ブログ

ロジャー・フェデラーの粘り

 世の中はワールドカップ一色だが、私はひそかにウィンブルドンで開催されている全英テニスを見て、ロジャー・フェデラーの優勝を願っていた。
 今回は体調もよく、準決勝までは快進撃を続けていたフェデラーだったが、決勝でノバク・ジョコヴィッチに敗れ、史上初の8度目の優勝という大記録達成を逃した。
 それにしても、フェデラーの粘りはすごかった。第1セットをなんとかもぎ取ると、第2セットと第3セットは逆襲されて奪われたが、第4セットを取り返して、5セット目に持ち込んだ。
 もう、夜中になってハラハラドキドキの連続である。
 フェデラーはサービスエースの連発で、29本も放ったが、ジョコヴィッチはこれに耐え、すばらしいリターンで終始試合をリードした。
 最後は、フェデラーのシングルバックハンドがネットにかかり、終わりを告げた。
 3時間59分というすさまじい試合を展開し、両者は絶対に最後まであきらめないという気迫のすごさを見せつけ、人々の記憶に残る試合となった。
 ジョコヴィッチはトロフィーを掲げながらうれし涙を隠せず、フェデラーは悔し涙を必死でこらえていた。 
 試合後の記者会見で、フェデラーは「5セットマッチができるなんて、驚きだ。すばらしい試合で、非常に楽しめた」と語っていたが、内心悔しくて悲しくて残念で、号泣したい思いだろう。きっと、彼特有の負けん気がそういわせたに違いない。
 しかし、すごい試合だった。
 ロジャー、その悔しさを8月の全米オープンで払拭してね。いまの調子だったら、絶対に大丈夫!!
 さて、ワールドカップはいよいよベスト4が出そろい、ヨーロッパと南米の戦いとなった。
 今回はキーパー・フリークの私にとって、とても個性的で好セーブのキーパーが多く登場しているため、毎試合胸が高鳴る。
 これまでの見たキーパーでは、ドイツのマヌエル・ノイアー、イタリアのジャンルイジ・ブッフォン、アメリカのティム・ハワードらベテラン勢の健在ぶりは想定内だったが、新たな才能をたくさん見つけてしまった。
 なかでもメキシコのギジェルモ・オチョア、コスタリカのケイラー・ナバス、スイスのディエゴ・ベナーリオ、ベルギーのティボー・クルトワ、フランスのユーゴ・ロリスは「キーパーはこうでなくっちゃ」と興奮するほどのセーブを見せてくれ、サッカーの醍醐味を味わわせてくれた。
 ただし、私の応援したキーパーは、みんな敗れてしまった。
 いよいよ正念場を迎えるワールドカップ。テニスに続いて、また寝不足になるのが、困るんだよねえ(笑)。
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー

サッカーとテニス

 土日はサッカーとテニスで、一喜一憂の時間を過ごしている。
 スペインが大敗を喫し、大きなショックを受けているところへ、友人から電話が入り、「優勝を予想していただろうに、残念だったねえ」とひとこと。
 さらに日本が苦戦して、初戦を勝ち切ることができなかった。
 世の中は、もうサッカー一色だろうが、私はテニスが気がかり。
 ようやくいま、ロジャー・フェデラーがハレの大会で優勝を遂げた。でも、彼は幼なじみのマルコ・キュードネリと組んでダブルスも決勝まで進んでいるため、この直後にダブルスの決勝が組まれている。
 もちろんハレの大会は250ポイントの試合ゆえ、テレビ放映はない。準決勝のフェデラーと錦織圭との試合だけは、放映されたが…。
 私はライヴスコアをながめて、エールを送るしかない。
 それにしても、ディフェンディングチャンピオンのスペインの試合は、想像を絶するものだった。
 電話でいろんな人とサッカー談義をしていると、それぞれとてもユニークな意見をもっていて、話が尽きない。
 しばらくは、ワールドカップの話題で明け暮れるのだろう。だれも、テニスの話なんか耳を傾けてくれないしね。
 さて、ロジャーの単複両優勝を願って、ライヴスコアを見ることにしましょうか。
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー

スポーツ観戦

 ふだんから、テレビでスポーツ観戦をするのが好きだ。
 ひとつの原稿が終わると、いま何をやっているのかなと、スポーツチャンネルを見て頭を切り替え、リラックスするのが習慣となっている。
 さて、いよいよワールドカップが始まる。でも、私はテニスファンなので、ウィンブルドンも迫っているから大変だ。
 6月はあれこれ観戦して、応援しなければならない。
 すべては時間との勝負。私はスポーツはライヴで見るべきだと思っているため、ビデオに撮っておいてあとで見るというのは、できる限り避けたい。
 とはいえ、時差があるため、どうしてもライヴで見るのは困難な場合が出てくる。サッカーにテニス、う?ん、時間がないなあ。
 でも、始まってしまうと、すぐに誘惑に負けて、仕事がどこかにいってしまう。こりゃ、あかんなあ。これからの締め切りは、要注意だ。
 昨日は、ワールドカップの各国の選手から監督、対戦相手、見どころまで掲載された雑誌を購入。すごくこまかく出ているので、これ1冊あれば、なんでもわかる。
 私はキーパーフリークなので、各国のキーパーに注目している。
 この雑誌を見はじめたら、時間が経つのを忘れてしまった。それほどいろんな選手がいて、おもしろい。
 ワールドカップをナマで観戦したのは、もうかなり前のこと。フランス大会のフランス、クロアチア戦だから、1998年だったっけ。なつかしいなあ。あの興奮はいまだ忘れることができない。
 いまは、ロジャー・フェデラーがウィンブルドンの前哨戦として、ドイツのハレ大会に出ている。さて、それも気になるし、やはり6月はとてつもなく忙しいなあ(笑)。
 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス