ブログ

トーマ・プレヴォ

  フランスにはチェロのフランス流派が存在するように、フルートにもフレンチ・スタイルがある。
  1976年にフランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団に入団して以来、長年に渡って首席奏者を務めたトーマ・プレヴォは、そのフランス特有の奏法を受け継いでいるフルーティストである。
  その彼が初のソロCDをリリースした(キングインターナショナル)。
  収録曲は、シューベルトの「しぼめる花」の主題による序奏と変奏曲、シューマンの3つのロマンス、R.シュトラウスのフルート・ソナタ(原曲:ヴァイオリン・ソナタ)の3曲。
  その新譜の話を聞きに、レコード会社まで出かけた。
  トーマ・プレヴォは、10歳からフルートの名手アンドレ・ペパンに師事している。その恩師の話題になると、口調がなめらかになり、話は尽きないといった様子だった。
  フランス流派の話、オーケストラにおける演奏について、歴代の指揮者のこと、初めての録音に取り上げたかった曲目について、幼いころのフルートとの出合いなど、話題は盛りだくさんだった。
  夫人は元フランス国立管弦楽団のヴァイオリニスト、破魔澄子。島根県の「石見銀山マスタークラス」のディレクターを務めている。
  トーマ・プレヴォもマスタークラスのフルートの講師を務めているため、そのマスタークラスの話をじっくり聞いた。
  この石見銀山という場所は、緑豊かな土地で、とてもおだやか。お魚がおいしく、ゆっくり音楽が学べるという。
  今年はようやく5年目を迎え、内容も充実してきたそうで、受講生も増えてきたという。
  ぜひ、機会があれば取材に行きたいと思った。
  今日の写真は、そのおふたり。このインタビューは「intoxicate」に書く予定になっている。

y3475_R.JPG

続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 22:57 | アーティスト・クローズアップ

ユッセン兄弟

  2010年、ピリスの秘蔵っ子としてCDデビューしたオランダのユッセン兄弟(ルーカス&アルトゥール)が、9年を経てすっかり成長し、青年のピアニストとして来日を果たした。
  今日は、3年半ぶりに彼らにインタビューをするため、レコード会社に出かけた。
  若きピアニストたちは身長も伸び、表情もプロのピアニストとしての雰囲気をまとい、国際舞台で演奏している自信がみなぎっていた。
  つい先ごろリリースされたのは、「バッハ:2台のピアノのための協奏曲第1番・第2番」(ユニバーサル)。アムステルダム・シンフォニエッタとの共演で、コンチェルトのほかにバッハのカンタータなどの編曲版が収録されている。
  ふたりは、「いまだからこそバッハを録音したいと思った」とのことで、バッハに対する思い、作品の解釈、録音時の様子などを雄弁に語ってくれた。
  以前は両親と一緒に住んでいたが、現在はアムステルダムの同じアパート(マンション)の違う部屋に住み、各々の独立した生活を満喫しているそうだ。
「ピアニストは孤独だといわれるけど、僕たちは2台ピアノの演奏が多いため、いつも一緒に演奏旅行に出られる。だから、お互いの自由を尊重しながらも、常に行動を共にすることができるため、孤独になることはなくて幸せなんだよね」
  このふたり、性格も音楽性もかなり異なる。それが喧嘩にならず、仲がいいことにつながっているようだ。
「僕たちは演奏に対するアプローチも表現もすごく違っていると思う。もちろん、性格的にもすごく違っていると思う。だからこそ、バランスをとろうと心がけているんだ」
  ふたりとも、バッハへの思いを熱く語ってくれたが、その根底に流れる作品への深き想いは共通していた。
  このインタビューは、次号の「intoxicate」に書く予定になっている。
  実は、インタビュー前に再会を喜び合っていたら、ルーカスが私のピアスに目を止めて、「それ、いい色だねえ。えっ、ネックレスもそろいなの。ウーン、いいねえ、すごく素敵だよー」とほめてくれた。
  そこで私が「これ、ラピスラズリなの、フェルメール・ブルーの」というと、オランダ人の彼は、「あっ、そうなんだ。いやあ、いい色だなあと思って、すごく似合うよ」といってくれた。
  ヨーロッパの男性というのは、幼いころからずっと女性をほめるということを学んでいるのだろうか。それが礼儀だと思っているのかもしれない。
  以前も、ギターのミロシュにワンピースをほめられたことがあった。
  日本の男性は、女性に面と向かって洋服やアクセサリーをほめることはあまりない。ヨーロッパの男性は、ごく自然にそうしたことを口にする。これも文化や習慣やメンタルの違いなんだろうな。
  今日の写真は、笑いの絶えなかったインタビュー後のルーカス(右・兄)とアルトゥール(左・弟)の表情。
  もう1枚は、ラピスラズリのネックレスとピアス。フェルメールの時代は、アフガニスタンのほぼ限られた場所でしか採掘されなかったといわれている。

y3437_R.JPG
  
y3438_R.jpg
  
posted by 伊熊よし子 at 22:59 | アーティスト・クローズアップ

アンドレス・オロスコ=エストラーダ

  一時期、若手指揮者が育たず、ベテランや巨匠と呼ばれる指揮者がクラシック界をリードしていたが、近年は各地から才能豊かな若手指揮者が次々に国際舞台に登場し、活況を呈している。
  いま、「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン2019」で来日しているアンドレス・オロスコ=エストラーダもそのひとり。
  オロスコ=エストラーダは1977年コロンビア生まれ。ウィーン国立音楽大学で学び、その後ヨーロッパ、アメリカの名だたるオーケストラの首席指揮者を歴任。2020/2021シーズンからウィーン交響楽団の首席指揮者を務める。
  そんな若きマエストロにインタビューをすることができた。
  各地の異なる個性を備えたオーケストラを振ることの難しさ、コロンビアで過ごした子ども時代の音楽とのかかわり方、ウィーン留学時代からプロの指揮者として活躍する現代までのことなど、幅広く聞いた。
  オロスコ=エストラーダは、ものすごくエネルギッシュな話し方をする人。ずっと手を動かしながら早口でどんどん話を進めていく。
  ただし、その内容は非常に理路整然として、わかりやすい。しかも、ユーモアたっぷりである。
  話にぐんぐん相手を引き付けていくタイプで、オーケストラのメンバーにもこういう態度で接しているんだろうな、と思わせる。きっと、みんなに好かれるキャラクターなのだろうう。
  それがさまざまなオーケストラからオファーされる理由かもしれない。
「コロンビア人は、リスクを恐れないんだ。楽な人生は選ばない。ちょっとやそっとの困難にはめげず、果敢に挑戦していく気質なんだよ」
  このインタビューは、「音楽の友」他に書く予定になっている。
 インタビューが終わったとき、「僕の話、こんな内容で大丈夫? またいろいろ聞きたいことがあったら、いつでも話を聞きにきてね」といわれた。こんなことをいってくれる指揮者はなかなかいない。本当にナイスガイだ。
  もちろん、記事は音楽のことを中心に書くことになるが、それ以外の話もたくさん聞くことができた。
  たとえば、大好きなのはチョコレート。それもビターなチョコではなく、ミルクチョコの方がいいとか。
「一番好きなのは、マカデミアナッツの入ったチョコレートなんだ。もうこれに目がなくて…」
  そこで私が「マエストロがマカデミアナッツ入りのチョコが好きだと記事に書くと、きっと次は楽屋にそのチョコレートが山ほど届きますよ」というと、こんな答えが戻ってきた。
 「あっ、僕ね、そういうの断らない主義なんで。どうぞどうぞ、書いて書いて」  
  これには、居合わせた全員が大爆笑。最初から最後まで、とても正直で楽しい性格を示してくれた。
  まだまだ指揮者としては若手。でも、オペラでもシンフォニーでも引っ張りだこの人気指揮者である。とても前向きでリスクを恐れないこの精神は、きっとこれからガンガンスター街道を突っ走っていくに違いない。次回の来日情報も、情報解禁になったら、すぐに紹介したいと思う。
  11月13日には、ウィーン・フィルの演奏を聴きに行く予定である。
  今日の写真は、インタビュー後の2枚。黒一色で決め、スニーカーも黒だった。

y3431_R.JPG
  
y3432_R.JPG

posted by 伊熊よし子 at 23:35 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス