ブログ

三浦謙司

  コロナ禍で延期になっていたロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのガラ・コンサートが9月7日に開催された(Bunkamura オーチャードホール)。
  2019年度は、ピアノ部門で日本人の三浦謙司が優勝の栄冠に輝き、務川慧悟が第2位入賞を獲得。コンクール史上初の日本人による第1位、第2位独占という快挙を成し遂げた。
  当日のコンサートは、コンクールで演奏した2曲のコンチェルト、サン=サーンスのピアノ協奏曲第5番(務川)、ショパンのピアノ協奏曲第2番(三浦)が奏され、次いでふたりによるモーツァルトの2台によるピアノのための協奏曲K.365が演奏された(広上淳一指揮、新日本フィル)
  務川慧悟の演奏は生き生きとした躍動感に満ち、前進するエネルギーに満ちている。緩急の表情にも創意工夫が感じられ、オーケストラとのコミュニケーションも密度が濃い。初めてナマの演奏に触れたが、聴き手を惹きつける魅力にあふれているため、ぜひリサイタルをじっくり聴いてみたいという気持ちに駆られた。
  三浦謙司のショパンは非常に端正で落ち着いた、自然体の演奏だった。気負いや気取りがいっさいなく、作品の内奥にひたすら迫っていく奏法で、ひとつひとつの音がていねいに紡ぎ出されていく。
  ふたりによるモーツァルトは、ソリストの個性の違いが立体的なデュオを作り出し、モーツァルトが意図した2台のピアノがオーケストラとともに一体となるという面を披露した。
  この公演評は、「公明新聞」に書く予定にしている。
  若きふたりのピアニストは、今後さらなる研鑽を積んで大きくはばたいていくのだろうが、ピアノ界に新風を巻き起こす存在になってほしいと願う。
  その翌日、三浦謙司にインタビューする機会に恵まれた。演奏の落ち着きと安定感とは裏腹に、かなりハードな人生を送ってきた人で、13歳で単身ロンドンに渡り、いまはベルリンで勉強を続けている。
「海外で演奏する場をもっと広げたい。ずっとヨーロッパで暮らして行きたい。将来は音楽大学の教授になって、欧米人の生徒に教える日本人となりたい」と、骨っぽい発言が印象的だった。
  人生に対して非常に真摯に考え、現実と向き合い、自分の存在を常に問いただし、音楽家としての道を模索している彼は、若手ピアニストとしては珍しいタイプ。一時期、音楽を離れて日本に帰国し、一般的な仕事や肉体的にきついアルバイトをこなし、自身を見つめ直したそうだ。
  2021年度にはワーナーからデビューCDがリリースされる予定で、いま選曲を練っている最中だという。このインタビューは、録音のリリースが決まった時点で「intoxicate」に書くことになっている。
  今日の写真は、インタビュー後の三浦謙司のワンショット。

Y3886_R.JPG



posted by 伊熊よし子 at 14:57 | アーティスト・クローズアップ

笹沼樹

 「音楽の友」で連載している「マリアージュなこの1本」には、毎月さまざまな個性的なアーティストが登場している。
  次号は若きチェリスト、笹沼樹である。
  彼はソロ、室内楽、オーケストラの活動を3本柱と考え、いずれも大切な演奏としてとらえている。
  室内楽に関しては、クァルテット・アマービレという弦楽四重奏団を組み、2016年に難関のミュンヘン国際音楽コンクールで第3位入賞を果たしている。
  今回は、行きつけのホテルの鉄板焼きのお店で、ホテル側が用意してくれたすばらしいワインとともにお肉料理を楽しむところを撮影することができた。
  アーティストは食通が多い。
  この連載ページでは、みなさんがいろんな食べ物とのつながりや、お酒を巡る話をしてくれるが、やはり音楽家は体力が基本ゆえ、たくさん召し上がるようだ。
  笹沼樹は190センチを超す長身。チェロが小さく見えるほどで、「よく、小ぶりのチェロですかと聞かれるんですが、通常の大きさの楽器です」と笑っていた。
  今日の写真は、鉄板焼きが供されるところと、チェロを抱えたところの2枚。

y3544_R.JPG

y3543_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:14 | アーティスト・クローズアップ

イーヴォ・ポゴレリチ

  イーヴォ・ポゴレリチにインタビューするのは、本当に久しぶりである。
  以前は来日のたびに話を聞いていたが、最近は機会がなく、先日久しぶりに会うことができた。
  彼は長年ドイツ・グラモフォンで録音をしていたが、ソニーに移籍し、昨年8月21日にソニー・クラシカルからのデビュー・アルバムをリリースした。
  曲目はラフマニノフのピアノ・ソナタ第2番と、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第22番、第24番という組み合わせである。
  今回のインタビューはその新譜の話を中心に、近況など幅広く聞いた。
  ポゴレリチは、一見すると非常にインタビューしにくいアーティストのように思える。気難しく、どんな質問を好むのか理解しにくいからである。
  しかし、長年に渡って彼に話を聞いてきたため、ごく自然に話に入ることができた。
  このインタビューは、「CDジャーナル」に書く予定にしている。
  ポゴレリチは、あるときからとてもリラックスした雰囲気をただよわせるようになった。もちろん、最初に来日したころはピリピリしていて、あまり雄弁ではなく、インタビューの部屋の空気は張り詰めたものだった。
  ところが、あるときからジョークをいうようになり、よく笑い、こちらの反応を見て話の方向性を幾重にも変えていくようになった。
  今回も、新たな話題が突然飛び出したり、これまで耳にしたことのないような内容を話し出したり、実に興味深いインタビューとなった。そのすべてを記事に反映させたいと思っている。
  なお、2月16日にはサントリーホールでリサイタルが予定されている。
  今日の写真は、インタビュー後のワンショット。この日はとても寒い日で、ポゴレリチはホテルのなかでも真っ赤なニット帽をかぶっていた。さすがに、写真を撮るときは外していたが…。

y3532_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 21:55 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス