ブログ

フォーレ四重奏団 インタビュー

 フォーレ四重奏団のメンバーは、ヴァイオリンのエリカ・ゲルトゼッツァー、ヴィオラのサーシャ・フレンブリング、チェロのコンスタンティン・ハイドリッヒ、ピアノのディルク・モメルツ。
 インタビューでは、23年間メンバーチェンジなしという仲のよさの理由を聞いたが、「私たちはあまり想像力豊かではないため、他のメンバーが考えられなかった」とジョークで答えられてしまった。
 確かに仲のいい4人で、音楽はもちろん、全員で何でもディスカッションして決めるのだという。
「私たちは弦楽四重奏団のように第1ヴァイオリンがすべてを握っているという形ではなく、学生時代からのつきあいだからすごく民主的。それぞれがソリストとしての自覚をもち、責任を担っている」とのこと。
 このインタビューは、次号の「intoxicate」に書く予定である。
 今回は、新譜のムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」(ディルク・モメルツ、グリゴリー・グルツマン編曲によるピアノ四重奏版)、ラフマニノフ:絵画的練習曲集「音の絵」よりOp.39-6、Op.39-2、Op.33-6、Op.39-7、Op.39-9 (ディルク・モメルツ編曲によるピアノ四重奏版)―ベルリン・クラシックスを中心に話を聞いた。
 主として編曲を行ったピアニストのディルクにその内容と経緯を聞き、弦楽器3人には編曲版の演奏について詳細を語ってもらった。
 彼らはジョークが大好きだそうで、だれかが話していると、隣でペチャクチャ冗談をいっている。それがもっともらしいから信じそうになると、「いやいや、いまのはほんジョークだよ」と一蹴されるという具合だ。
 音楽についてはもちろん真摯に話してくれ、さまざまな質問にことばを尽くして語ってくれたが、それでもずっと笑顔が絶えなかった。
 記事には、その音楽に対しての一途な思いを記したいと思う。
 チェロのコンスタンティンとヴィオラのサーシャは3人の子どもがいるそうで、休日は子どもと遊ぶのに忙しく、自分の趣味を楽しむ時間はなさそう。ピアノのディルクは、ミュンヘンの山岳地帯でパラグライダーを楽しんでいるそうだ。紅一点のヴァイオリンのエリカは裁縫が好きで、今回も来日中に日本の生地を求めてお店を回ったという。
 私は、学生時代からのつきあいだとしても、男性3人と女性ひとりではなにかと大変なのではないかと聞いたら、ケラケラ笑いながらこういった。
「あら、ちっとも大変なことないわよ。私は男きょうだいのなかで育ったから、慣れているの。3人は悪ガキみたいなもので、私がいつもひとまとめにしているのよ」
 そうか、姉御肌なのね、安心しました(笑)。
 フォーレ四重奏団は緊密で精緻で鍛えられたアンサンブルを聴かせてくれるが、素顔も見事なチームワークを感じさせた。
 今日の写真はその自然な笑顔の4人。左からピアノのディルク、ヴィオラのサーシャ、ヴァイオリンのエリカ、そしてチェロのコンスタンティン。ラフマニノフとムソルグスキーの編曲版は、聴き慣れた作品に新たな光を投げかけるもの。この版を演奏してみたいと思う人が現れるんじゃないかな。

y3198_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 22:54 | 親しき友との語らい

横山幸雄

 ピアニストの横山幸雄とは、長年のおつきあいである。
 彼がまだパリ音楽院の学生だった17歳のころ、デファンスの学生寮に取材に行ったのが最初。初めてのインタビューでは話がうまくかみ合わず、大喧嘩になったのも、いまとなってはよい思い出である。
「ええーっ、喧嘩したっけ? 僕はそうとは思わなかったけどなあ」
 いいえ、私はちゃんと覚えていますよ。同行したパリ在住のカメラマンが、ふたりの剣幕に恐れおののいて、壁に張り付き状態になっていたもんね。
 その後、この喧嘩が功を奏して、彼はなんでも話してくれるようになった。
 その横山幸雄が2019年3月に「東芝グランドコンサート2019」のソリストとして、ファビオ・ルイージ指揮デンマーク国立交響楽団と共演することになった。
 昨日はその話を聞きに、彼の経営する広尾のレストランに出向いた。
 曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」である。横山は3月初旬にデンマークに行き、同指揮者&オーケストラと初共演を行う予定となっている。
「デンマークは初めて訪れるんですよ。指揮者もオーケストラも初めての共演、とても楽しみですね」
 このインタビューは、来日公演のプログラムに書くことになっている。
 話は「皇帝」からどんどん広がり、ベートーヴェンのこと、ショパンのこと、これまで行ってきた長時間におよぶコンサートのこと、今後の計画まで、リラックスしながら話してくれた。
 今日の写真は、レストランの2階で写したもの。自宅のようなものだから、自然体の雰囲気がただよっている。

Y3173_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:30 | 親しき友との語らい

浅間山の山荘近くのお店探訪

 先日、浅間山の山麓にある友人のKさんの山荘を訪れたとき、彼女が御代田町から軽井沢までクルマで案内してくれ、さまざまなお店を訪ねることができた。
 なかでも印象的だったのが、別荘族がこぞって買いに来るというこだわりのお肉屋さんと、朝食時しか開いていないというカフェ、そして洋服から古書、文房具、キッチン用品まで多種多様なものを販売している雑貨店。
 それぞれがとても魅力的な外観を備え、あまりにも周囲の風景とマッチしているため、知らなければ通り過ぎてしまうような自然と一体となった店構えをしている。
 ひとつひとつのお店でゆっくり時間をかけて商品をながめ、都心とはまったく異なる時の流れのなかで心が癒され、「こんな時間の過ごし方もあるんだ」と、しばし呆然としてしまった。
 Kさんのお薦めは、キャボットコーブというモーニング専門のカフェ。着いたその日は夜中まで飲みながらずっとおしゃべりしていたため、翌朝ゆっくり起きてこのカフェのラストオーダーのギリギリの時間に滑り込んだ。
 ここのパンケーキはとてもていねいに作られていて、自家製の小さな丸いソーセージが添えられている。この日の特別メニューであるクラムチャウダーも注文し、ポットで運ばれてくるコーヒーとともにいただいた。
 大型犬を連れてくるお客さんもいて、別荘地ならではの雰囲気を味わった。
 Kさんは時間の許す限り、2匹の猫をクルマに乗せて、この山荘にきているという。ストレスが吹き飛び、気持ちがゆったりするからだそうだ。
 私も1泊しただけで、すっかり心身が浄化された。またすぐにでも訪れたいと思ってしまった。
 実は、夜中まで飲みまくっていたため、明け方の5時ころに目が覚め、お手洗いにいった。すると、バスルームの小窓から光が射し込んでいる。
 小さなカーテンを開け、外を見てびっくり。ちょうど浅間山の稜線のところに朝日が昇ってきたのである。
「ウワーッ、すご〜い」
 私は、しばしその場にたたずみ、朝日をずっと眺めていた。大感激である。
 朝、起きてからKさんにその旨を報告すると、「ここから朝日を見た人は、あなただけよ。きっと強運の持ち主なのね」と、いわれてしまった。
 本当に短い滞在だったけど、いろんな意味で有意義なときを過ごすことができた。Kさん、ありがとう。ある種の力をいただきました。また、呼んでね。ちょっと図々しいかな(笑)。
 今日の写真は、お肉屋さんとカフェと雑貨店の外観。もうひとつ、おまけにパンケーキ。こういうところにいくと、いろんなものを買いたくなっちゃうから困るよね。

y3024_R.JPG

y3023_R.JPG

y3027_R.JPG

y3025.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:14 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス