ブログ

レイフ・オヴェ・アンスネス

 レイフ・オヴェ・アンスネスが昨年12月から肘の不調を抱え、今春の来日リサイタルをキャンセルしたときは、本当に心配した。
 その後、リサイタルは無理だが、ウラディーミル・ユロフスキー指揮ベルリン放送交響楽団とのコンチェルトは大丈夫との情報が入り、曲目がブラームスのピアノ協奏曲第1番からモーツァルトのピアノ協奏曲第21番に変更された。
 3月20日に東京文化会館で行われたコンサートを聴きにいったが、ブログにも綴ったように、アンスネスのモーツァルトは肘の不調をまったく感じさせることはなく、いつもの情感豊かで凛とした美しいモーツァルトだった。
 何より、アンコールに演奏されたショパンの夜想曲第4番が美しかった。
 翌週、インタビューで会ったアンスネスは、いつもとまったく変わらぬ親密さと落ち着きと人柄のよさを感じさせ、「肘は完全には治っていないけど、もうほとんど大丈夫」とのこと。本人の明るい表情を見て、ようやく私もホッと胸をなでおろした。
 新譜の「ショパン:バラード全曲&夜想曲」(ソニー)のライナーには、アンスネスが語るバラード観が詳しく書かれているため、インタビューでは、主として夜想曲に関して聞いた。
 ここでは夜想曲第4番、第13番、第17番が収録されている。各曲について、作品との出合い、解釈、奏法などについて詳しく話してくれたが、時折ユーモアも交え、本当にショパンが好きなんだという表情をしていた。
 アンスネスは、どちらかというと寡黙で真面目で一本気。しかし、初来日から取材を続けているため、本音トークが顔をのぞかせる。そして終始、笑顔を絶やさない。
 このインタビューは、「CDジャーナル」に書くことになっている。次なる大きなプロジェクトに関しても聞くことができたため、それも紹介したいと思う。
 今日の写真はインタビュー後の1枚。最初はカメラの真ん前に立っていたため、「真正面で、ちょっと変」といったら、急にうしろを向いて「どお?」とふざけた。ようやく横向きで撮影できたというわけだ。

y3233_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:40 | 親しき友との語らい

横山幸雄

 横山幸雄とのおつきあいは、もう何年になるだろうか。
 彼がパリ音楽院に留学していた時代に取材に行ったのが始まりだから、30年以上前のことになる。
 それから今日まで、インタビューや取材でさまざまな話を聞き、演奏を聴いてきた。
 先日は自宅におじゃまし、5月3日から5日にかけて東京オペラシティコンサートホールで開催される「入魂のショパン」と題したコンサートの話を聞いた。 
 これは「ショパン全作品演奏会」で、これまで何度か行っている全曲演奏のなかでもっとも曲数の多い、ショパンのオーケストラとピアノのための作品、声楽作品を含む全240曲でプログラムが構成されている。
 横山幸雄は、本当にタフな音楽家である。本人に全曲演奏の話を聞くと、「本番よりも準備段階の方が大変」という答えが戻ってくるが、それでもケロリとしている。 
「ショパンは、240曲すべての曲にピアノが入っている。ですから、僕の休みはありません」
 朝からぶっ通しで夜まで演奏する。どれほど精神力、体力、集中力を必要とするのだろうか。
 いつもそのときのインタビューのテーマについて話を聞きながら、話題は無限に広がっていき、今回もショパン・コンクールのときの思い出から今後の方向性まで多岐にわたる話を聞くことができた。
 このインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に書く予定である。
 今日の写真は、自宅のサロンでのワンショット。部屋の内装もはなやかな色使いだが、ご本人の服装も色彩感豊かである。

DSC_1624 (1)_R.JPG 
posted by 伊熊よし子 at 23:27 | 親しき友との語らい

別府アルゲリッチ音楽祭

「育む」「アジア」「創造と発信」という3つの目的を掲げている別府アルゲリッチ音楽祭が、第21回を迎える。 
 今年は5月21日から6月2日まで11公演が予定され、別府、大分、東京などで開催される。テーマは「悠久の真実〜ベートーヴェン」。昨年の第20回を記念し、指揮者のアントニオ・パッパーノの大きな協力のもとローマ公演が実施されたが、そこでは物質的な価値観だけではなく、芸術を愛で、人として寛容の精神を育むことの大切さをアルゲリッチ総裁自らメッセージで発信した。
 それを踏まえ、今年は音楽を通して人類愛を強く訴えてきたベートーヴェンをテーマとしている。
 2020年はベートーヴェンの生誕250年のメモリアルイヤー。同音楽祭やしいきアルゲリッチハウスでは2017年からベートーヴェンを中心にゆかりのある作曲家の作品をプログラムに組んできた。
 今回は、プレ・イヤーとしての多彩なプログラムが予定されている。
 先日、別府アルゲリッチ音楽祭の記者発表が行われ、総合プロデューサーの伊藤京子が今年のテーマ、内容を語り、ローマ公演の様子なども伝えた。
 その後、「坐来」という大分料理のお店に場所を移し、おいしい郷土料理をいただきながら歓談となった。
 しばらくこの音楽祭には取材に出かけてないが、今年はぜひ聴きに行きたいと思っている。
 この翌日、伊藤京子にインタビュー。その記事は「ぶらあぼ」に掲載される予定である。 
 今日の写真は、記者発表の席での伊藤京子と、「坐来」の美味なるお料理の数々。大分は現地を訪れて感じたことだが、海の幸も山の幸も豊富で、味付けがとてもシンプルで自然。この日も、どれをいただいてもからだにやさしく、つい笑みがこぼれる感じだった。
 音楽、温泉、歴史、食事と、実に味わい深い土地である。

y3316_R.JPG

y3315_R.JPG

y3314_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:49 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス