ブログ

横山幸雄

  ピアニストの横山幸雄は、タフガイである。
  ショパンやベートーヴェンの作品の連続演奏会で、朝から晩までピアノの前に座りっぱなし。聴衆はその長時間のコンサートに備え、リラックスして聴くことができるよう、クッションを持参したり、スリッパなどに履き替えたり…。
  いつもインタビューするごとにそのタフぶりに驚かされるが、ご本人はケロリとして「そんなに疲れは感じませんよ。連続演奏会の最後の方になると、ああ、もうこれで終わりかと、ちよっと寂しくなるくらいです」という。
  そんな横山幸雄が、今年のベートーヴェン生誕250年を記念し、ピアノ・ソナタ32曲連続演奏会を開くことになった。その心意気を聞くため、インタビューを行った。
  コロナ禍で、せっかくベートーヴェンのメモリアルイヤーなのに、その演奏会が次々に中止に追い込まれていることに心を痛め、それなら今年の最後にソナタ全曲に挑戦しようと考えたのだそうだ。
「だって、ベートーヴェンに悪いじゃない。世界中の人がベートーヴェンイヤーに向けて準備していたのに、演奏する機会がどんどん失われてしまって、本当に残念。だから12月になんとか全曲演奏にこぎつけたかった」
  こう語る横山さんはこんがりといい色に日焼けし、元気そのもの。ベートーヴェンに対する熱い気持ちをおもいっきり語ってくれた。このインタビューは、ジャパン・アーツのHPに前半・後半と2回に分けて書く予定にしている。
   公演詳細はこちら。

https://www.japanarts.co.jp/concert/p875/


 今日の写真は、ベートーヴェンへの思いを語る横山さん。ホント、いい色に焼けているよね。体力も余っている感じ。まあ、全曲演奏だから、このくらいガッチリしていないと、もたないかも。


y3671_R.JPG



posted by 伊熊よし子 at 22:11 | 親しき友との語らい

ボストリッジ&パッパーノ

  昔から、ピアノの名手と呼ばれる指揮者が何人か存在する。
  ヘルベルト・フォン・カラヤン、ゲオルグ・ショルティ、ヴォルフガング・サヴァリッシュをはじめ、現存する指揮者ではチョン・ミョンフン、ジャナンドレア・ノセダ、ジェイムズ・レヴァイン ら。
  もちろん、ウラディーミル・アシュケナージやダニエル・バレンボイム、クリストフ・エッシェンバッハはピアニストとしても名を成している。
  そのなかで、近年ピアニストとしての力量を発揮しているのは、イタリアの指揮者、アントニオ・パッパーノだ。
  ベートーヴェン生誕250年を記念してリリースされたイギリスのテノール、イアン・ボストリッジが録音した「ベートーヴェン:歌曲・民謡編曲集」(ワーナー、輸入盤)では、ピアノを担当しているのである。

Y3779_R.jpg


  ボストリッジの歌声は透明感あふれ、詩情に富み、緊迫感と集中力がみなぎる。プログラムは連作歌曲集「遥かなる恋人に寄す」をメインとし、「アデライーデ」や「優しき愛(君を愛す)」など、ベートーヴェンのロマンが横溢する歌曲も含まれている。
  なお、あまり聴く機会のない「民謡編曲集」では、ヴァイオリンのヴィルデ・フラング、チェロのニコラ・アルトシュテットが参加し、ピアノとの三重奏でボストリッジの歌唱を好サポートしている。
  今回はその映像が手に入ったので、紹介したい。ボストリッジの物語を紡ぎ出すような歌声とともに、パッパーノのピアノもじっくり味わってくださいな(ワーナー提供)。




続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 22:04 | 親しき友との語らい

ルドルフ・ブッフビンダー

  エンジンWEBに、ルドルフ・ブッフビンダーの記事が掲載された。


https://www.afpbb.com/articles/engine/3296394


  酷暑の折、しばしなごんでいただけたら幸いである。
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 22:43 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス