ブログ

アンナ・ネトレプコ

「世界のディーヴァ(歌の女神)」と称されるソプラノのアンナ・ネトレプコが、夫君のテノール、ユシフ・エイヴァゾフとともに、スペシャル・コンサートを開いた(10月3日、東京オペラシティコンサートホール、ミハイル・タタルニコフ指揮東京フィル、ゲスト:エルチン・アジゾフ バリトン)。
 プログラムは前半がヴェルディのオペラからネトレプコ、エイヴァゾフ、アジゾフの各々のソロ、デュオなどで、ネトレプコは冒頭から「マクベス」の「勝利の日に?来たれ、急いで」をうたい、パワー全開。
 力強く、豊かな声量と深い表現力を発揮し、圧巻の歌唱力を披露した。
 後半はプッチーニ、ジョルダーノ、リムスキー=コネサコフにレハールが加わり、多彩な選曲となり、「トゥーランドット」の「この宮殿の中で」をオペラシティのステージ後方の2階に立ってうたうというサプライズを見せ、拍手喝采と「ブラヴォー」を浴びた。
 ネトレプコの声はしなやかで光沢のある、輝かしいベルベットのようである。色彩感に富み、鍛え抜かれたテクニックを存分に生かし、オペラの役になりきる。その奥には、えもいわれぬ女らしさとかわいらしさが見え隠れする。
 彼女はいまやオペラ界を代表するディーヴァとなったが、常に親密感を抱かせる存在である。
 もうかなり昔のことになるが、指揮者のワレリー・ゲルギエフが、デビューしたばかりのネトレプコを連れて来日したときのことを思い出す。そのときは立食パーティのようなスタイルの食事会が行われ、そこで若きネトレプコとほんの少しだけ話を交わした。
 というのは、真夏だったため、私は素足にスペイン製のミュールを履いていた。するとネトレプコが「あなたのサンダル、いいわねえ。どこで買ったの?」と聞いてきたのである。「スペインで」と答えると、「あらあ、日本じやないの、がっかり。お店を教えてもらおうと思ったのに」と、残念そうな顔をしたのである。
 まだいまのような貫禄はなくスリムで、気さくな感じだった。
 あれからずいぶん時が経ち、ネトレプコは堂々たる体格になり、女王のような風格がただよう、まさにディーヴァとなった。感無量である。
 今日の歌では、リムスキー=コルサコフの「皇帝の花嫁」から「イヴァン・セルゲーヴィチ、庭に行きましょう」が、ネトレプコの成熟度を存分に表現し、声は透明感にあふれ、演技力も伴い、聴きごたえ十分な1曲となった。 
 今日の写真は、コンサートのチラシ。
 

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 00:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックを愛す

レイ・チェン

 昨日は、レイ・チェンにインタビューをするため日本音楽財団に出かけた。
 彼は2018年1月31日、紀尾井ホールで「iPS細胞研究所」支援 山中伸弥教授トーク&レイ・チェン ヴァイオリン・リサイタルに出演する。
 これは第1部が山中伸弥教授によるトークで、第2部がレイ・チェンのリサイタルという構成。
 レイ・チェンのプログラムは、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタK.305、J.S.バッハの「シャコンヌ」、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第3番(ピアノ林絵里)。
 レイ・チェンは、2012年12月、山中教授をはじめノーベル賞受賞者とスウェーデン王室が出席したノーベル賞コンサートに最年少出演のソリストとして参加し、クリストフ・エッシェンバッハ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団と共演した。
 そのときに山中教授と出会い、以後おふたりは親密なおつきあいが続いているという。
 インタビューでは、ノーベル賞コンサートのこと、エッシェンバッハとの共演、山中教授とのおつきあい、来春のリサイタルの選曲についてなどを聞いた。レイ・チェンはいつもながらの感じのいい笑顔を浮かべながら、雄弁に語り、バッハの「シャコンヌ」については、「ようやく、自然に歩き慣れた道を歩くような感じで弾けるようになった」といった。
 このインタビューは、「家庭画報」に書く予定である。
 時間が限られていたため、短時間のインタビューとなったが、日本音楽財団から貸与されている1715年製ストラディヴァリウス「ヨアヒム」についても、楽器のすばらしさを熱く語っていた。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。「リラックスした表情で」と頼んだら、ふざけて椅子に半分寝ころんだポーズをとったため、「それじゃ、ダメだわ、もっとシリアスに」といったら、今度は無理してものすごく怖い顔をした。
「真ん中はないの?」といったら、この表情になったというわけだ。ホント、みんなに好かれるナイスガイ。
 今回の来日はかなりタイトなスケジュールだったのに、疲れも見せず、「またね?」と、元気にお別れのあいさつをしてくれた。


 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックを愛す

レイ・チェン

 1989年生まれのヴァイオリニスト、レイ・チェンが、「20代で挑むオール・バッハ」と題するリサイタルをサントリーホールで開いた。
 プログラムは、J.S.バッハの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全6曲」。ソナタ第1番からスタートし、パルティータ第1番、ソナタ第2番、パルティータ第3番、ソナタ第3番、パルティータ第2番という順序で演奏し、途中25分間の休憩をはさみ、18時30分から約3時間というもの、集中力に富む孤高の音楽を聴かせた。
 レイ・チェンの演奏は何度も聴いているが、今日のバッハはより成熟度を増し、圧倒的な存在感を放っていた。使用楽器は、日本音楽財団から貸与されている1715年製ストラディヴァリウス「ヨアヒム」。非常にのびやかで豊かにうたう響きを備えた名器である。
 プログラムの最後はパルティータ第2番だったが、有名な「シャコンヌ」に至ると、とても力強く豊潤な歌が奏でられ、ようやく長大で厳格な孤独の旅が終わりを告げ、音楽が自由に天空に舞い上がっていくようだった。
 明日は、その日本音楽財団にいき、レイ・チェンにインタビューをすることになっている。
 今日の写真は、圧巻の長い音楽の旅を終えて、汗びっしょりのレイ・チェン。その楽屋の外には、CDのサイン会を待つ人々の長蛇の列。楽屋のドアの横からず?っとホールのロビーの先まで列が続いていた。

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス