ブログ

ネマニャ・ラドゥロヴィチ

 9月18日から22日まで5日間、ニューヨークに出張することになった。なか2日のタイトな取材日程である。
 その前に、いま抱えている原稿をすべて入稿していかなくてはならない。
 ここ数日、朝から晩まで原稿とにらめっこの日々だが、ようやくいま、ネマニャ・ラドゥロヴィチの10月来日公演のプログラム原稿が終わった。
 ネマニャは大変な人気で、すべてのコンサートが完売だそうだ。すごいねえ。
 彼は常に新たな自分を発揮するべく、こだわりのプログラムを携えてくる。
 今回はピアニストのロール・ファヴル=カーンとの共演で、サン=サーンス「死の舞踏」、フランク「ヴァイオリン・ソナタ イ長調」、ドビュッシー「ヴァイオリン・ソナタ」、ショーソン「詩曲」、ラヴェル「ツィガーヌ」というプログラム構成だ。
 ネマニャについて、演奏について、曲目解説という内容で原稿を仕上げた。
 まだ、出かける前に何本か残っている。
 でも、明日はフジテレビに「東芝グランドコンサート2019」のソリストのひとり、アラベラ・美歩・シュタインバッハーの電話インタビューに出かけなくてはならない。
 こうなったら、いかに効率よく仕事をこなすかということを考えなくてはね。
 でも、なかなかそれがうまくいかないのが現実。だれか、原稿がサーッと素早く書ける術を教えてくれないかなあ。
 今日の写真は、以前インタビューしたときに撮影させてもらったネマニャのヴァイオリン。ケースにいろんな物が入れてあって、おもしろかった。

Y37_R.jpg
posted by 伊熊よし子 at 22:58 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

シーズンに向けて始動

 猛暑の最中だというのに、はや秋からのシーズン始動の様相を呈している。
 原稿依頼、取材依頼、出張依頼が、みんなシーズンに先駆けて入ってきているのである。
 さて、どうやってスケジュールを組み立てていこうか。またまた体力勝負の秋となりそうだ。
 ひとつずつノートに書き留め、仕事が重ならないように順序を考え、自分にできる範囲で引き受け、頭のなかを整理していかなくてはならない。
 私は一度にふたつのことができないため、常にひとつずつじっくりとこなしていくことになる。これは一見すると効率が悪いように思えるが、けっしてそうではない。
 一度にひとつのことしかできない人間にとって、ひとつずつ仕事を片付けていくのは、理にかなっている。ひとつ終われば、そのことはきっぱり忘れ、新たな気持ちで次に進めるからである。
 というのは、まあ器用な人から見ればいいわけのように聞こえるかもしれないが、私のように不器用な人間にはそれ相応のやり方があるのだ。
 長年、この方法で仕事と取り組んできたから、いまさら方向転換するわけにはいかない。
 さて、今日もひとつの原稿を書き終えたから、このことはもう頭のなかから追い出して、次なる原稿に気持ちを向けようっと。
 
posted by 伊熊よし子 at 22:28 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

特集の校正

 ようやく先日からとりかかっていた「家庭画報」の特集の校正がすべて終わり、連休は久しぶりに京都に行くことができる。
 今週は、打ち合わせも相次ぎ、先日は秋の海外出張の打ち合わせがあった。なんと、今年は出張が重なる年であろうか。
 初めてお会いするKさんだったが、お互いに同じクラシック業界に長くいるためか、知っている人の名前も次々に飛び出し、楽しいひとときを過ごすことができた。
 Kさんとは、共通の仕事仲間とともに飲みに行く話もあっというまにまとまってしまった。こういう話は早いんだよね。
 さて、明日は早く起きて新幹線に乗らなくてはならない。京都は38度もあるそうだから、帽子、サングラス、日傘ももっていかなくちゃ。
posted by 伊熊よし子 at 23:38 | ああ愉しき(?)、締切り地獄
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス