ブログ

ベンヤミン・アップル

 男性歌手の場合、多くの人がテノール・ファンである。テノールはオペラでは主役であり、王子や恋人や善人の役を担う。
 しかし、私はバリトン・ファンである。オペラにおいては、バリトンはあまり主役を与えられていない。主人公の相手役や悪役や目立たない役が多い。
 ただし、ドイツ・リートでは、バリトンに向いた作品が多く書かれている。
 そのリートを得意とする新たな才能が登場した。1982年、ドイツ・レーゲンスブルク生まれのベンヤミン・アップルだ。レーゲンスブルク大聖堂少年聖歌隊でうたい、ミュンヘン音楽演劇学校を経て、ギルドホール音楽演劇学校で学んだバリトンで、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの最後の弟子として知られる。
 アップルは2010年ロンドンに移り、2014年から次々に新人賞にあたるさまざまな賞を受賞。ドイツ・リートを中心にオペラにも出演し、2017年ソニー・クラシカルと専属契約を結んだ。
 デビュー・アルバムは「魂の故郷〜シューベルト→ブリテン歌曲集」。シューベルト、レーガー、ヴォルフ、ブラームス、R.シュトラウス、プーランク、ブリテン、グリーグなど多彩な歌曲をしっとりと抑制の効いた低音でうたい上げている。
 先日、ベンヤミン・アップルにインタビューし、そのアルバムのこと、これまでの経緯、恩師のこと、家族のこと、今後の活動についてなど、さまざまな話を聞いた。
 来日してから、会った人がみな驚くのは、彼の身長の高さ。なんと196センチの長身である。私はテニスが好きなので海外のテニス選手の身長の高さをいつも耳にしているが、「なるほど、196センチってこんなに大きいものなのね」と実感。ただし、スリムなため、ものすごく威圧感があるというわけではない。
 オペラ歌手というと立派な体格の人を思い浮かべるが、彼は特有の美意識があるらしく、太らないようにしているそうだ。
 とても感じがいい人で、話をしている間、ずっとインタビュアーの目をまっすぐに見ている。ジョークも好きらしく、歌手になる前の銀行勤務だったときのことをおもしろおかしく話してくれた。
 いまはリートをしっかりうたう歌手が少なくなってきたとのことで、「私は絶対にこの道を極めたい。フィッシャー=ディースカウの教えを忠実に守りながら、自分なりのリートを作り上げたい」と熱く語っていた。
 バロック作品や古典的なオペラにも意欲的で、第2弾のアルバムは「バッハ:アリア名曲集」。ピリオド楽器使用のコンチェルト・ケルンとの共演である。
 このインタビューは、次号の「日経新聞」に書く予定である。
 ベンヤミンはこの日、新品の真っ白な革のスニーカーを履いていた。
「これ、日本にくるから特別に買ったんだよ。だって、メーカーはAXEL ARIGATOっていうんだもの」といった。アクセル・アリガトウ?? 早速、レコード会社の担当者のKさんが調べると、ありました、この名前が。ありがとうなんて、初めて知ったワ。ベンヤミンは「ねっ、あるでしょう、それだよ」とにやにやしていた。
 新たなバリトンの登場は、声楽界を活性化してくれる。彼は10月1日「NHK音楽祭」(NHKホール)でパーヴォ・ヤルヴィ指揮NHK交響楽団と共演し、オルフ「カルミナ・プラーナ」に出演。12月2日には大阪城ホールで「サントリー1万人の第九」の第1部に出演する予定だ(佐渡裕指揮、マーラー:リュッケルト歌曲集、バーンスタイン:ウエスト・サイド・ストーリー、キャンディードから)
 今日の写真は、インタビュー後のショット。「靴も写してね」といわれたため、1枚はありがとうのスニーカーを入れ、もう1枚は背の高さを表すため、ドーンと全身を入れました。とにかくデ、デカイ。 

y3201_R.JPG

y3200_R.JPG

 
posted by 伊熊よし子 at 22:24 | アーティスト・クローズアップ

藤木大地

 カウンターテナーの藤木大地の名は、2017年4月、アリベルト・ライマンがウィーン国立歌劇場のために作曲し、2010年世界初演された「メデア」のヘロルド役でデビューしたことで一躍広く知られるところとなった。
 このセンセーショナルなデビューは、日本人および東洋人のカウンターテナーとして史上初の快挙で、新聞で絶賛された。
 藤木大地は長年ウィーンに住み、ウィーン国立歌劇場の舞台に立ち、バロックからコンテンポラリーまで幅広いレパートリーを披露している。
 彼は10月24日、「愛のよろこびは」と題したCDでワーナー・ミュージック・ジャパンよりメジャー・デビュー・アルバムをリリースする。このアルバムにはカッチーニやシューベルトの「アヴェ・マリア」、シューマンの「献呈」、リストの「それはすばらしい」、アーンの「クロリスに」からマルティーニの「愛のよろこびは」(村上春樹原作の映画「ハナレイ・ベイ」主題歌)まで、美しい旋律に彩られた16曲が収録されている。
 特筆すべきは共演のピアニストで、40年以上に渡り、世界中の偉大な歌手たちと共演を重ねてきたマーティン・カッツが担当している。藤木大地は以前からカッツの教えを受け、現在は先生と生徒ではなく、パートナーとして音楽と対峙し、録音でもよき共演者として高みを目指したという。
 今日は藤木大地にインタビューし、その録音のこと、カウンターテナーのレパートリーのこと、ウィーン国立歌劇場のオーディションのこと、子どものころからの音楽に対する考えなど、さまざまなことを聞いた。
 このインタビューは、「東京新聞」の連載コラムに書く予定である。
 いろんな話のなかで盛り上がったのが、からだを鍛える話。ホットヨガをしているそうで、とても代謝がよくなるそうだ。私も勧められてしまった。
 代謝がよくなるのか、う〜ん、そのひとこと、魅力的よねえ(笑)。物書きの仕事はものすごく代謝が悪くなり、いつもからだがバリバリだもんね。なんでも、風邪をひかなくなったという。
 藤木大地の声は透明感があり、のびやかで情感豊か。とても自然で、ぜひナマの声を聴きたくなる。
 12月18日には、紀尾井ホールでCDデビュー記念のリサイタルが行われる。収録曲が目一杯披露される予定。ぜひ、聴きに行かなくっちゃ。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。

y3083_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:30 | アーティスト・クローズアップ

上杉春雄

 今日は、久しぶりにピアニストであり医学博士でもある上杉春雄にインタビューで会うことができた。
 彼は2011年にJ.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集第1巻」をリリースしており、リサイタルでもバッハを弾き続けている。
 今回完成させた録音は、「ゴールドベルク変奏曲」(オクタヴィア・レコード)。ライナーノーツも執筆し、そのなかでさまざまな角度からバッハを検証し、奥深い面に肉薄し、演奏とともにバッハを掘り下げている。
 今日のインタビューは、次号の「ぶらあぼ」に書く予定になっている。
 話は、上杉春雄がこれまで探求してきたバッハ論から作曲家本人のこと、バッハの時代について、作品における構造について、バッハが「ゴールドベルク変奏曲」でいいたかったことまで多岐に渡り、約束の1時間をはるかに超える熱いインタビューとなった。
 彼の話は多角的で多方面に広がり、はてしなく続いていくように思われた。自分で「オタク」と表現していたが、バッハに関しても、非常に専門的で濃密な内容を内包している。
 こういう話をどのように原稿にまとめるか、非常に頭を悩ませるところである。読者にわかりやすいように、しかも上杉春雄の真意に沿って綴らなくてはならない。
 最後にブログ用に写真を撮ろうとしたら、すごく明朗で歓喜に満ちた表情をしてくれた。
「今日は、とても楽しく話ができたので…」
 話の内容は非常に真摯で深遠で難解な面もあったのに、「楽しかった」と笑顔を見せてくれたため、ホッと安堵した次第である。
 写真は、その楽しそうな表情。さて、また時間をかけてゆっくり「ゴールドベルク変奏曲」に耳を傾けるとしましょうか。

y3084_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:35 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス