ブログ

ベルリン出張

 ベルリン・フィルと樫本大進の取材のためベルリンに出張することになり(家庭画報)、そのスケジュールの詳細が決まった。23日から29日までの1週間で、リハーサル、コンサート、記者会見、周辺取材などが組まれている。
 出発まであと数日しかないため、いつものようにドタバタ状態が始まった。
 日曜日までの4日間、原稿締め切りに加え、雑誌の打ち合わせ、コンサート、インタビューなどが入っている。
 さて、どうしたものか。まず、何から手をつけようか。
 ここのところ、毎日の気温変動が著しいため、まわりでは結構風邪を引いている人が多い。出張前に風邪を引いたら大変だから、食事と睡眠はきちんととらないとね。
 でも、どうしても仕事が夜中までかかるし…。いかに自己コントロールをするかにかかってくる。
 先日、久しぶりに体重計に乗ったら、3キロ太っていた。「エーッ、どうしよう。ずっとパソコンに向かってばかりで運動していないせいか、ストレスがたまっておやつを食べすぎたせいか。こりゃ、大変だ。おやつをやめて、からだを動かさなくっちゃ」。
 こう決心して、スイーツは遠ざけた。そして駅ではエスカレーターに乗らず、ひたすら階段を利用するようにした。気は心で、少しは効果があるかも。
 さあ、あと4日である。すべての原稿を仕上げなくっちゃ。
 
posted by 伊熊よし子 at 22:16 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

沖縄出張

 明日から29日まで、1泊2日の予定で沖縄に出張する。辻井伸行の「家庭画報」の連載記事の取材である。
 その前に、締め切りが重なっているものをなんとか奮闘して済ませ、出張の準備もしなければならない。
 いつものことだが、出張前はドタバタである。
 沖縄は国内とはいえ、飛行機の出発時間が早朝のため、明日は4時起きで出かけなくてはならない。朝の苦手な私は、どうなることかと、内心ひやひやである。
 それでは、南国の美しい写真、いっぱい撮ってきますね〜。
posted by 伊熊よし子 at 21:52 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

週末は大忙し

 2月は短いため、すぐに月末になってしまう。
 2月下旬は雑誌の打ち合わせやレコード会社の方たちとのランチミーティングが相次ぎ、土曜日には日帰りで長野市芸術館にNCAC音楽大学の講義に行き、週末はたまっていた雑誌の原稿とCDのライナーノーツ、マネジメントから依頼されたプログラム原稿などを書き、あっというまに週が明けてしまった。
 この間、オリンピックではスケートのマススタートやカーリング女子の活躍があり、手に汗握る思いで観戦した。仕事ばかりしていてはせっかくの週末がもったいないし、女子選手たちのすばらしい活躍は、元気を与えてくれるものだから。
 実は、今回のNCAC音楽大学の講座には、多摩地方から参加してくれた人がいた。「ブログのファンですが、伊熊さんのナマの講座をぜひ聞きたくて」と、わざわざ長野まで来てくれたのである。
 こういう人に出会うと、これまでやってきたことがまちがっていなかったという気持ちが強くなり、講義にも力が入る。
 ただし、この講座は次回の3月31日の第6時間目で終わりである。
 さて、新しい週になったが、3日間ですぐに3月になってしまう。早いよねえ。
 今日の写真は、先日レコード会社の方たちとランチミーティングの際にいただいた赤坂・津々井の一日限定15食のランチ定食。いろんなおかずがこれでもかと入っていて、大満足。さすが「お箸でいただく、にっぼんの洋食」というお店の自信作である。

y2088_R.JPG
 
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 18:32 | ああ愉しき(?)、締切り地獄
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス