ、130人を超える超満員。しかも全員が横を向いたり下を見たりすることなく、もちろん寝ている人もまったくなく、私の方をじっと見て耳を傾けてくれる。
  みなさんとても熱心で集中力があり、ひとつのことばも聞き逃すまいと、うなずきながら聞いている。
  本当にグランツたけたのお客さまは雰囲気が温かく、親密的で、好奇心が豊かである。
  そしていよいよリサイタル。ダン・タイ・ソンはいま巨匠の道を邁進しているが、まさに熟成した、自信がみなぎる演奏だった。このホールは音響がすばらしく、特に3階の響きが秀逸。ピアノの音がふんわりと弧を描いたように伝わり、やわらかな音色に癒される。
  今日の写真は、私のレシピで作りましたと表記されている揚げ春巻き。おいしくいただいた生春巻きと揚げ春巻き。そして演奏が終わってほっとした表情のダン・タイ・ソン。

y3415_R.JPG

y3412_R.JPG

y3399_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 17:19 | マイ・フェイバリット・ピアニスト

九州出張

  今年5月、大分県竹田市のホール、グランツたけたでミッシャ・マイスキーのプレセミナーを行ったことは、以前ブログでも綴ったが、明日からまたその竹田市に出張することになった。
  今回は、5日に開催されるダン・タイ・ソンのリサイタルのプレセミナーでの講演である。
  音源を用意し、資料を整え、1泊の荷物を準備した。
  今週はとにかくドタバタの状態で、インタビューと取材が目白押し。原稿の締め切りも重なり、ちょっと疲労がたまっている。
  しかし、明日はお昼の飛行機ゆえ、午前中から出かけなくてはならない。
  グランツたけたのスタッフは、「またお会いするのを楽しみにしています」といってくれるため、疲れたなどとはいっていられない。
  なんとか体調をコントロールし、いいプレセミナーができるようにしなくては…。
  それでは、またグランツたけたの様子を写真とともに紹介します。
posted by 伊熊よし子 at 22:28 | 麗しき旅の記憶

アンドレイ・ググニン

  ロシアは昔からピアニストの層が厚いことで知られるが、現在も次々に個性的な実力派が国際舞台に登場してくる。
  先日、1987年生まれのアンドレイ・ググニンにインタビューをしたが、彼もロシアの次世代のピアノ界を担うひとりとして、注目されている。
  彼はショスタコーヴィチの「前奏曲&ピアノ・ソナタ集」のアルバムをリリースしたばかり(東京エムプラス、輸入盤)。そのひとつひとつの作品について、ゆったりとした口調で、ことばを選びながら話してくれた。
  このインタビューは、「レコード芸術」に書くことになっている。
  ググニンは、人が選ばないような珍しい作品を演奏したり、埋もれた作品を発掘したり、個性的なプログラムを組むことが好きなようだ。
  過激なまでのプログラム構成と、熱く深く洞察力に富むピアニズムを聴かせるタイプだが、素顔のググニンはとても感じのいいおだやかなキャラクター。でも、内に秘めた音楽への情熱はふつふつと燃えたぎっているようだった。
  今回のアルバムは、ピアノ・ソナタ第1番、第2番、24の前奏曲、夜想曲(バレエ音楽《明るい川》より)という選曲。24の前奏曲が聴きどころ満載だが、ご本人は、あまり演奏される機会に恵まれないソナタ第2番をぜひ聴いてほしいと話していた。
「このソナタは、長大でとても難しい作品ですが、これを録音することは大きな意義があると思うのです」
  ロシア・ピアニズムに根差した伝統的な奏法は、モスクワ音楽院で磨き上げた賜物だ。
  今日の写真は、インタビュー中のワンショット。物静かに、ひとつずつの質問をじっくり考えながら、ていねいに答える。

y3397_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 23:31 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス