ブログ

デニス・マツーエフ

 12月1日からワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場管弦楽団が日本ツアーを行い、連日各地で演奏を行うというタフなスケジュールをこなしている(全10公演)。
 今日は最終日で、13時と18時にサントリーホールで2公演が組まれ、ピアノのデニス・マツーエフがソリストを務め、ラフマニノフのピアノ協奏曲を1日に4曲演奏するという快挙を成し遂げた。
 このプログラムの原稿のマツーエフの項を担当したため、事前に知っていたのだが、まさに彼しかできないハードスケジュールである。
 マツーエフは、「ラフマニノフのコンチェルトは、マエストロ・ゲルギエフとぼくとの代名詞的な存在」だと語る。とりわけ第3番は、13歳から弾き始め、自分の血となり肉となっている作品とか。
 今日の演奏も、まさしく自家薬籠中の作品を演奏する自信に満ちあふれたピアニズムだった。弱音から開始したが、次第にパワー全開、強音の部分ではピアノが壊れそうな(?)はげしい音楽がホール全体を包み込んだ。
 マツーエフはいま3つの重要な国際音楽祭の芸術監督を務めているが、新しい世代の若手音楽家たちにこうした音楽祭に出演する機会を与え、道を拓いてあげるのだという。
 192センチの堂々たる体躯の持ち主で、いまどき珍しく燕尾服を身に着け、演奏はパワフルそのもの。インタビューでも、大きな声でジョーク連発のエネルギッシュなタイプだが、後進に温かい目を向ける面を持ち合わせている。
「ぼくは男らしく堂々とした演奏で、作曲家の内なる意思を表現したい」
 なるほどね、その強さ、しっかり伝わってきました。
 
posted by 伊熊よし子 at 23:31 | クラシックを愛す

清水和音

 清水和音のピアノは気負いや気取りがまったくなく、まさに正統派。作曲家がいいたかったこと、伝えたかったことに肉薄し、楽譜に忠実な演奏である。
 しかし、けっして堅苦しい演奏ではなく、そこには楽譜の裏側まで読み込んだ洞察力の深さが顔をのぞかせている。
 今日は、東京オペラシティコンサートホールで、「ベートーヴェン 4大ピアノ・ソナタ」のリサイタルが行われた。前半がピアノ・ソナタ第8番「悲愴」と第21番「ワルトシュタイン」で、後半が第14番「月光」と第23番「熱情」という重量級のプログラムである。
 ベートーヴェンのピアノ・ソナタを4曲続けて聴くと、さすがにずっしりと胸に迫りくるものがあり、聴き手の集中力もハンパではない。
 ピアニストはさぞ大変だろうと思うが、終演後に楽屋で会った清水和音は、汗びっしょりながら、にこやかだった。
 これだけの作品を演奏したら、達成感はさぞかしと思いきや、いつもながらの自虐的なギャグを飛ばしていた。
 この公演評は、「公明新聞」に書くことにしている。
 今後も意欲的なコンサートが目白押し。2018年2月6日には「ピアノ四重奏曲は美しい!」(東京芸術劇場コンサートホール)、4月8日には「三大ピアノ協奏曲の饗宴」(サントリーホール)、4月21日には「清水和音ピアノ主義」(浜離宮朝日ホール)が予定されている。
 今日の写真は、楽屋でのひとこま。私服に着替えた直後で、まだリサイタルの高揚感をまとっている。

y2002_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:41 | クラシックを愛す

フィリップ・ジョルダンと樫本大進の共演

 今日は、フィリップ・ジョルダン指揮ウィーン交響楽団の演奏を聴きにサントリーホールに出かけた。
 プログラムは前半が、ソリストに樫本大進を迎えたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲。ふたりは今回が初共演で、両者とも共演をとても楽しみにしていたようだ。
 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、これまで何人ものヴァイオリニストの演奏を聴いてきたが、この名曲は聴くたびに新たな発見がある。今日も、第1楽章のカデンツァの部分で新鮮な感覚を抱いた。
 実は、昨日の午後、樫本大進にベルリン・フィル八重奏団の新譜「シューベルト:八重奏曲」(ウィステリアプロジェクト)に関して話を聞くため、インタビューを行った。
 彼は、サイモン・ラトルとのベルリン・フィルのコンサート、そしてフィリップ・ジョルダンとのウィーン交響楽団のコンチェルトと、続けて演奏を行っている。
 インタビューはベルリン・フィル八重奏団のことに関してだったが、もちろんベルリン・フィルのコンサートマスターとしての仕事、ソリストとしての活動、室内楽に関しても話題が広がった。
 このインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に書く予定である。
 今日のコンサートの後半は、マーラーの交響曲第1番「巨人」。フィリップ・ジョルダンの指揮は躍動感にあふれ、エネルギッシュで、指揮台で踊っているよう。とりわけ、劇的な盛り上がりを見せるフィナーレがオーケストラとの絆の深さを物語り、輝かしい勝利の歌をうたい上げた。
 先日も書いたが、2020年シーズンよりジョルダンはウィーン国立歌劇場の音楽監督に就任する。そんな勢いに満ちた、一気に天空に舞い上がっていくような雰囲気を感じさせる音楽作りだった。
 今日の写真は、インタビュー後の樫本大進。ベルリン・フィル八重奏団の新譜と一緒に…。

y1997_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:52 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス