ブログ

キリル・ゲルシュタイン

 キリル・ゲルシュタインは、以前から話を聞きたいと思っていたピアニストである。
 樫本大進と共演したデュオ・リサイタルはすばらしく刺激的でわくわくした公演であり、藤田真央が師事している先生でもある。
 その彼が、アラン・ギルバート指揮東京都交響楽団との共演により、ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏するために来日を果たした。
 このインタビューは、「intoxicate」に書く予定になっている。ゲルシュタインは2023年秋にキリル・ペトレンコ指揮ベルリン・フィルとの共演によるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番の録音をリリースする予定になっており、このなかに4曲の小品を収録している。そのCDに関するインタビューがメインである。
 ゲルシュタインは一見コワモテに見えるが、実のところとてもおだやかな語り口の持ち主で、常に相手にきちんと話が伝わったのかを確認するように、ていねいにゆったりと話を進めていく。
 もちろん、ラフマニノフの新譜について聞くことは必須だったが、私はゲイリー・バートンをメンターだと思っていること、トーマス・アデスの作品について、新譜の「夜の静けさ」を編曲していることなども聞きたいと思い、矢継ぎ早にいろんな質問を投げかけた。
 限られた時間のなかで、ゲルシュタインはことばを尽くして話してくれ、最後は「日本にくると、おいしいごはんが楽しみで仕方がない」と、いかにもうれしそうな表情を見せた。マエストロ・ギルバートと和食に舌鼓を打っているとか。
 今日の写真は、インタビュー中のワンショット。演奏にもいえることだけど、迫力と存在感があるよねえ。

y4676.JPG
posted by 伊熊よし子 at 18:02 | クラシックを愛す

スティーヴン・ハフ

 先日、スティーヴン・ハフのリサイタルを聴き、その公演レポートをヤマハのWEB「音遊人」に綴った。
 その記事が、本日アップされた。
 ぜひ、読んでくださいね。

posted by 伊熊よし子 at 17:37 | クラシックを愛す

国際舞台で活躍する日本のアーティスト

 最近は、海外のオーケストラや来日アーティストの演奏を聴く機会も多く、先日から国際舞台で活躍する日本のアーティストの演奏を聴き、その自信にあふれた存在感のある演奏に触れ、元気をもらっている。
 6月26日には東京芸術劇場コンサートホールで、ラハフ・シャニ指揮ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートを聴いた。プログラムはラフマニノフのピアノ協奏曲第3番とチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」という、人気の高い演目。
 ピアノ協奏曲のソリストは藤田真央である。このラフマニノフのピアノ協奏曲第3番は、リッカルド・シャイーとの共演で相当鍛えられていて、その経緯は先日書いた単行本にも記したが、やはり細部にいたるまで神経が研ぎ澄まされたピアノで、存在感を放っていた。
 ラハフ・シャニは初めて実演に触れたが、実にエネルギッシュで爽快な指揮をする人である。ピアニストとしての活動も行っているためか、藤田真央のアンコール、ショパンの「エチュード作品25より第1番 エオリアンハープ」に次いで、真央とふたりで連弾を披露。ドヴォルザークの「スラヴ舞曲集第10番」を披露して、喝采を浴びた。
 近年は実力を備えた若手指揮者の台頭が著しいが、ラハフ・シャニもそのひとりである。
 6月30日にはサントリーホールで、山田和樹指揮バーミンガム市交響楽団のコンサートがあり、ブラームスのヴァイオリン協奏曲とラフマニノフの交響曲第2番が演奏された。
 以前からバーミンガム市響は何度か聴いているが、音の質が格段に向上し、すべてのセクションの響きが見事なまでにバランスを保ち、しかも各々の個性を発揮するというポジティブな演奏に変貌していた。これこそが、マエストロ山田の目指すところに違いない。
 この日のブラームスのソリストは樫本大進。山田和樹と樫本大進は大の親友で、いろいろ共通項も多い。
 その共演はあうんの呼吸というか、自然なアイコンタクトが可能というか、ブラームスの隅々までお互いの音楽性と表現力が一致した、まさに心が高揚するようなひとときを生み出した。
 続いて3人の国際舞台で活躍する日本の演奏家を聴き、彼らの才能に大いに触発されるとともに、たのもしさも感じ、さらなる飛躍を願う気持ちでいっぱいになった。


posted by 伊熊よし子 at 22:17 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス