ブログ

徳永二男

 クラシックの演奏で使われる楽器は、弦楽器、管楽器、打楽器、鍵盤楽器などさまざまだが、それぞれの楽器の歴史や特性、秘密などについて、トークと演奏で綴るという人気シリーズを行っているホールがある。
 たましんRISURUホール(立川市市民会館)で、ヴァイオリンの演奏とナビゲーターを務めているのが徳永二男である。
 2014年9月からスタートしたこのシリーズ、毎回さまざまな楽器のゲストを迎え、徳永二男とのトークや共演を行ってきたが、2019年3月9日には第20回を迎え、ガラコンサートが予定されている。
 先日、この「楽器の謎!20」スペシャル・コンサートの話を聞くために、徳永二男にインタビューをした。話題がコンサートのことからいろんなエピソードまで広がり、笑いの絶えない時間となった。このインタビューはもうすぐ発刊される「ぶらあぼ」に綴った。
 からだが楽器という「声楽」を取り上げたときは、ゲストの中嶋彰子の指導により、聴衆が全員立って呼吸法を習ったとか。
 日本の楽器も登場し、「琴」のときは、パガニーニの「カンタービレ」をヴァイオリンと琴のデュオで演奏したという。
「ふだん演奏しているときとはまったく色彩感が異なり、新たな発見がありました」
 こう語る徳永二男は毎回いろんなことを学び、これまで知らなかったことにも出合い、非常に有意義だと笑顔で語っていた。
 今回は第20回という節目の回に当たるが、まだまだ取り上げていない楽器もあるため、続ける予定だそうだ。因みに、次回はトロンボーンだという。
 今日の写真はインタビュー中の徳永二男。このシリーズ、質問コーナーもあるため、会場が一体となり、和気あいあいの雰囲気に包まれるそうだ。

y3303_R.JPG
 
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:26 | 情報・特急便

宮崎国際音楽祭

 宮崎の春の風物詩ともいえる、宮崎国際音楽祭が第24回を迎える(4月28日〜5月19日)。
 今日は開幕記者懇親会が開かれ、総監督の佐藤寿美、音楽監督の徳永二男、事務局長の各氏が登壇し、今年の音楽祭の主旨、プログラムの内容、出演アーティストなどについて発表した。 
 今年はちょうど開催時期に元号が変わることもあり、昭和と平成生まれのそれぞれの演奏家が集合し、世代を超えて共演を果たす。
 ベテランの実力派、ピンカス・ズーカーマン、ライナー・キュッヒル、ミッシャ・マイスキーの出演が予定され、さらに若手では辻井伸行と三浦文彰をはじめとするフレッシュなメンバーが名を連ねる。
 恒例のオペラは、多くの希望が寄せられたプッチーニの「ラ・ボエーム」が披露され、シリーズ「Oh! My! クラシック」には草笛光子が出演し、芸歴65年の人生と音楽を語る。
 今日の写真は、記者懇親会に登壇した3人の方々。左から事務局長、佐藤氏、徳永氏。

y3304_R.JPG

 今年は、年頭にこの音楽祭のプログラム用に辻井伸行と三浦文彰の対談を行い、さまざまな話を聞いた。2枚目の写真はその対談後の1枚。結構、話が弾み、笑いっぱなしの1時間となった。その楽しさを盛り込んだ原稿を書きたいと思う。

y3277_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:45 | 情報・特急便

ベルリン・フィル特集

 昨年の4月にベルリン、10月に姫路と、樫本大進をメインに取材した「家庭画報」のベルリン・フィル特集が発売となった。
 12月末にねじり鉢巻きで原稿を書いた、思い出深い特集記事である。
 ベルリンでは団員、ゼネラル・マネージャー、客演指揮者をはじめさまざまな人にインタビューをしたが、そのなかで貴重な出会いがあった。
 実は2004年、サイモン・ラトルにインタビューするためにベルリン・フィルの本拠地であるフィルハーモニーに出かけたのだが、このときにマエストロの担当者はドラマトゥルク(文芸)部門のヘルゲ・グリュールヴァルトという人物だった。
 グリューネヴァルトとは、ベルリン南西部の広大な森林地帯の名称。それと同じ苗字で、彼は流暢な日本語で「私は緑の森さんです。緑の森と呼んでください」といい、私はそれがずっと頭のなかに残っていた。
 そのグリューネヴァルト氏と、楽屋の入口でパッとすれ違ったのである。人間の記憶とは不思議なもので、私は「あっ、グリューネヴァルトさん」と、咄嗟に呼びかけてしまった。相手が目を真ん丸にして驚いたのはいうまでもない。
 再会を喜び、その後の様子を伺った。現在はベルリン・フィルの顧問的な立場で、音楽学者としてコンサートのプレトークなども行っているという。
 即座にインタビューを申し込み、貴重な話をいろいろ聞くことができた。この内容は雑誌には掲載するスペースがなかったため、のちにじっくりと紹介したいと思う。
 長い間いろんな取材を続けていると、こういう出会いもあるのだと不思議な感覚を抱いた。
 今日の写真は、「家庭画報」3月号の「輝けるベルリン・フィル―コンサートマスター樫本大進の挑戦―」の一部分。それからインタビュー中の緑の森さん。

y3304_R.JPG

Y3066_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 23:21 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス