ブログ

ルシエンヌ

 トランペット界に輝かしい新星が登場した。1999年生まれのフランス人、ルシエンヌである。
 2014年にパリ国立高等音楽院に入学したが、クラシック部門とジャズ部門に同時入学を許された初の生徒となった。
 ルシエンヌはパリのクレドール・コンクール、モーリス・アンドレ青年コンクールの両方で優勝をげ、17年ワーナー・クラシックスと契約。「ザ・ヴォイス・オヴ・ザ・トランペット」と題するアルバムでCDデビューを果たしている(輸入盤)。
 そんな彼女が7月13日にリサイタルを行い(武蔵野市民文化会館 小ホール)、7月17日から28日まではパトリック・ハーン指揮オーケストラ・アンサンブル金沢、ピアノの辻井伸行との共演で全国ツアーを慣行する。プログラムは、辻井との共演でショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番、さらにハイドンのトランペット協奏曲が組まれている。
 ルシエンヌはキュートな笑顔の持ち主で、インタビューでは一生懸命トランペットの魅力について語り、作品論や辻井伸行との共演への期待、さらに子ども時代からの楽器とのつきあい、新譜のことまでことばを尽くして話してくれた。このインタビューは、いま出ている「ぶらあぼ」の4月号に掲載されている。
 なんでも、ステージではいつも裸足で演奏するそうで、「その方が倍音を感じやすいんです」という。記事にも綴ったが、ルシエンヌはアメリカのトランペット奏者でヴォーカリストのチェット・ベイカーを尊敬しているそうで、彼女の音色もうたうような響き。やわらかく、弱音を重視し、けっして声高に叫ぶような音楽ではない。
 7月の日本ツアーが楽しみである。
 今日の写真は、インタビュー後の1枚。この楽器は、コンクールの賞品としてプレゼントされたものだそうだ。

DSC_1516b_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:29 | アーティスト・クローズアップ

福間洸太朗

 ピアニストの福間洸太朗は、ベルリンを拠点に国内外で幅広い活躍をしている。
 以前、インタビューしたときは、フィギュアスケートのステファン・ランビエルと共演した話が興味深く、それをブログにアップしたら、さまざまな人からアプローチがあったとか。
 今回のインタビューは、ニューアルバム「France Romance」(ナクソス・ジャパン、4月17日発売)と、5月から6月にかけて行われる浮ケ谷孝夫指揮ブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルトのジャパンツアーのソリストのひとりを務めることについて、話を聞いた。
 ブランデンブルグ国立管弦楽団フランクフルトとの共演では、ブラームスのピアノ協奏曲第2番を演奏する(5月28日佐賀、29日姫路、31日東京公演)。
 このインタビューは「CDジャーナル」に書く予定になっている。
 今回のアルバムは、パリ国立高等音楽院に留学していた時代から親しんできた、ドビュッシー、ラヴェル、フォーレ、サティ、プーランク、ワイセンベルク、ルノワールなどのフランス近現代作品。各曲にさまざまな思い出があり、その話が非常に興味深かった。
 もちろん、来日オーケストラと共演るするブラームスのコンチェルトについても、雄弁に語ってくれた。
 最近もフィギュアスケーターとの共演も重ねているが、新たに加わったのが、パリ・オペラ座バレエ団のエトワール、マチュー・ガニオとの共演。これもまた、福間洸太朗のピアニストとしての世界を大きく広げる役目を担っているようだ。
 今日の写真は、インタビューに答える福間洸太朗。静かななかにも内なる情熱がふつふつと沸いてくるような、不思議な魅力を備えた人である。

y3216_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:21 | アーティスト・クローズアップ

セドリック・ティベルギアン

 フランスのピアニスト、セドリック・ティベルギアンは、会うたびにどんどん雄弁になっていく。
 先日、久しぶりにインタビューで会ったら、短時間ながら非常に有意義な話を効率的に語ってくれた。
 彼は3月19日にヤマハホールでリサイタルを開く。プログラムはブラームス:シューマンの主題による変奏曲、ベートーヴェンの「プロメテウスの創造物」の主題による15の変奏曲とフーガ、ドビュッシーの12の練習曲。
 その選曲について、各々の作品について、子どものころから現在に至るまでのピアノとの関係、恩師について、来年のベートーヴェン・イヤーの予定など、さまざまなことを聞いた。このインタビューは、ヤマハのWEB「ピアニスト・ラウンジ」に書くことになっている。
 ティベルギアンは子どものころからピアノが弾きたくてたまらない、難しい曲ほど弾きたい気持ちが強くなる、もっともっと弾いていたいと、まさにピアノとともに人生を歩んでいるタイプ。ピアノに関する話は時間が許せばいくらでも、という感じだ。
 彼はいつもスッキリした体型をしているなあと思ったら、趣味はジョギングだそうだ。それも10キロとかハーフマラソンを走るという。これは、ジョギングじゃなくて長距離走のランニングだよねえ。
 原稿には、そのことも盛り込みたいと思う。なんでも、ピアノのリサイタルとマラソンには共通項があり、「どちらもペース配分が大切」と力説していた。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショットと、ピアノに向かうティベルギアン。彼はすごく指が長く、しかもがっしりした強そうな指をしている。ピアニストとしては理想的だ。

y3312_R.JPG

y3311_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:34 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス