ブログ

阪田知樹

  2021年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで第4位入賞に輝いた阪田知樹は、私が以前から応援しているピアニストである。
  彼は19歳でヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで最年少入賞を果たし、2016年にはフランツ・リスト国際ピアノコンクールにおいて第1位を獲得している。
  エリザベート・コンクールはオンラインで演奏を聴いたが、今回は実力派ぞろい。第4位というのは少し残念な気もしたが、インタビューでは「自分の演奏を極めたかったから、順位は気にしていない」と語っていた。
  阪田知樹のインタビューは、いつも話題が豊富である。彼は古い時代の録音を愛聴し、ロシアのウラディーミル・ソフロニツキーの話になると止まらなくなるほど、ソフロニツキーに対する愛が深い。
  そのほか、古い楽譜を探したり、原譜を見つけたり、演奏される機会に恵まれない作品を見出したりすることに意義を見出している。その話が始まると声のトーンも一気に高くなるから、笑っちゃうほどだ。
  今回のインタビューは、次号の「音楽の友」に掲載される予定である。
  エリザベート・コンクール入賞後のコンサートとして、10月14日にはサントリーホールでリサイタルを開く。ベートーヴェンの「月光」からスタートし、シューマンの「幻想曲」へと移り、後半は得意とするリストのロ短調ソナタと「リゴレット」パラフレーズという彼らしいプログラム構成である。
  今日の写真はインタビュー後の1枚。阪田知樹はいつも個性的なシャツを着て現れる。今回も実にユニーク。コロナ禍でずっと髪を伸ばしていて、なかなか切れなくなったとか。リストを意識しているのかな(笑)。

y4125 (2)_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 16:54 | マイ・フェイバリット・ピアニスト

辻井伸行

  昨日は、辻井伸行「プレミアム・リサイタル2021  ショパン:エチュード」の最終公演を聴きに、紀尾井ホールに出かけた。
  プログラムは「3つの新エチュード」からスタート。前半はエチュード作品10の12曲が演奏され、後半はエチュード作品25の12曲が演奏された。
  コロナ禍で、アーティストはコンサートがほとんどなくなり、ひたすら練習していると聞いているが、辻井伸行のこの日の演奏も、その練習量のすごさを物語っていた。
  ショパン・コンクール当時から演奏を聴き続けている私は、新エチュードの最初の曲を聴いた瞬間から、辻井さんの音楽が大きな変貌を遂げたことに驚きを隠せなかった。
  そのピアニズムは深遠さと思慮深さと内省的な情熱を放ち、練習量の多さがびしびしと伝わってきたからである。
  ピアニストは、どのジャンルの音楽家よりも練習量が多いといわれる。音符の数が多く、ほとんど暗譜で弾かなくてはならないからである。
  辻井さんのショパンのエチュードは、すさまじいまでの集中力と作品に対する熱き思いが凝縮したものだったが、けっして力んだり、気負ったりしていない。とても自然で、内面から湧き出てくるショパンへの愛にあふれていた。
  私はこのところ仕事の忙しさとストレスから体調があまりよくなく、体力が落ちていたのだが、辻井さんのエチュードを聴き、からだの奥から力が湧いてくるのを感じた。
「ああ、こんなにも練習を積み、すばらしい音楽を披露してくれる。私も頑張らなくちゃ」という気持ちにさせられた。
  すぐそばの席に辻井さんのお父さまがすわっていらっしゃり、あいさつを交わした。お父さまは、いつも私のブログを読んでくださるそうだ。
  私が「辻井さん、最近の練習量はハンパではないでしょう」と話すと、「ええ、かなり時間をかけて、一生懸命練習しています。ウチではその勤勉さをたとえて、二宮金次郎の”金ちゃん”と呼んでいるんですよ」と話してくれた。
  これには大笑い。遊び心いっぱいの、プライヴェートな話を聞いてしまった。
  今度、辻井さんに会ったら、「金ちゃん」と呼んでみようかな(笑)。
  この公演評は、次号の「音楽の友」に書く予定になっている。書きたいことが山ほどある、実り多きリサイタルだった。
  
  
posted by 伊熊よし子 at 16:43 | マイ・フェイバリット・ピアニスト

清水和音

 インタビューで何度も会って話を聞いているアーティストは、会うたびに本音で話してくれるようになる。
 だが、清水和音は最初から本音しかなかった。率直で嘘がなく、真っ正直。あまりにも素のままゆえ、絶句してしまうことも。
 先日、久しぶりに会って話を聞いたときも、本筋から離れて脱線しっ放し。
 決められた時間を大幅に超え、話題はあちこちに飛び、もはや修復不可能になってしまった(笑)。
 清水和音は、以前ラフマニノフのピアノ協奏曲全曲を一日で演奏したことがあるが、今年のベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤーには、ベートーヴェンのピアノ協奏曲全5曲を一日で演奏するというコンサートを行う。
  東京公演は6月28日(サントリーホール)、大阪公演は7月12日(ザ・シンフォニーホール)。この話を聞くためのインタビューで、記事は次号の「ぶらあぼ」に掲載予定である。
  彼は「コンチェルトっていうのはけっして難しいものではなく、ソナタよりはずっと楽に弾ける。だけど、いい演奏をするかどうかは別問題」と明言する。
  清水和音は難曲も楽々とこなしてしまうため、昔から代演も多く依頼される。
 「明後日、弾いてくれ」と急にいわれることもしばしば。でも、こなしてしまう。
 「だから、ベートーヴェン・イヤーに急きょいろいろ頼まれると大変なんだよねえ」などと、笑っている。
  今回は、話がそれていくのを必死で食い止め、なんとか5曲に関して話を聞き出した。それを記事では紹介したいと思う。
  清水和音が「難しくはないよ」と豪語しながらも、本番ではすばらしい演奏を聴かせてくれるに違いない、そのベートーヴェンに大いに期待したい。
  今日の写真は、インタビュー中の1枚。写真を見せたら、「ひでえなあ」というので、「あら、よく撮れているでしょ」といい、マネージャーも「ええ、いいですねえ」というので、これに決めた。
  でも、「ひでえ、ひでえ」とぶつくさいっていた(笑)。

y3551_R.JPG
  

posted by 伊熊よし子 at 22:21 | マイ・フェイバリット・ピアニスト
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス