ブログ

グジェゴシュ・ニェムチュク

 先日、ノルウェー人の名前は難しいと書いたが、ポーランド人の名前もとても発音が難しい。
 今日、インタビューで会ったポーランドのピアニスト、グジェゴシュ・ニェムチュクは、カタカナで表記されると一応わかりやすく感じるが、一度聞いただけでは、日本人はなかなか覚えられない。
 そこで、愛称で呼ばれているという、「グレッグ」と書くことで了解を得た。
 グレッグは、2019年3月16日に銀座ヤマハホールで、3月23日にヤマハミュージック大阪なんば店でリサイタルを開く予定になっている。
 ブログラムはオール・ショパン。今日はリサイタルについて、生い立ち、ピアノとのかかわり、ショパンの音楽についてなど、さまざまな角度から話を聞いた。このインタビューは、「ヤマハ・ピアニストラウンジ(web)」、「ピアノの本」の両方に書き分けることになっている。
 グレッグはとても話好きなタイプで、ひとつの質問に対する答えがとても長い。一生懸命話してくれるため、途中で切るわけにもいかないが、時間は限られている。そこで、次々に質問の内容を変え、短く答えられるよう工夫を凝らし、さらに「ここはワンコメントでね」などと、さらりとこちらの意図を伝えたりした。
 それでも、内容が非常に興味深く、特にショパンに対する奏法、解釈、作品論に熱がこもった。
 ポーランド人だからショパンのことを聞かれるというのは当然と思われているようで、ことばを尽くして話してくれたが、子どものころはほとんどショパンを練習せず、他の作曲家の作品ばかり弾いていたそうだ。
 そのころの先生から「きっと大人になると生涯ショパンを弾くことになるだろうから、いまは他の作品を勉強する方がいい」といわれたそうだ。
「やっぱりそうなったよ」と笑っていた。
 彼の話でもっとも心惹かれたのは、ポロネーズとマズルカの弾き方と解釈。指で打鍵を示しながら、こまやかな説明をしてくれた。
 記事には、その詳細を綴りたいと思う。
 今日の写真はインタビューに応えるグレッグと、ピアノに向かっている姿、そしてサイト用にサインをしているところ。グレッグのサインは「著名なポーランドのピアニスト、ヤン・エキエルに似ているんだよ」とのことで、それが自慢のようだった。 

y3227_R.JPG

y3228_R.JPG

y3229_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:03 | アーティスト・クローズアップ

清塚信也

 ピアニスト、作編曲家、俳優などさまざまな顔をもつ清塚信也が、クラシック音楽と人々をつなげる、クラシックと現代をつなげる、作曲家と現代人をつなげるという思いを込めた「connect」というアルバムをリリースする(12月12日、ユニバーサル)。
 収録曲は、J.S.バッハ「イギリス組曲第3番」、モーツァルト「ピアノ・ソナタ第14番」、ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第14番《月光》」、自作3曲という構成だ。
 今日はそのアルバムについて聞くため、インタビューを行った。このインタビューは「CDジャーナル」(WEB)に書く予定になっている。
 実は、今春取材でウィーンを訪れた際、取材先のホテルの前でばったり清塚信也に会った。
「えーっ、偶然ですねえ。演奏会ですか?」
「いえいえ、テレビの収録なんですよ。もう帰国するところなんです。伊熊さんは?」
「私は取材でこのホテルにきたところなんです」
 というわけで、5分違っていたら会わないのに、なんという不思議な出会いだったのか。ウィーンの街角でばったり会うとは…。
 今日はまず、そのときの偶然の出会いから話が始まった。
 清塚信也は、以前からクラシックを広めたいという気持ちが強い。さまざまな活動の根源には、常ににその熱き思いが横たわっている。今日は各々の作品への思いとつながり、「コネクト」の意味合いとアルバムのコンセプト、音楽を通じて発信したい考えなどを聞くことができた。記事にはその詳細を綴りたいと思う。
 彼はショートスリーパーで、寝る間も惜しんで音楽に没頭し、大好きな映画を見、精力的な活動を展開している。そのエネルギーには感服してしまう。
 アルバムと連動するコンサートツアーも、2019年1月から4月まで全11回組まれている。昨日まで3日間続けて長野県でコンサートを行ったそうだが、この取材時も疲れを見せず雄弁に語ってくれた。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。やはり俳優っぼい表情だよねえ。

y3219_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:01 | アーティスト・クローズアップ

エルドビョルク・ヘムシング

 ノルウェー人の名前の表記はとても難しい。
 今日インタビューをした1990年生まれのヴァイオリニスト、エルドビョルク・ヘムシングもレコード会社の担当者のHさんが、「日本のカタカナ表記のために、ご自身で名前を発音していただけますか」といって、何度か彼女に発音してもらった。
 ヘムシングは、ヤルマル・ボルグストレムのヴァイオリン協奏曲とショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番をカップリングしたものと、ドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲とスークのヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲、スークの愛の歌(シュテファン・コンツ編)という2枚のCDがリリースされている(BIS、キングインターナショナル)。
 今日は、ノルウェーの50年以上忘れられていたボルグストレムの録音に踏み切ったいきさつ、ショスタコーヴィチの作品との組み合わせ、ドヴォルザークとスークの録音について、「愛の歌」の編曲版についてなどを聞き、家族のこと、幼少時代のこと、ウィーン留学の様子、今後の活動まで幅広く話を聞くことができた。
 ヘムシングはとても感じのいい人で、質問には誠意をもって雄弁に語ってくれ、常に笑顔を忘れず、美しい容姿とあいまって、人を惹きつける。
 このインタビューは「intoxicate」に書く予定である。
 演奏もよければ性格もいい、美人で前向き。共演した人にみな好かれるようで、とても忙しそうだ。
 アンスネスからも多くを学んでいるとか。私は彼の初来日からずっと取材を続けていて、ノルウェーにも出かけたため、その話題で盛り上がった。
 ぜひ、次回はコンサートの来日を希望したい。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。笑顔がチャーミングである。

y3221_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:32 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス