ブログ

ソル・ガベッタ

 アルゼンチンから国際舞台へと彗星のごとく躍り出たチェリストのソル・ガベッタは、陽気でオープンな性格。演奏も前向きでパワフル、聴き手の心を瞬時にとらえるインパクトの強さを備えている。素顔も明るく、太陽のようだ。
「インタビュー・アーカイヴ」の第70回は、そんなソルの登場。

[弦楽ファン 2007年 Vol.10]

私は人間味あふれる音楽が好き 

 ソル・ガベッタの名前が日本で知られるようになったのは、ある1枚のCDがリリースされてからのことだった。2005年にアリ・ラシアイネン指揮ミュンヘン放送交響楽団と共演して録音した「ロココ風の主題による変奏曲?ソル・ガベッタ・デビュー」(BMGジャパン)は、みずみずしい音楽性に彩られたポジティブな演奏で、チェロと一体となった若き奏者の音楽は、多くの人々を魅了した。以後、彼女はひんぱんに来日を重ねていく。
「でも、正直いうと、このデビュー・アルバムの録音は、私自身ものすごく入れ込んで集中し、あまりにも感情過多になりすぎたため、終わってから約1年ほどはCDを聴くことができなかったくらいです。どんな結果か、怖かったんです。ようやく1年を過ぎたころに聴いてみて、自分としては納得のいく演奏になっていたので、ホッと胸をなでおろした感じ。録音のきびしさを知らされました」
 つい先ごろ、セカンドアルバムでヴィヴァルディの協奏曲を取り上げたが、今回は自分の演奏を冷静に受け止めることができた。
「バロックの弓を使用しています。奏法も表現法も、作品の時代に合う様式をずいぶん研究しました。今度は、第1テイクのプレイバックをすぐに聴きなおして、いろいろ考えることができました。少しは成長したかしら(笑)。私の場合は、デビューCDが出てからすぐに各地から招待をいただき、海外でも演奏ができるようになりましたが、以前は友人たちからCDを出しても何も変わらないよ、といわれていました。ですから、とてもラッキーだったと思います」
 いまはスケジュールが満杯、世界各地を飛び回る生活だ。本拠地はスイスのバーゼル郊外の緑に囲まれたオルスベルク。ここでは2006年6月から音楽祭を開催している。
「たまたま家を探していて、静かでゆっくりできる環境のところが見つかったんです。ここは隣がチャペルで、演奏する場所もいくつかあったため、気の合う友人たちと小さな音楽祭を始めたの。名前は私の名と村の名を合わせたソルスベルク。私の名前は太陽という意味で、ベルクはドイツ語で山。陽のあたる山という名の音楽祭になりました。最初は週末だけの小さな規模だったのに、今年は一気に大きくなって、12公演も行ったんですよ。好きな人たちと好きな作品を好きな場所で演奏する、これが基本ポリシーです」
 ソルという名前は、母親が命名した。実は、ガベッタ家には自閉症の長女がいて、2番目はヴァイオリニストの兄、その下に双子が生まれたが、生後まもなく亡くなってしまった。母親は深い悲しみに襲われたが、ぜひもうひとり子どもがほしいと願い、今度の子は家に太陽をもたらしてくれると信じた。
「私は家族の願い通り、明るい性格になりました。でも、これは母から受け継いだもの。母はどんな苦境にあっても、絶対にへこたれない強い人で、いつも物事を前向きに考える。私もそうありたいといつも思っています」
 ソルは3歳半でヴァイオリンとピアノを始めた。5歳上の兄がスズキメソードに通っていたため、それについていったのがきっかけだ。その後、4歳半でチェロに転向。以後、この楽器ひと筋となる。
「幼かった私は、兄がヴァイオリンを弾く姿を見てうらやましくてたまらなかったのです。でも、どんな分数楽器でも楽器は大きすぎる。だから聴覚を鍛えるレッスンを主体に行っていたの。1年後に、当時アルゼンチンに初めてハーフサイズのチェロが入ってきて、それにひと目惚れ。実際はものすごく大きくて、私にとってはコントラバスのような存在だったけど、ヴァイオリンやピアノを習っていたので、上達は早かったみたい」
 その後、10歳からイヴァン・モニゲッティのもとに10年間通い、基礎をじっくりと学ぶことになる。
「最初に師事したときは10歳でしたので、本当に基礎的なことから勉強しました。モニゲッティ先生は私のコンサートにも同行し、その地の美術館や博物館に連れていってくれ、文化的な面の勉強も大切だと教えてくれました。私の成長を形成する上で、非常に多くのものを与えてくれた恩人です。そして20歳になったとき、自分の恩師であるダーヴィド・ゲリンガス先生のところにいきなさいと薦めてくれたのです。ゲリンガス先生はとてもきびしいレッスンをすることで知られていますが、私には自分自身のパーソナリティを生かす演奏、音質の大切さを教えてくれます。先生は本当にすばらしい美音の持ち主で、私もいつの日かそんな音色が出せたらと願って、日々練習に励んでいます」

演奏は、大切な生きがい

 ソル・ガベッタは、これまで多くの偉大な指揮者と共演を重ねているが、そうした指揮者の多くが彼女の人間性と音楽性にほれ込み、支援を申し出ている。まず最初に出会ったのは、2004年9月にルツェルン音楽祭でショスタコーヴィチの協奏曲で共演したワレリー・ゲルギエフである。
「マエストロ・ゲルギエフはとてもエネルギッシュ。そのパワーに負けないよう頑張りました。ショスタコーヴィチはロシア音楽の大切な位置を占める作品ですから、リハーサルのときから、いろんなアイディアを与えてもらいました。その後、大きな影響を受けたのはネーメ・ヤルヴィ。彼は経験も知識もとても豊富。ともに演奏するだけで勉強することは山ほどあります。そしてレナード・スラトキンも、初めて共演したときに、きみは北米で演奏したことがあるか、なかったら私が手を貸そうといってくれ、その後、マエストロ・スラトキンは私の北米での演奏の扉を開いてくれたのです」
 明るく人なつこく前向きな彼女は、だれにでも好かれるようだ。
「そんなことはないですよ。私のことを結構うるさいと感じる人もいるみたい。遠慮せずにどんどんしゃべるからかも。でも、いまはせっかくいただいたチャンスを目いっぱい生かすよう、何にでも積極的にチャレンジしていきたい。もちろん、人とうまくやりながらね。私はすごくストレスがたまる方で、ヘルペスになることが多い。これは最近、日本の鍼灸治療が効くとわかったの。これでも、結構周囲に気を遣っているのよ(笑)」
 彼女は日本にくるのが長年の夢だった。いつもマネージャーにどんな仕事でもいいから日本で演奏させて、と頼んでいたとか。
「日本の文化、歴史、人々の仕事に対する熱意、礼儀正しく人を尊重する態度など、全部大好き。夢はかなったけど、この夢はいま始まったばかり。今後はもっと日本を知りたい」
 趣味は新体操。子どものころから飛んだり跳ねたりが好きだったが、腕や指を痛めるからと、中止することになってしまった。
「私たちはからだが資本。いい演奏をするためには、健康が一番。空港とホテルとホールの往復で心身が休まるときがないけど、できる限り自分の時間をもち、精神と肉体を健全な状態に保ちたい。私は人間味あふれる音楽が好きなの。テクニックに頼った、無機的で機械的な演奏はしたくない。そのためには自分を磨かないと。演奏はけっして仕事ではなく、大切な生きがい。生きる意義を問われるもの。生き方すべてが演奏に表れてしまいます。ですから、もっと内面の強さをもつ人間になりたいし、きびしい局面に出合ってもへこたれない人間になりたいの。そうすれば、音楽的な面や奏法で悩みにぶつかったときも、きっと乗り越えられると思うから」

 ソル・ガベッタは、とてもひたむきで向上心に富んだ人だった。このインタビューからかなり年月が経ったが、またインタビューする機会に恵まれたら、もっと彼女の内面に触れたいと思う。明るさと繊細さ、行動的な面と思慮深さ、さまざまなコントラストを併せ持つ人である。
 今日の写真は、その雑誌の一部。


 

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー・アーカイヴ

シャルル・リシャール=アムラン

 2015年のショパン国際ピアノ・コンクールの第2位入賞と、ソナタ賞を受賞したカナダ出身のシャルル・リシャール=アムランは、成熟した大人の香りを放つ音楽を奏でるピアニストである。
 コンクールのガラ・コンサートで来日したときにも聴いたが、今夜聴いたリサイタルは、まさにピアノ好きをうならせる、情感豊かで味わい深い音楽が横溢していた。
 プログラムはオール・ショパン。ノクターン ロ長調op.62-1、バラード第3番、幻想ポロネーズ、序奏とロンド、4つのマズルカop.33、ピアノ・ソナタ第3番。コンクールで高い評価を受けた作品が多く選ばれていたが、とりわけ鍛え抜かれた奏法、表現、解釈が際立ったのが 序奏とロンドだった。
 この作品をこんなにもじっくりと聴かせる若手ピアニストは稀ではないだろうか。

 そこで「インタビュー・アーカイヴ」第69回は、リシャール=アムランの登場だ。

[ぶらあぼ 2016年5月号]

 2015年のショパン国際ピアノ・コンクールにおいて第2位入賞とソナタ賞(ツィメルマン賞)を受章したシャルル・リシャール=アムランは、弱音の美しい情感豊かな演奏を得意とするピアニストである。彼はカナダのモントリオール出身で、コンクール時は26歳だった。
「ショパンの作品に初めて出合ったのは13歳のときで、《幻想即興曲》でした。それから1年に1曲ずつ学び、徐々に自分のなかでショパンの全体像に近づいていったのです。私はスター性があるわけでもないし、世界中を飛び回る生活も得意ではない。第2位とソナタ賞をいただいたのは、自分としては理想的な結果です。今後はじっくり作品と対峙し、自分のペースを守りながら学びの精神を貫きたい。シンプルな生活が一番ですので…」
 コンクール時には「テディベア」の愛称で親しまれたリシャール=アムラン。無欲で真摯でどっしりとした体躯の愛すべきピアニストだが、演奏は聴き手の心を強烈に引き付ける成熟した美音が特徴。来日公演でも“大人の音楽”を披露し、ピアノ好きをうならせた。
「ショパンはルバートが生命線です。これは時間がゆるやかに巡っていくような感覚で、丸いものを感じます。けっして角ばったものではない。私はルービンシュタイン、リパッティ、ルプーの自然なルバートを感じさせる演奏が好きですね。今後は、自分の存在をこれでもかと見せつけるのではなく、あくまでも音楽の後ろに隠れ、作品時代をじっくりと聴かせるピアニストを目指したい」
 来日プログラムは、もちろんピアノ・ソナタ第3番は欠かせないと考えたが、バランスと調性、つながりを考慮して決めたという。
「コンクールの5カ月前にカナダでショパンのピアノ・ソナタ第3番と《幻想ポロネーズ》の録音をしましたが、まさかこのときはコンクールで入賞できるとは思ってもいませんでした。これまではコンチェルトの仕事も多く、共演したケント・ナガノ、ヤニック・ネゼ=セガンらの指揮者からも助言をいただいています。今後はソロ活動が増えそうで、年間110回のコンサートが入っています」
 リシャール=アムランは、ステージに登場する姿が往年の名ピアニスト、ラザール・ベルマンに似ていると思う。ゆったりと歩を進め、ピアノに向かうと美しい響きを醸し出し、聴き手の心を自然に解き放っていく。彼は大器晩成型のように見える。ピアノ好きの心をとらえる美音、ぜひナマの演奏で体験を!

 今日の写真は、その雑誌の一部。
 リシャール=アムランは、今日のリサイタルのアンコールにショパンの「英雄ポロネーズ」とエネスコの「パヴァーヌ」(組曲第2番op.10より)を演奏した。
 今回の演奏を逃した人は、ぜひ次回こそ、ナマの演奏に触れてほしいと願う。彼の演奏は、きっと30歳、40歳を過ぎてから、より味わいが増すのではないだろうか。





タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー・アーカイヴ

エリソ・ヴィルサラーゼ

 2014年、11年ぶりに来日公演を行ったエリソ・ヴィルサラーゼ。ユーリ・テミルカーノフ率いるサンクトペテルブルク・フィルとの共演、そしてリサイタルとわれわれ聴衆を感動の渦に包み込んだ。
 その来日時、霧島国際音楽祭のコンサートやマスタークラスを控えている彼女に、音楽家としてのポリシーや、指導者としての思いを聞くことができた。
 インタビュー・アーカイヴ第68回は、ヴィルサラーゼの登場。数多くのインタビューのなかでも、とりわけ印象深いひとときとなった。

[音楽の友 2014年4月号]

音楽家であるために必要なこと 

20年間同じ曲を弾いていても、常に作品に新たな息吹を吹き込むという思いが大切。音楽は生き物なのよ。

私のモットーは、常に驚きをもつことなのです。 

 真のピアノ好きに愛されているエリソ・ヴィルサラーゼが、オーケストラとの共演とソロ・リサイタルの両方で1月末から2月にかけて待望の来日を果たし、まさにピアノ・ファンの心を深く魅了する演奏を披露した。
 コンチェルトは自家薬籠中の「チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番」。ユーリ・テミルカーノフ指揮サンクトペテルブルク・フィルとの共演で、冒頭からこれまで聴いたことのないような新しい光を帯びたチャイコフスキーが登場。フィナーレまで作品の奥に潜む本質に迫る洞察力の深さを示した。
 テミルカーノフは、事前に「今回のエリソのチャイコフスキーは、まったく新しい作品に出合うような衝撃を与えるだろう」と語っているが、まさしく彼女の演奏は、聴き慣れた作品とは思えぬ光輝くような新鮮さを与えてくれた。 
 今回は、まずそのチャイコフスキーの話題から開始。まるで異なった作品のように思えたが、特別な版を使用しているのだろうか。
「いいえ、みんなと同じ版よ。特別なものはまったく使っていないわ。私の演奏が新鮮に聴こえたとしたら、それは私の信念が演奏に反映したからだと思います。聴衆が新鮮さを感じないような演奏をする音楽家は、もうステージから去るべきね。20年間同じ曲を弾いていても、常に作品に新たな息吹を吹き込むという思いが大切。音楽は生き物なのよ。マエストロ・テミルカーノフは、今回もまるで30歳の指揮者のような若々しくみずみずしい音楽を生み出したでしょう。これが音楽家たる姿勢であり、感動を呼ぶことにつながるの」
 ヴィルサラーゼはどんな質問に対しても凛とした口調でことばを尽くし、本音で語る。
「私のモットーは、常に驚きをもつことなんです。驚いたり、好奇心をもったり、感激したりという感情をもつことにより、自分のなかの感性が磨かれ、それが音楽と対峙するときにとても役立つわけです」
 たとえば、といって彼女は京都の清水寺の舞台から見た風景を例に挙げた。
「私はあの舞台から見る美しい光景に、いつも息が止まるような思いを抱きます。でも、毎回同じではありません。より深く見て感じて、自分の感情と向き合うから。自然に勝る芸術はないと思いますが、自然の美しさに近いのが音楽だと思います。ですからもう何度弾いたかわからないチャイコフスキーのコンチェルトも、毎回異なる演奏を心がけています。これまでザンデルリンク、コンドラシン、スヴェトラーノフ、ドラティなど多くの指揮者と共演してきましたが、そのつど違う音楽が生まれます。もちろんこの曲に関してはテミルカーノフとの共演がもっとも多いですね。目指している方向が同じなので、有意義です」

ピアニストはエゴイストなんですよ。でも、それでは教える仕事はできません。


 リサイタルでは「シューマン弾き」と称される彼女の「交響的練習曲」が披露され、ロシア・ピアニズムの伝統を引き継いだ奏法、表現力が遺憾なく発揮された。19世紀から20世紀初頭にかけてのロシアの偉大なピアニストの演奏をほうふつとさせ、アンコールにいたるまで夢のなかにいるような錯覚を覚えた。
「シューマンは8歳のころ《子どものためのアルバム》を弾き始めたのですが、すべての曲が楽しくてたまらなかったわ。以後いろんな曲を弾くようになったけど、シューマンは時間をかけて少しずつ作品に近づいていく作曲家だと思います。急いではダメ。現在はコンピューター社会で、なんでもすぐに調べられ、早く結果が出せるようになり、若いピアニストも早く成功したいと望んでいます。でも、それでは作品の真の意味合いに近づくことはできません。楽譜を深く読み、ひとつひとつの音符、記号をじっくり考え、完全に自分のものにしていかなくては…」
 ヴィルサラーゼはモスクワ音楽院とミュンヘン音楽大学で教鞭を執っているが、最近の生徒はみな時代の変化に振り回されていると嘆く。先生の質も低下しているのが現状だと。
「ピアニストはエゴイストなんですよ。自分が苦労して学んで身につけてきたこと、積み重ねてきたことは他人に譲りたくないものなのです。でも、それでは教える仕事はできません。演奏家と教育者はまるで別物。教えることは責任を伴うし、もっとも大切なのは教えることが好きなこと。いまは先生の質が変化し、残念ながら本気で教えることに命を賭ける人が少なくなっていますね」
 ヴィルサラーゼはトビリシ音楽院教授の祖母アナスターシャ、彼女の親しい友人だったゲンリフ・ネイガウス、そしてヤコフ・ザークから学ぶことができた。そうした人たちの誠意ある教え、音楽と真摯に向き合う姿勢がいまの自分の糧になっているという。
「私は幸運なことに、すばらしい先生に巡り会うことができました。でも、ピアノを本格的に始めたのは8歳で、かなり遅かったですし、祖母は最初のころは身内に教えたがらなかった。そこで私は自分で学ぶ方法を見つけたのです。祖母のお弟子さんが弾く曲を耳からすべて覚えて弾くことができたので、子どものころは楽譜を読むのは大嫌いでした。あるとき祖母が足を怪我して外に出られなくなってしまったため、私は自分で学ばざるをえなくなったのです。そのときに楽譜をしっかり読む訓練をしました」
 このころから「音楽は無限の力をもって聴き手の心の奥に感動を届けることができる」と信じ、作品の本質に迫っていくようになる。
 ヴィルサラーゼの演奏が聴き手の心を強く捉えるのはこうした考えゆえだろう。彼女はひとつひとつの音符、フレーズ、リズムなどに時間をかけて対峙し、その音楽がもつ性格や法則をとことん探求していく。
「焦りは禁物」と何度も口にし、けっして同じ演奏はしない、常に新鮮でありたいという。最後にひとこと、「ひとつのシーズンである曲を取り上げたら、しばらく置いておく。10年後にまたそれを弾くと驚きがあるのよ!」。これがエリソ・ヴィルサラーゼの音楽の神髄ではないだろうか。

 このインタビューの数日後、あるパーティでヴィルサラーゼに会った。すると、「あらあ、この間はありがとう」といって、強く抱きしめてくれた。
 こちらがお礼をいうべきなのに、逆にいわれてしまった。
 なんと温かく、ヒューマンで、優しく、寛大な人なのだろう。こういう人に指導を受けるピアニストは、とても幸せだ。レッスンはとてもきびしいといわれているが、それこそヴィルサラーゼの身上である。
 今日の写真は、その雑誌の一部。真っ黒な髪のボブスタイルが、彼女の個性を際立たせている。


タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー・アーカイヴ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス