ブログ

朝日新聞 WEB RONZA

 本日午後6時、朝日新聞のWEB RONZAに「35人の演奏家が語るクラシックの極意」(学研プラス)に関する記事がアップされた。

 これは連載記事となり、何人か続けて書く予定になっている。
 ぜひ、読んでくださいね。
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 22:47 | 親しき友との語らい

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

 市民の手で作られたオーケストラとしては世界最古で、創設275年を超えるライブツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が来日中である。
 今日は、第21代カペルマイスターのアンドリス・ネルソンス、ソリストとして日本ツアーに参加しているヴァイオリンのバイバ・スクリデ、ジェネラル・ディレクターのアンドレアス・シュルツ、招聘元のKAJIMOTO代表取締役社長の梶本眞秀の各氏による記者会見が行われた。
 ネルソンスと同オーケストラとのコンビによる来日公演は初めてとなり、1961年4月に東京文化会館のこけら落としのコンサートから26回目の来日を数え、すでに200以上の公演を行っている。
 今回は5月27日(東京文化会館)、28日(サントリーホール)、29日(サントリーホール、クローズドコンサート)、30日(サントリーホール)、6月1日(兵庫県立芸術文化センター)、2日(ザ・シンフォニーホール)という6公演が組まれ、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番、ブラームスの交響曲第1番、チャイコフスキーの交響曲第5番、マーラーの「さすらう若人の歌」から、歌曲集「子供の不思議な角笛」から(ソリストはトーマス・ハンプソン)というネルソンスとオーケストラの得意とするプログラムが組まれている。
 そして30日は、ネルソンスとライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団がDGにシリーズとして録音を行っているブルックナーの交響曲のまだ録音を行っていない第5番が登場する。
 記者会見では、同オーケストラのカペルマイスターとして歴史と伝統を守りながらも、新たな時代に向けて現代作曲家の作品を取り上げていく姿勢を打ち出していた。
「このオーケストラを任されて、夢がかなった思いです。と同時に、責任も感じています。この独特の音質を未来に引き継いでいかなくてはならない。ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の音楽は、指揮しているとからだが溶けていくような感覚にとらわれるときがあります。まるで蜂蜜を味わったときのように…。えもいわれぬやわらかな響きが特徴で、ブラームスは大きな船に乗っているような心地よさです。ブルックナーの交響曲全曲録音は2016年6月から開始しましたが、オーケストラにとって歴史上とても大切なレパートリーだと思っています」
 ネルソンスは非常に雄弁で、ブラームスやショスタコーヴィチに関してもさまざまな面から作品論を語り、バイバ・スクリデもショスタコーヴィチのコンチェルトを信頼できる指揮者&オーケストラと何度も共演することができ、幸せだと語った。
 ネルソンスとスクリデは、ともにラトヴィアのリガ出身。旧ソ連時代、非常にきびしい音楽環境のもとで学んだが、それがいまはとても役に立っているという。
 5月30日には、ブルックナーの交響曲第5番を聴きに行く予定である。
 今日の写真は記者会見の様子と、ネルソンス&スクリデ。

y3309_R.JPG

y3308_R.JPG
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 18:47 | 親しき友との語らい

イル チリエージョ

 京都はどこに行っても混んでいて、レストランなども予約なしでは入れない状況だ。
 私は大きなレストランよりも、家族経営のこぢんまりしたお店が好きなのだが、ひとつ好みにピッタリのおいしい隠れ家的なレストランを見つけた。
 蛸薬師通りにあるイル チリエージョである。ビルの2階にあるため、ちょっとわかりにくいが、まさに隠れ家のような、ひっそりとしたたたずまいのお店である。
 まず、新たまねぎのスープのまろやかな味に「こりゃ、本物だ」と思った。お魚は若狭湾から、お肉は近江牛を用い、野菜はすべて京野菜を使用。
 サラダもリゾットもパスタも肉料理も、いずれも非常に丁寧に作られていて、シェフのセンスが伺われる。盛り付けも美しく、すべての味付けが素材を生かした薄味。これが一番気に入った理由である。
 ひとつずつの量はそんなに多くないのだが、絶妙の時間を置いて出てくるため、最後はもうおなかがパンパン。これ以上入らないと思っていたら、お茶うけに小さなスイーツが供された。
 なんと、桜餅と道明寺をなかに入れ込み、ホワイトチョコレートでコーティングしたものだという。
 すばらしい! さすが京都である。
 このお店は、本当は隠れ家にしておきたいけど、あまりにもおいしいため、ブログで公開しちゃいます!
 今日の写真は、サラダと肉料理とデザート、オーナーシェフとソムリエの櫻井さんご夫妻。
 次回は、ぜひ友人たちを誘って来たい。みんな満足してくれると思うから。

y3247_R.jpg

y3243_R.jpg

y3245_R.jpg

y3242_R.jpg






 
posted by 伊熊よし子 at 23:01 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス