ブログ

ヴァレリー・アファナシエフ

  ヴァレリー・アファナシエフのリサイタルは、いつも新鮮な驚きに包まれる。
  長年、彼の演奏を聴き続け、インタビューを行い、その音楽性と人間性に触れてきたが、すべてが謎めいている。
  昨日は、紀尾井ホールでリサイタルが行われ、前半はハイドンのピアノ・ソナタ第20番、第44番が演奏された。
  アファナシエフのハイドンは、かなり変わっている。
  健康的で明朗でよどみなく音楽が流れる情感あふれる演奏ではなく、きわめて劇的で深遠で哲学的ですらある。
  後半は、まずアファナシエフが得意とするムソルグスキーの「展覧会の絵」で幕を開けた。
  この作品は、アファナシエフの個性と表現力と解釈が存分に発揮されるもので、冒頭のプロムナードからエネルギー全開。それぞれの絵が、あたかも新たな命が吹き込まれたように立体的な様相を帯びて目の前に現れる。
  まるで、アファナシエフがムソルグスキーその人になったように、彼はハルトマンの絵の詳細を音で説明していく。
  そこでは、ロシア・ピアニズムの原点を見出すことができ、さらにアファナシエフがこよなく愛し、尊敬している恩師のエミール・ギレリスの奏法までをも連想させるものがある。
  不思議な時間が流れた。ピアノを大きく豊かに鳴らしているのに、ふとした瞬間の微妙な間が、とてつもない静寂をはらんでいるのである。
  これが聴き手にたまらないほどの緊張感をもたらす。
  最後は、ラフマニノフの前奏曲作品32−12嬰ト短調、ラフマニノフの作品3より幻想的小品集第2曲前奏曲嬰ハ短調が演奏され、ここでもロシアの鐘を大きく鳴らしているような音色を響かせた。
  アンコールは、ショパンのワルツ嬰ハ短調第7番。このワルツ、ショパン・コンクールで弾いたら、あまりにも個性的でみんなが驚愕するに違いない。これこそ、アファナシエフの個性全開である。
  昨日は午後からインタビューが2本続き、かなり疲れてホールに行ったため、ピアノを聴いてゆっくりしようと思ったが、それどころではない。
  アファナシエフを聴いてリラックスしようと思ったのが、そもそものまちがいだ。
  あまりにも演奏に集中し、緊張していたため、どっぷりと疲れた。もちろん、精神的に充実した疲れである。
  でも、アファナシエフって、魅力あるよねえ。
  実は、4月に出版した「35人の演奏家が語るクラシックの極意」(学研)の単行本だが、編集担当のKさんが、私のHPの「音楽を語ろうよ」のアファナシエフの記事を読んで、「ぜひ、単行本を」といってくれたのである。
  それだけ、彼は人を惹きつけるのだろう。
  昨日の演奏も、ちょっとやそっとで忘れられるものではない。
  今日の写真は、以前インタビューしたときのアファナシエフ。表情がシブいよねえ(笑)。

Y1965_R.JPG
  
  でも、こんな表情を見せてくれたこともあります。

y786_R.jpg



  
posted by 伊熊よし子 at 17:58 | マイ・フェイバリット・ピアニスト

ラファウ・ブレハッチ

  こんなに贅沢なショパンのピアノ協奏曲の演奏があるだろうか。
  今日は東京芸術劇場で、アンドレイ・ボレイコ指揮ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団のコンサートが行われた。
  オープニングは、「ポーランドの国民歌劇の父」と称されるスタニスワフ・モニューシュコの歌劇「パリア」序曲。抒情的で豊かにうたう旋律が、ワルシャワ・フィル特有の深々とした響きで朗々と奏でられる。
  今日のメインプログラムは、ラファウ・ブレハッチをソリストに迎えた、ショパンのピアノ協奏曲第1番と第2番。この2曲をワルシャワ・フィル&ブレハッチのコンビで聴くことができるのは、本当に贅沢だ。
  私は、2005年のショパン国際ピアノ・コンクールをワルシャワのフィルハーモニーで聴いたときのことを思い出していた。
  何度も記事に書いたが、国の期待を一身に背負い、本選の最後に登場したブレハッチの緊張感あふれる表情はいまだ忘れることができない。
 それを乗り越えて、ショパンの魂に寄り添う、完璧なる美に彩られたショパンを奏でたブレハッチの精神力の強さも忘れがたい。
  ブレハッチの演奏はコンクール後もさまざまな地で聴き続けているが、本質はまったく変わらない。もちろん成熟度が増し、音の美しさは比類ないものに変容しているものの、音楽の根底に流れる作曲家への尊敬の念と作品への愛情は以前のままである。
  その変わらぬ美しさは、本物であり、ゆるぎないものである。
  それゆえ、ブレハッチのピアノを聴くと心がおだやかになり、安心感が宿り、精神が落ち着く。こういう感情が湧いてくるピアニストはそうそういない。
  今日の写真は、終演後のブレハッチの表情。素顔の彼は、率直で純真で気取りや気負いがいっさいない。まさにこのキャラクターも以前のままである。

y3429_R.JPG
  
  
  
  
posted by 伊熊よし子 at 22:31 | マイ・フェイバリット・ピアニスト

ダン・タイ・ソンを10倍楽しむ音楽講座

  10月5日、大分県竹田市のグランツたけた 廉太郎ホールで、ダン・タイ・ソンのリサイタルが行われた。
  そのリサイタル前のプレセミナー「ダン・タイ・ソンを10倍楽しむ音楽講座」を行うべく、前日の夕方竹田に入り、スタッフと打ち合わせを行った。
   5月のミッシャ・マイスキーのプレセミナーのとき以来だが、スタッフのみなさんはとても温かく迎えてくださり、打ち合わせもスムーズに進んだ。
  翌日も午前中に講演で使用する映像とCDの確認作業を行い、12時30分から13時20分まで、50分間の講演を行った。
  前回のときは、そのときのブログにも綴ったが雨模様で、「20名来てくれればいいかな」などとみんなで話していたのが、100名を超え、いすを並べるのが間に合わないほど。最後は立ち見のお客さまも増えてしまった。
  今回は、スタッフが「今回は多めにいすを用意しました」といい、万全の準備をしてくれた。
  当日は11時30分からマルシェがオープンし、ダン・タイ・ソンに因んでヴェトナムの生春巻きやバインミー(サンドイッチ)などが用意され、多くの人がヴェトナムの味を楽しんでくれた。
  実は、私が書いた「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)の単行本のなかにダン・タイ・ソンが登場し、「おつまみならお任せ、揚げ春巻き・ニョクマムたれ添え」が掲載されている。
  この日は、ホール側が事前にベジ・カフェ ミズというお店に依頼し。私のレシピで揚げ春巻きを作ったものが売られていた。これにはびっくり。それが見る見るうちになくなり、他の商品はまだ残っているのに、揚げ春巻きだけあっというまに売り切れてしまった。
  私もいろいろいただいたが、すべてとてもおいしく、ダン・タイ・ソンもゆっくり味見をしたようだ。
  さて、プレセミナーが始まった。今回は以前よりも多くの人が聞きにきてくれ、130人を超える超満員。しかも全員が横を向いたり下を見たりすることなく、もちろん寝ている人もまったくなく、私の方をじっと見て耳を傾けてくれる。
  みなさんとても熱心で集中力があり、ひとつのことばも聞き逃すまいと、うなずきながら聞いている。
  本当にグランツたけたのお客さまは雰囲気が温かく、親密的で、好奇心が豊かである。
  そしていよいよリサイタル。ダン・タイ・ソンはいま巨匠の道を邁進しているが、まさに熟成した、自信がみなぎる演奏だった。このホールは音響がすばらしく、特に3階の響きが秀逸。ピアノの音がふんわりと弧を描いたように伝わり、やわらかな音色に癒される。
  今日の写真は、私のレシピで作りましたと表記されている揚げ春巻き。おいしくいただいた生春巻きと揚げ春巻き。そして演奏が終わってほっとした表情のダン・タイ・ソン。

y3415_R.JPG

y3412_R.JPG

y3399_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 17:19 | マイ・フェイバリット・ピアニスト
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス