ブログ

反田恭平

  ピアニストの反田恭平は、会うたびに新たな仕事の展開を示してくれる。
  彼はピアニストとしてのみならず、会社の経営者でもあり、録音のレーベルを立ち上げ、さらにオーケストラも結成している。
「すべては、ひとりでも多くの人にクラシックに親しんでほしいからです。もちろんピアノを演奏することがメインですが、夢はまだたくさんあり、言ったからには実行するという姿勢を貫きたい。将来はアカデミーも創設したいんです」
  デビュー当初はちょっとシャイで、そんなに自身の気持ちを明快に話すタイプではなかったが、最近は演奏と同様に大いなる自信がみなぎり、26歳とは思えない貫禄すら感じさせる。
「今年のショパン・コンクールを受けるときには27歳になっています。この年でコンクールを受けるのもちょっとなあと思ったのですが、将来の自分の夢をかなえるためにはここでひとつ挑戦しておかないとと考え、受けることにしました」  
  先日のワルシャワにおける予備選も無事に通過し、10月月には本選を迎える。
  今回のインタビューは、いま販売されている「音楽の友」の記事用で、ショパンのノクターンについて聞いている。
  ひとつの作品だけについて話を聞くというのは初めてだが、話題はいろんな方向に広がっていき、反田恭平の目指しているものを知ることができた。
  この日、彼が身に着けていたパンツがイッセイミヤケの製品で、とてもおしゃれで履きやすそうだった。
「そのパンツ、ステキねえ」というと、「これ、いいでしょ。すっごく軽くて、旅にもっていくのに最高なんですよ。洗ってすぐに乾くし、しわにならない。お気に入りなんですよ」と、いっていた。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。パンツもしっかり見てね。

y4123 (2)_R.JPG
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 21:20 | クラシックを愛す

澤和樹学長&山本典正社長

  毎月、さまざまなアーティストの行きつけのお店を紹介してもらい、そこでインタビューと写真撮影を行っている「音楽の友」の連載「マリアージュなこの1本」。
  今回はちょっと趣向を変えて、東京藝術大学の澤和樹学長と、和歌山の平和酒造の山本典正社長にご登場願った。
  というのは、澤学長の企画で、藝大の「温故創新」という日本酒が造られ、その中身が平和酒造の紀土というお酒なのである。  
  ただし、この時期に大学内でお酒を飲んでもらうことはできず、対談形式のインタビューと、撮影のみという形になった。
  澤学長と山本社長との出会い、交流を深めていった様子、お酒を造ることになったいきさつ、おふたりのお酒とのつきあい、「温故創新」の出来上がるまでなど、とても興味深い内容を聞くことができた。
  澤学長は昔からお酒に強く、一時期は体重が増えすぎて、ジムに通ってダイエットをしたそうだ。
  山本社長は自社のお酒が世界的な賞を受賞したことによって自信が増し、これからは世界で闘える日本酒を造りたいと夢を語ってくれた。
  この対談は次号の「音楽の友」に掲載される予定である。
  今日の写真は、藝大の赤レンガ作りの建物のなかでのおふたり。

y4026 (2)_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:45 | クラシックを愛す

高木凛々子

 最近は、少しずつ対面のインタビューが行われるようになっている。
 先日は、若手ヴァイオリニストの高木凛々子に話を聞くことができた。
 彼女はコロナ禍でも、音楽をひとりでも多くの人に聴いてほしいと願い、You-TubeやTikTokusなどによる動画配信を行い、いまやそれが大きな人気を博している。
 今回は、7月31日にヨコスカ・ベイサイド・ポケットで開催される「フレッシュ・アーティスツfromヨコスカ シリーズ60」のヴァイオリン・リサイタルの話をメインにインタビューを行った。
 このインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に書く予定になっている。
 プログラムのJ.S.バッハ、グリーグ、シュニトケ、ショーソンの作品や選曲の理由、これまでの歩みなどについて聞き、そこから話題はさまざまな方面に広がっていった。
 とても雄弁で、ひとつひとつの質問に一生懸命ことばを選んで話してくれ、しかも明るく前向きである。
  今後は国際コンクールを受けることや留学も視野に入っていて、とても意欲的。
  若手アーティストは最初の段階から演奏を聴き続けると、その成長や変化がわかり、非常に興味深い。
  高木凛々子も、これから聴き続けていきたいと思う。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。使用楽器は、2020年から黒澤楽器より貸与されているストラディヴァリウス
「Lord  Borwick(ロード・ボーヴィック)1702」である。 
  この楽器との出合いなどに関しても、記事で触れたいと思う。

y4120 (2)_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:46 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス