ブログ

エリザベート王妃国際音楽コンクール

  ショパン国際ピアノ・コンクール、チャイコフスキー国際コンクールとともに、世界3大ピアノ・コンクールと称されるエリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、務川慧悟(28)が第3位、阪田知樹(27)が第4位入賞を果たした。

  コンクールの決勝は通常12人で行われるが、今年はコロナ禍の影響で6人に絞られ、日本人2人、ロシア人3人、フランス人ひとりが本選に臨んだ。優勝はフランスのジョナタン・フルネル(27)。

  務川慧悟はパリ国立高等音楽院、阪田知樹はドイツのハノーファー音楽演劇大学大学院に在籍中。ふたりは東京芸術大学の同期である。

 務川は授賞式後「第3位は光栄。ここから国際的キャリアが開けると思っている。心から満足している」と語り、阪田は「音楽界でもっとも大切なコンクールで入賞させていただけて誇りに思う」と話している。

  コンクールはスタート台。本当の勝負はこれからである。

  ふたりには以前インタビューを行い、演奏を何度も聴いているが、帰国したらぜひ話を聞いてみたいと思っている。

  今後のふたりの活躍に期待したい。

  

posted by 伊熊よし子 at 22:14 | 情報・特急便

桑原志織

  昨夜、うれしいニュースが飛び込んできた。
  イスラエルで開催されている第16回アルトゥール・ルービンシュタイン国際ピアノコンクールにおいて、日本からひとりだけ参加していた桑原志織(25)が、第2位入賞に輝いたのである。
   同コンクールは昨年行われるはずだったが、コロナ禍で1年延期され、今年の開催となった。
   予選は録画審査によって行われ、ファイナリストの6人がテルアビブに出向き、本選が行われた。
   桑原志織は東京都出身、現在はベルリン芸術大学大学院に在籍中で、この入賞は1977年の寺田悦子(第3位)以来の快挙で、歴代最高位となる。
  彼女は2019年にイタリアで行われたブゾーニ国際ピアノコンクールでも、第2位入賞を果たしている。
  クラシック界はいまコンサートがほとんど中止や延期となり、暗い雰囲気がただよっているなか、桑原志織の入賞はひと筋の光のような、希望の灯のようなニュースとなった。
   ルービンシュタイン・コンクールは、80年代の終わりに2度取材に行っている。いまはテルアビブの街もホールも、すべてが変貌を遂げたようだが、妙に懐かしい思いに駆られる。
  桑原志織が帰国の際は、ぜひインタビューしたいと思っている。
posted by 伊熊よし子 at 22:04 | 情報・特急便

服部百音

  若手ヴァイオリニストの服部百音が、「Ricital」(エイベックス、6月30日発売予定)と題する新譜を作り上げた。ここにはいまの彼女のすべてが注ぎ込まれ、その集中力と緊迫感と音楽に対する熱き思いに一瞬たりとも耳が離せない。
 その新譜に関する話を聞くため、Zoomインタビューを行った。
  服部百音の演奏は、彼女が11歳のときから聴き続けているため、早いものでもう10年になる。最初から「百音ちゃん」と呼んでいるため、なかなか「さん」付けで呼ぶことは難しい。
  今回のアルバムはプロコフィエフのヴァイオリン・ソナタ第1番からスタートし、エルンストの「夏の名残のバラ」、シマノフスキの「夜想曲とタランテラ」、ショーソンの「詩曲」と続き、最後はラヴェルの「ツィガーヌ」でフィナーレを迎える。ピアノは多くのヴァイオリニストと共演している江口玲である。
  その選曲の理由、各々の作品に関して、録音の様子、さらにロシア作品についてなど、幅広い話を聞くことができた。
  このインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に掲載される予定である。
  彼女は以前のショスタコーヴィチの録音に関して話を聞いたときも、今回のプロコフィエフにおいても、本当にロシア作品が好きなんだなあと強く感じる。
  いまはロシア語も勉強しているそうで、その息の長いフレーズが音楽と共通していると語っていた。
  もう10年間も演奏を聴き続け、インタビューもしていると、彼女の成長の様子がひしひしと伝わるが、近年は説得力のある話し方に変貌し、演奏も聴き手を一気に引き付ける強烈なオーラを発するようになった。
  今年は、リサイタルとコンチェルトが数多く組まれている。その成長の証に触れる機会が多そうで、ひたすら楽しみ。
  
posted by 伊熊よし子 at 22:26 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス