ブログ

マティアス・ゲルネ

[ヤマハWEB「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」]2014年7月17日

[アーティストの本音トーク マティアス・ゲルネ ?]

 マティアス・ゲルネは自身が完璧主義者ゆえ、リートで共演するピアニストに対しても非常に要求が高い。実際に、ピアニストにはどんな演奏を希望するのだろうか。
「私はピアニストではないし、あまりピアノは上手ではないのですが、これまで数多くのすばらしいピアニストとの共演を重ねてきましたので、ピアノに対する理解は深まっています。テクニック面では何もいえませんが、結局、ピアノの技術というのはその人の内面がすべて現れるものだと思います。その内面と私の音楽に対する姿勢が、お互いに正しいものだと判断できれば、多くのことが可能になるわけです」
 ゲルネは2001年から2005年までデュッセルドルフのロベルト・シューマン音楽大学で名誉教授を務め、歌曲科で教鞭を執っていたこともあり、そのときにも声楽専攻の学生とともにピアノ専攻の学生による演奏も多数聴いている。そうした経験を踏まえ、ゲルネは「指導するときは、歌手のみならず広い視野に立って教える」という。
「実は、3週間後にハンブルクでコンサートが予定されているのですが、そこにとても才能のあるヴァイオリニストがピアニストとやってくるため、その指導をすることになっています。もちろん、私はヴァイオリニストではないため、弦楽器の技術は教えられませんが、彼らと一緒にヴァイオリン作品の勉強をします。フレージングやアーティキュレーションに関しては、いずれの作品にも共通項がありますからね。豊富な経験と、楽譜の深い読み、そして豊かな音楽性をもった音楽家は、作品全体を見渡す目が備わっているものです。そうした目は、ひとつの作品の大きな鳥瞰図を描くことができます。私はそれを目指しているのです。指揮者がコンチェルトの演奏でピアニストやヴァイオリニストとともにいい音楽を作り出そうとするのは、そうした考えに基づくもので、そこでは指揮者の解釈が問われます。私もそれと同様のことを試みようとしているわけです」
 ゲルネは、2008年からシューベルトの歌曲を網羅した録音プロジェクトを実践している。これは全11巻で構成され、巻ごとに彼が信頼を寄せているピアニストと共演する形を取っている。現在は8巻まで進行し、2014年秋には「冬の旅」がリリースされる予定だ(キングインターナショナル)。
「このプロジェクトは私がすべて計画し、レコード会社に提案しました。ピアニストに関しても、この巻はこのピアニストというように決めてアイディアを出したのです。各巻のプログラムは、ピアニストに合わせて作ったといった方が的確かも知れません。長年、多くのピアニストと共演していますし、よく知っている人ばかりですから、この曲はこの人だな、とわかるのです」
 ピアニストのスケジュールもあるのだろうが、ゲルネはあらかじめこの人と決めて事後承諾で計画を進めたそうだ。この強引とも思えるほどの実行力、確固たる自信、積極性、説得力など、ゲルネの「自分を信じる」「正しいと思うことをする」という信念は、いっさい迷いがない。その強い気持ちが全面的に演奏に反映し、聴き手を納得させてしまう。
 さて、次回の最終回は爆笑ものの子ども時代の話と、次なる夢を語ってもらいたいと思う。

 今日の写真は、2016年2月の来日公演で共演したピアニスト、アレクサンダー・シュマルツと。


タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー・アーカイヴ

マティアス・ゲルネ

[ヤマハWEB「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」]2014年7月10日

[アーティストの本音トーク マティアス・ゲルネ ?]

 マティアス・ゲルネは、シューベルトの3大歌曲のなかでは、「美しき水車小屋の娘」をもっとも遅く勉強したという。
「私は3大歌曲のうち、《冬の旅》から勉強を始めました。そして《白鳥の歌》へと歩みを進めたのです。なぜ、私が《美しき水車小屋の娘》を最後に勉強したかというと、学生のころから数多くの録音を聴いてきたのがその理由です。それはペーター・シュライヤーであり、フリッツ・ヴンダーリヒであり、またディートリヒ・フィッシャー=ディースカウのうたうものでした。それらはもちろん名盤と称されるものです。でも、私にとっては、何か違うなという感じがぬぐえなかった。それらをあまりにも聴き過ぎて、自分の解釈というか、切り口が見出せなくなってしまったのです。ですから、容易に取り組めない状態になってしまったわけです」
 ゲルネは、とても心情的に複雑だという表情をした。名盤を聴き過ぎたために、かえってシューベルトの名曲に近づけなくなってしまった。彼はその胸の内を、ことばを尽くして説明してくれたが、これはひとことでいい表すのはとても難しいことである。
「この歌曲集は3つのなかでもっともドラマティックな作品だと思います。これは極端といいかえた方がわかりやすいかも知れません。ドイツ語でいうと、ドラマティックは劇的なという意味合いと同時にはげしさ、究極的な、という意味も含まれます。実は、私は《美しき水車小屋の娘》の主人公の幼稚さに共鳴できなくなってしまったのです。ですから、自分の切り口というか、入口が見つけられなくなってしまったというのが正直な思いです」
 作品にそこまで強い思い入れがあり、自身の感情と向き合い、歌詞の内容を検証していく。そこにはゲルネのリート歌手としてのひたむきな気持ち、誇り、そして完璧主義者ならではの姿勢が見える。
「私は偉大な歌手に師事していますが、彼らとはシューベルトの3大歌曲は勉強していません。シュヴァルツコップともフィッシャー=ディースカウとも、一度もこれらの作品を学んでいないのです。なぜなら、これらのリートは自分で発見し、自分の世界を作り上げるものだと考えているからです」
 ゲルネのことばは確信に満ちていた。彼は演奏もそうだが、語り口にもいっさいの迷いが感じられない。率直でストレートで、明快である。その後、彼は「美しき水車小屋の娘」に取り組むようになり、今回のステージでも披露され、録音も行っている。
「私はシュヴァルツコップやフィッシャー=ディースカウからは、自分自身の感情を前面に押し出すのではなく、あくまでもテキストと楽譜に忠実に従うことの大切さを学びました。楽譜に対しての敬意ですね。その教えがいまでも私の基礎となっているのです」
 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー・アーカイヴ

マティアス・ゲルネ

 いま、「タンホイザー」でヴォルフラムをうたっているマティアス・ゲルネは、これまで何度か来日し、そのつどオペラやリサイタルで聴き手の心の琴線に触れる歌声を披露してきた。 
 そこで「インタビュー・アーカイヴ」第75回はゲルネの登場。今日から4回に分けて、全文を紹介したいと思う。

[ヤマハWEB「音楽ジャーナリスト&ライターの眼」]2014年7月3日


[アーティストの本音トーク マティアス・ゲルネ ?]

 いま、オペラとドイツ・リート(歌曲)の表現者として世界中から熱い称賛の目を向けられているのが、ドイツのバリトン、マティアス・ゲルネである。彼の歌声は弱音の繊細な響き、歌詞の的確な発音、表現力の深さ、作品の内奥を極める洞察力などで知られる。
 今回から4回にわたり、ゲルネの本音トークをお届けしたいと思う。
 マティアス・ゲルネはワイマールに生まれ、やがてライプツィヒでハンス=ヨアヒム・バイヤーに師事して声楽の基礎を学んだ。特筆すべきは、歴史に名を残す偉大な声楽家、エリーザベト・シュヴァルツコップとディートリヒ・フィッシャー=ディースカウに師事したことで、ふたりからドイツ・リートの真髄を学んでいる。
 そのマティアス・ゲルネが、5月に来日公演を行い、紀尾井ホールでシューベルトの3大歌曲連続演奏会―「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」「白鳥の歌」を行った。
 ゲルネはこれらの作品をこれまで各地で数多くうたい、録音も行っている。彼はリートの場合、ピアノとの音の融合に重きを置いているが、今回の来日公演でも長年ともに演奏している盟友のピアニスト、アレクサンダー・シュマルツとの絶妙な音の対話を披露し、さらに両者はシューベルトのそれぞれの歌曲集の主人公を浮き彫りにすべく、視覚的な演奏を繰り広げた。
 ゲルネは長年にわたり、シューベルトの3大歌曲の研究を行い、完璧なる美を目指して日夜これらのリートと対峙し、ゲルネにしか表現できない強い個性に裏付けられた歌を生み出すことをモットーとしている。
「私はシューベルトの3大歌曲を単独ではなく、ひとつのかたまりとして続けてうたうことに意義を見出しているのです。ライプツィヒで最初に就いたバイヤー先生は声楽家としてのうたい方を教えるのではなく、何が正しくて何がまちがっているかということを詳しく教えてくれました。ですから、私はいまでもその教えに従い、常に自分が正しいと思うことをしたいと考えています。具体的には、自分がいまもっともうたいたい作品を選び、そのなかで自分を解放し、歌詞の発音、曲の理解を完璧に行いたいと思っています」
 リートのステージでは、各曲の詩に寄り添い、それらの主人公の気持ちになりきり、ピアノ伴奏とは密接なコミュニケーションをとりながらも、あたかもひとり芝居のように身振り手振りを加えながら演技を盛り込んでいく。そこには特有の世界が広がり、ゲルネが編み出す空気が会場全体を満たしていく。
「私が師事したシュヴァルツコップとフィッシャー=ディースカウは、歌詞の母音の発音に対する“色″というものの大切さを教えてくれました。シューベルトもシューマンもマーラーも、それぞれの歌曲にはその作曲家ならではの特別な色彩が潜んでいるのです。私はその教えを忠実に守り、豊かな″色″を自分の声で生み出すようにしています」
 
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。からだに厚みがあるのがわかるよね(笑)。この体躯堂々とした全身から、あのやわらかな情感あふれる歌声が生まれ出る。


タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 16:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | インタビュー・アーカイヴ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス