ブログ

小菅優

いつも「伊熊よし子のブログ」をご覧いただき、ありがとうございます。
2017年10月10日より、当ブログは下記URLに移転することになりました。
新しいアドレスは http://yoshikoikuma.sblo.jp/ です。

今後、記事の更新は上記URLにて行いますので、お手数ですが、ブックマークやお気に入りなど、ご登録の変更をお願いいたします。

 さて、新たな記事の更新です。

 毎年、春の季節になると、「東芝グランドコンサート」が開催される。2018年はサカリ・オラモ指揮BBC交響楽団の登場だ。イギリスの名門、BBC交響楽団は、4年半ぶりの来日公演となる。
 3月1日から11日まで、全国8都市で行われ、ソリストに小菅優(ピアノ)とアリーナ・ポゴストキーナ(ヴァイオリン)が加わる。
 先日、小菅優にインタビューをし、演奏曲目であるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番について、さまざまなことを聞いた。
 このインタビューは、コンサートのプログラムに書く予定である。
 作品について、初めて演奏したときのこと、サカリ・オラモとの交流、BBC交響楽団との共演についてなど、あらゆる面から質問を試み、彼女も「共演をとても楽しみにしている」と笑顔で答えてくれた。
 来週はもうひとりのソリスト、アリーナ・ポゴストキーナにインタビューをする予定になっている。
 この「東芝グランドコンサート」は、毎年「いま旬の指揮者」「実力派の指揮者」「勢いのあるソリスト」「人気の高いソリスト」が選ばれる。
 長年、プログラムの原稿を担当しているが、いつもインタビューするアーティストから非常に有意義な意見を聞くことができる。
 なお、小菅優は11月30日に東京オペラシティコンサートホールで、「Four Elements ―水・火・風・大地― 四元素」と題したリサイタルを行う。第1回は「Water」で、水にまつわる作品が組まれている。これ以降、年に1回ずつ「四元素」にまつわるリサイタルが予定されている。
 今日の写真は、「東芝グランドコンサート」のチラシ。

y1944_Y.JPG


posted by 伊熊よし子 at 00:00 | 情報・特急便

クラウス・フロリアン・フォークト

 東京・春・音楽祭―東京のオペラの森2018―のプログラムが発表となり、4月5日と4月8日に東京文化会館大ホールで、「東京春祭ワーグナー・シリーズvol.9」として、「ローエングリン」の演奏会形式/字幕・映像付全3幕をドイツ語上演することになった。
 指揮はウルフ・シルマー、ローエングリンはクラウス・フロリアン・フォークトがうたう。
 この上演に際し、来日中のフォークトにインタビューを行った。フォークトは昨日、「タンホイザー」の最終公演を終えたばかり。そして今日はインタビュー後に、10月1日に行われる「NHK音楽祭2017」のキリル・ペトレンコ指揮バイエルン国立管弦楽団特別演奏会「ワルキューレ」のリハーサルが控えていた。
 それゆえインタビューは時間がなく、巻きの状態。撮影もあるため、すさまじい状態となり、フォークトは「申し訳ない、本当にごめんなさい」とあやまりながら、リハーサルへと飛び出していった。
 ただし、私は聞くべきことは早口でガンガン聞き、足りない分はドイツ語通訳のKさんに託して、リハーサル後に追加質問してもらうことにした。
 このインタビューは「ぶらあぼ」に書くことになっている。「ローエングリン」に関して、役どころ、各地の歌劇場での演奏、演出について、最初にうたったころから現在までの変遷などを書く予定である。
 フォークトは、今回共演しているキリル・ペトレンコを評して「非常に効率のよいリハーサルの仕方で、いつもとても勉強になり、学ぶことが多い」と語っていたが、フォークトのインタビューの答えも非常に効率がよく、内容が充実していて、短時間でもすぐに文章がまとまりそうな感じである。
 何より、真摯で率直でおだやかで知的で、一緒に仕事をした人がみな彼の人間性を称賛するが、それがとてもよくわかる。
 それにしても、連日ハードなスケジュールをこなしているのに、「大丈夫、疲れてはいないよ」とさわやかな雰囲気。すごいよねえ、このエネルギー。
 また、来年は「ローエングリン」のほかにも、リートの演奏も予定されているそうだ。以前、シューベルトの「水車小屋の娘」を聴いたが、いまは「冬の旅」とシューマンの作品を集中的に学んでいる最中とか。
 こちらも楽しみ。フォークトのリートはとても心に響くからだ。
 今日の写真は、インタビュー中の1枚。ことばを尽くして一生懸命話しているところ。


 
 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・特急便

バイエルン国立歌劇場2017日本公演記者会見

 今秋の大きな話題となっている、バイエルン国立歌劇場の来日公演。9月21日、25日、28日はワーグナーの「タンホイザー」(NHKホール)、23日、24日、27日、29日はモーツァルトの「魔笛」(東京文化会館)が上演される。
 今日は、同歌劇場総裁のニコラウス・バッハラー、同歌劇場音楽総監督、「タンホイザー」の指揮を担当するキリル・ペトレンコ、「タンホイザー」のタンホイザー役のクラウス・フロリアン・フォークト、エリーザベト役のアンネッテ・ダッシュ、ヴェーヌス役のエレーナ・パンクラトヴァ、ヴォルフラム役のマティアス・ゲルネが開幕記者会見を行った。
 バイエルン国立歌劇場は、6年ぶり7回目の来日公演となる。初来日は1974年、すでに40年以上前のこととなり、その間、来日ごとに強い印象をもたらす演奏を披露してきた。
 今回、ペトレンコは初来日。インタビューに応じないことで知られているが、その理由を聞かれると…。
「日本だけではありません。世界のどこでもインタビューには応じていません。私は、自分の仕事について語ることはしない方がいいという考えなのです。指揮者は、音楽を伝えるのはことばではなく演奏で伝えるべきだと思うからです。それに、指揮者は秘密があった方がいいでしょう」
 これまで肉声で語った記事を読んだことがなく、インタビュー嫌いで知られていたため、とても気難しいタイプを想像していたのだが、ペトレンコはとてもおだやかで優しい表情をしている。話し方もごく自然で、表情豊かである。
 今日の記者会見では、バッハラー総裁が4人の歌手を紹介する役目を担い、それぞれの歌手が「タンホイザー」への抱負を語った。
 全員が、自身の役柄に対して非常に責任と誇りを抱き、日本でうたえることに大いなる喜びを感じていると話した。
 ペトレンコは今回初来日ゆえ、質問が集中。彼自身の音楽に対峙するときのモットーは、「リハーサルがすべて」。リハーサルを存分に納得いくまで行えば、本番はもう自分は何もすることがないとまでいい切った。
 これを受けて、フォークトやゲルネもみな「ペトレンコのリハーサルではたくさんのことを学べる。彼ほど楽譜とテキストを正確に深く読み込む指揮者はいない。リハーサルはすばらしく効率的で内容が濃く、1分たりとも無駄な時間はない」と口をそろえた。
 ペトレンコは、録音よりもライヴが重要で、生きた音楽こそ価値があり、その場でしか味わえない音楽を聴いてほしいと力説。
 バッハラー総裁も、世の中はどんどん進歩し、オペラのライヴ配信なども発達しているが、歌劇場に足を運んでぜひライヴを堪能してほしいと語った。
 明日からリハーサルが始まり、いよいよ21日に「タンホイザー」が幕開けする。キリル・ペトレンコの手腕に期待が高まり、すばらしい布陣の歌手陣に注目が集まる。
 今日の写真は、記者会見の様子と、ペトレンコ。
 ペトレンコは初めての日本だが、数日いただけで、「もう日本食のおいしさにまいってしまって…」と笑っていた。






 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス