ブログ

エミール・ギレリス

 現在発売されている「レコード芸術」9月号は、「ヴィルトゥオーゾ・ピアニストの世界」という特集を組んでいる。
 このなかの「20人の評論家の聞く わたしの考えるヴィルトゥオーゾ・ピアニスト」という人選と、そのなかの第2位になったエミール・ギレリス、第6位になったアルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの記事を担当した。
 今日は、ギレリスについて綴ってみたい。
 私の愛聴盤のひとつに、ギレリスの演奏するグリーグの「抒情小曲集」の録音がある。ギレリスは「鋼鉄のタッチをもつピアニスト」と呼ばれ、幅広いレパートリーを誇り、そのいずれもが完璧なるテクニックと深い表現力と音楽性に満ち、ピアノを豊かに大きく鳴らし、生前は世界各地で演奏するたびに嵐のような喝采に包まれたと伝えられている。  
 しかし、この「抒情小曲集」は静謐な美と柔和な色彩感に富み、各曲が詩的で情感あふれる歌を紡ぎ出している。それはあたかもギレリスの誠実で優しく、温かな人間性を表しているようだ。
 彼に関しては、死因もあれこれ取り沙汰され、いまだ謎に包まれているピアニストなのである。
 常にリヒテルとくらべられ、次第にその陰に隠れるようになってしまったギレリス。だが、残された数多くの録音がギレリスの偉大さ、真の天才性をいまに伝え、輝きに満ちた圧倒的な存在感を放つロシア・ピアニズムは、いまなお偉才を放っている。
 その「レコード芸術」のなかでも紹介したが、「ギレリス 1964年シアトル・リサイタル」(ユニバーサル)という新譜が登場した。これは生誕100年を記念して初リリースとなったもので、1964年12月6日にシアトルのオペラ・ハウスで開かれたリサイタルのライヴで、ベートーヴェンの「ワルトシュタイン」からプロコフィエフのソナタ第3番、「束の間の幻影」、ドビュッシーの「映像 第1集」など、多彩な作品が並ぶ。
 曲が終わるごとに嵐のような拍手が巻き起こり、アンコールも収録。もちろん録音は古いが、会場の熱気が伝わってくるような臨場感がある。
 ギレリスは、本当にナマを聴きたかったと切望するピアニストである。残された音の記録は、聴き手の記憶に残る偉大なる財産である。
 今日の写真は、シアトル・ライヴのジャケット。ギレリス、48歳のときの姿である。





タグ:"Yoshiko Ikuma"

タチアナ・ニコラーエワ

 ロシアの名ピアニストと称されたタチアナ・ニコラーエワが亡くなったのは、1993年11月22日のことだった。享年69。サンフランシスコの病院で急逝したと伝えられ、当時このニュースは世界中のファンを悲しみの淵へと追いやった。
 ニコラーエワは生涯現役を貫いたピアニストである。このときは13日に同地で行われたリサイタル中に脳動脈破裂で倒れ、急遽入院、昏睡状態が続いていた。
 ニコラーエワは1924年5月4日ロシアのペジツァ生まれ。モスクワ音楽院でピアノと作曲を学び、1950年にライプツィヒで開催されたバッハ200年祭の記念コンクールで優勝し、以後バッハ弾きとしての名声を確立する。1959年からは母校で教鞭をとり、ニコライ・ルガンスキーをはじめとする多くの優秀な弟子を育てた。
 このバッハ・コンクールの審査員のひとりだった作曲家のショスタコーヴィチは、ニコラーエワの演奏にインスパイアされ、かねてからの課題であった「24の前奏曲とフーガ」を1950年から翌年にかけて作曲。1952年にレニングラードで行われた公開初演は、ニコラーエワが行っている。
 この作品はバッハの「平均律クラヴィーア曲集」をモデルとしていながら、全曲の配列はショパンの「24の前奏曲」と同じ形をとっている。各曲はトッカータ、ソナタ形式、幻想曲などさまざまな要素が取り入れられ、ピアニストとしてもすぐれた腕を持っていたショスタコーヴィチの力量が遺憾なく発揮されたものとなっている。それゆえ、難曲が多く、現在ではステージやレコーディングなどで取り上げられる回数にも限りがある。
 ニコラーエワは1989年に来日したさい、リサイタルでこの全曲を演奏するという快挙を成し遂げた。その完璧で敬虔な美しさに彩られた演奏は、いまだ脳裏に深く刻み込まれている。
 彼女はサンフランシスコのステージで倒れたときも、この作品を演奏していたのである。自分が初演した作品を演奏しているときに意識がなくなるなんて、悲しい事実ではあるが、演奏家冥利に尽きるのではないだろうか。ピアニストとして、なんという劇的な幕の閉じかただろう。
 ニコラーエワは、晩年は各地の国際コンクールの審査員も多数務め、取材に訪れたときにたびたび顔を合わせることがあったが、いつも静かな笑みをたたえ、その表情はバッハの「平均律クラヴィーア曲集」第1巻第曲の前奏曲、またはショスタコーヴィチのハ長調の前奏曲のような雰囲気をただよわせていた。
 もう一度、あのすばらしい演奏が聴きたい、あの静かな笑顔に会いたいと願うのは私だけではないだろう。
 そんなニコラーエワが残した平均律の演奏は、まさに人類の貴重な遺産ともいうべき録音。彼女は13歳のときからロシアの4つのピアノ流派のひとつ、アレクサンドル・ゴリデンヴェーイゼルに師事していたことからもわかるように、正統的なロシア・ピアニズムを継承している演奏家である。ニコラーエワは生前、ゴリゼンヴェーイゼルの教えは正確な技巧と楽譜への忠実さをモットーとしたものだったと語っていた。
 まさに「平均律クラヴィーア曲集」の録音は、その師の教えを映し出すかのように楽譜の深い読みに支えられている。何度聴いても、また最初から聴きたくなり、けっして飽きることがない。
 常に新しい発見があるニコラーエワの演奏、彼女はいまだ私たちの心のなかに生き、その音楽を通してバッハの魂を伝えてくれる。
タグ:"Yoshiko Ikuma"

サンソン・フランソワ

 今週公開のヤマハのWEB「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」のテーマは、サンソン・フランソワ。彼の名を口にしただけで、私はどこか異次元の世界に運ばれていくような不思議な感覚にとらわれるほど、このピアニストに魅了されている。
 HPの各コンテンツの左下のバナーからアクセスできるので、ぜひ読んでいただきたいと思う。
 フランソワのピアノは、限りないファンタジーとロマンと馨しい香りを備え、聴き手を夢見心地にしてくれる。
 現在は、ピアニストは若いうちから幅広いレパートリーを身に着けることを余儀なくされる。しかし、フランソワは本当に自分が弾きたいと思う作曲家の作品しか演奏しようとしなかった。
 モーツァルトはあまりにも自分に近いと考え、近づこうとしなかったし、ベートーヴェンやブラームスは敬遠していた。その代わり、ショパンを熱愛し、ドビュッシーやラヴェルを愛奏し、リスト、プロコフィエフ、シューマンのコンチェルトをワールドツアーで何度も演奏した。
 フランソワは神童として幼いころからピアノに天才性を示し、自由奔放な性格でイヴォンヌ・ルフェビュールやマルグリット・ロンらの先生を困惑させたが、まさにその人間性を映し出す演奏が大きな魅力となっている。
 たとえばショパン。フランソワの弾くショパンのバラードやスケルツォは霊感にあふれ、即興性も感じられ、自然ながら独創性に満ちたルバートは、ため息がこぼれるほどに美しい。ワルツもポロネーズもノクターンも、だれの演奏にも似ていない唯一無二のもので、ショパン自身が聴いても納得したであろう個性と自由と自然な空気が息づいている。
 ラヴェルの音楽もまた、フランソワで聴くと作曲家のすばらしさを改めて知らされる。ラヴェルはこまやかで知的で洗練された作品を書き、その奥にはユーモアとウイットが潜んでいる。その真髄をフランソワは鋭敏な感性で嗅ぎ取り、イマジネーション豊かなラヴェルの世界を絵巻物のように繰り広げる。そこからは19世紀末のパリの空気、一種のデカダンスの雰囲気もただよってくる。
 ドビュッシーもまた、特有の色彩感とひらめき、魔法のような音色で演奏される。聴き慣れた作品をフランソワの録音で聴き直すと、まるで違った音の世界が広がり、古典的な奏法でありながら、いつの時代でも決して古さを感じさせないみずみずしさと妖艶さがただよっていることに驚きを覚える。
 弟子を持たなかったフランソワに7年間も師事したというブルーノ・リグットに話を聞いたことがあるが、フランソワのレッスンを終えると、あたかもモーツァルトやショパンに会ったように興奮したそうだ。フランソワは文学や絵画を例にとり、小節線にとらわれないようにといい、歌手のように旋律を歌わせる大切さを教えてくれたという。
 お酒とタバコとコーヒーを大量に摂取し、ジャズを愛し、作曲や詩作を行ったフランソワ。46年の濃密な人生のなかで残された録音は聴き手の心を高揚させ、至福のときを味あわせてくれる。それは貴重な遺産であり、私の宝物であり、生涯の心の友でもある。
 今日の写真は、最近リマスタリングにより新たにリリースされた、ショパンの夜想曲(ワーナー)。1966年の録音だが、見事なまでに馨しい香りを放っている。


タグ:"Yoshiko Ikuma"
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス