ブログ

竹田市のクレソン

 先日訪れた竹田市は、おいしい水でも知られている。グランツたけたの担当者のUさんとYさんが、プレセミナーの翌日ある場所へと案内してくれた。

y3272_R.JPG

 そこは清涼な湧き水が出るところで、周囲はぐるりと緑に囲まれている。この緑が、なんと野生のクレソンなのである。
「自由に摘んでいいんですよ。ただし、根は残してくださいね」
 こういわれてビックリ。これほどたくさんのクレソンを見たことはなかった。

y3271_R.JPG

y3270_R.JPG

 私はクレソンが大好きなのだが、東京ではなかなか新鮮な物は手に入りにくい。それに結構、高価である。
 きれいな湧き水の恩恵を受け、そのクレソンは実にみずみずしい色彩を放っていた。
 そこで摘んできたクレソンは、ちらし寿司と和風パスタに変身した。
 まず、ちらし寿司は、すし飯に鮭フレークと錦糸卵を乗せ、トッピングにクレソンをちぎって散らし、焼き海苔もパラリ。
 和風パスタは、竹田市で買ってきた干し椎茸を戻して数種類のきのこと合わせ、牛の挽肉と炒める。調味料はおしょうゆと柚子胡椒だけ。もちろん、椎茸の戻し汁も加える。

y3269_R.JPG

 バスタがゆであがったら、熱いうちにきのこと牛肉を加え、クレソンをちぎってざっくり混ぜれば出来上がり。
 新鮮なクレソンがあればこその、シンプルなレシピ2品である。

y3288_R.JPG

 竹田市バンザーイ、ごちそうさまでした!!
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 17:22 | 親しき友との語らい

別府アルゲリッチ音楽祭

 今年の「別府アルゲリッチ音楽祭」のすべての日程が終了した。
 私が聴いたのは、5月18日「ベスト・オブ・ベストシリーズVol.7 オーケストラ・コンサート」(マルタ・アルゲリッチ、ミッシャ・マイスキー、シャルル・デュトワ指揮東京音楽大学シンフォニー・オーケストラ 大分市iichicoグランシアタ)、5月19日ミッシャ・マイスキー チェロ・リサイタル(関連コンサート 竹田市グランツたけた)、5月24日ピノキオ支援コンサート「アルゲリッチ ベートーヴェンを弾く」(マルタ・アルゲリッチ、小澤征爾指揮水戸室内管弦楽団 東京オペラシティコンサートホール)、6月3日第101回ピノキオコンサート(マルタ・アルゲリッチ、伊藤京子 スイス大使館クローズドコンサート)。
 いずれも心に深く残る名演だったが、とりわけアルゲリッチと小澤の共演が感慨深く、ふたりが命を削るような思いでベートーヴェンと対峙している様子が印象的で、1音1音が胸に突き刺さってくるようだった。
 これらのコンサートの模様、取材した内容は、次号の「音楽の友」に書く予定になっている。
 今日の写真は、「別府アルゲリッチ音楽祭2019」のプログラムの表紙。

y3303_R.JPG




続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 17:03 | 親しき友との語らい

朝日新聞 WEB RONZA

 本日午後6時、朝日新聞のWEB RONZAに「35人の演奏家が語るクラシックの極意」(学研プラス)に関する記事がアップされた。

 これは連載記事となり、何人か続けて書く予定になっている。
 ぜひ、読んでくださいね。
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 22:47 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス