ブログ

全米オープンテニス

 今年最後のグランドスラム、全米オープンテニスが始まった。
 ロジャー・フェデラーがひざの故障で半年間の休養に入り、この大会も欠場しているため、ちっとも興味が湧いてこない。
 以前、あるアーティストにインタビューをしたとき、ブラジルのレーシング・ドライバー、アイルトン・セナが好きで、レースをずっと観戦していたが、1994年に亡くなってからは、まったくレースに興味がなくなってしまったと語っていたことを思い出す。
 やはり、自分の応援しているアスリートがいないと、その大会は遠い存在になってしまうのだろうか。
 オリンピックが終わり、本当なら全米オープンにかじりつきたいところだが、どうもトーンダウンしている。
 もっとも、仕事が山積みゆえ、テレビ観戦どころではないから、ちょうどいいのかもしれない。
 なんだか、寂しいが…。
 ニューヨークは時差の関係で、ライヴ中継を見ようと思うと、当然のことながら寝不足になる。
 まあ、ときどきのぞいてみる程度でいいかな。
 これはきっと、仕事をしろということなのかもしれない。
 とにかく、ロジャー・フェデラーの一日も早くひざが回復することを願ってやまない。来年は、初頭から試合に復帰することを宣言しているため、治療の効果は上がっているのだろう。それを楽しみに待つしかない。
「私はスーパーストロングになって戻ってくる」
 フェデラーはこう語っている。たのもしいじゃないですか。
 私はひたすらこのことばを信じて、待っている。ファンとは、そういうものなんですね。
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー

フェデラーとワウリンカ欠場

 もうすぐリオ・オリンピックが始まる。
 私はテニスをとても楽しみにしていたが、スイスのふたり、ロジャー・フェデラーとスタン・ワウリンカはけがのために欠場となってしまった。
 フェデラーはひざの手術の経過がよくないらしく、今シーズンのすべての試合の欠場を表明、リハビリに励むことになった。
 ワウリンカも先ごろ、オリンピックに参加できないことを発表、これでスイスは大きな戦力を失ったことになる。
 フェデラーはワウリンカと組んで北京オリンピックのダブルスで金メダル、ロンドン・オリンピックはシングルスで銀メダルに輝いている。
 リオではシングルス、ワウリンカとのダブルス、マルティナ・ヒンギスとのミックス・ダブルスに出場する予定で、当初は大きな話題となったが、すべてがなくなってしまった。とても残念だ。
 オリンピックというのは、みんな自国の選手を応援するものだから、私のように他国の選手に注目しても、テレビ放映はかなわない。観ることができないから、結果だけを調べることになる。
 それにしてもサッカーの日本の最初の相手、ナイジェリアは、リオに到着したのだろうか。
 これからいろんなニュースが日々入ってくるに違いない。
 スポーツ観戦の大好きな私は、仕事をにらみつつ、いろんな競技を見たいと思っている。
 今日の段階では、まだ聖火の最終ランナーが発表されていない。サプライズがあるそうだが、いったいだれなのだろうか…。
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー

安曇野の野菜

 先日、松本の親友のTちゃんが送ってくれた安曇野の野菜は、箱を開いた途端、春の香りがフワーッと広がった。
 クレソン、こごみ、ふゆ菜、せり、ふきのとう、カンゾウ、乾燥きくらげ、巨峰レーズン(干しぶどう)、ミニトマトがびっしりと詰まっている。
 早速、野菜をながめながら、レシピを考える。こういう時間が、最高なんだよね。
 清らかな水で育ったクレソンは、マッシュルームとともにサラダにするのが一番だ。上質なエクストラ・バージン・オリーブオイルとホワイト・ワイン・ビネガーがあればばっちり。ここにちょっと巨峰レーズンをプラスしてみよう。
 ふゆ菜はおひたし、ごまあえ、卵とじに向いている。
 こごみとふきのとうは、なんといっても天ぷらだ。
 カンゾウは、酢みそ和えにしようかな。
 いろいろ考えているうちに、せりのおいしいレシピが浮かんだ。春のやわらかいごぼうと豚ひき肉を炒めて味付けをし、炊いたごはんに混ぜ、最後にせりを散らすという炊き込みごはんである。
 これは、明日、材料を仕入れて、作ってみようと思う。
 今日も、朝から晩まで単行本のことでいろいろこなさなければならないことがあり、あっというまに時間が過ぎてしまった。
 夜になって、モンテカルロで行われているATPテニスツアー1000を観戦したが、ひざの手術明けのロジャー・フェデラーは、残念ながらベスト4には進めず、ジョー・ウィルフライ・ツォンガに敗れてしまった。
 どうも今日の試合は集中力に欠け、ミスが多かった。まだ万全ではないようだ。
 さて、明日はサントリーホールにマウリツィオ・ポリーニを聴きにいく予定である。久しぶりに聴くポリーニ、非常に楽しみだ。
 今日の写真は、安曇野から届いた春の野菜。以前、松本の老舗のかごやさんで購入したかごに入れてみた。あらら、入りきらないほどだ…。

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス