ブログ

来日ラッシュと原稿締め切り

  ここ1週間は、来日ラッシュでコンサートとインタビューなどが続き、原稿の締め切りも重なり、てんやわんやの状態である。
  ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー歌劇場の来日プログラムは「チャイコフスキー フェスティヴァル2019」と題し、11月30日から12月7日までオペラとシンフォニー、コンチェルトがぎっしり詰まっている。
  11月30日には「スペードの女王」、12月2日には「マゼッパ」を聴きに行った。両方ともゲルギエフの選んだ実力派の歌手が勢ぞろい。加えてオーケストラと合唱がこれまたすごい迫力。この2本のオペラに関しては、「公明新聞」に公演評を書く予定になっている。
  そして今夜は、アイスランド出身の個性派ピアニスト、ヴィキングル・オラフソンのリサイタルを聴きに紀尾井ホールに出かけた。ヴィキングルに関しては、これまでいろんなところで紹介してきたが、ナマで聴く彼の演奏はまさに衝撃。ブレない演奏というのは、こういうものなのだろう。ラモーを弾いても、ドビュッシーを弾いても、ムソルグスキーを弾いても、まったくこれまで聴いた演奏とは異なる魅力を発している。
  破格の才能の持ち主だということが理解できた。
  ヴィキングルについては、またゆっくり書きたいと思う。
  こうしたコンサートの合間に、ブログにも書いたアレクサンドル・タローのインタビューがあったり、「音楽の友」の小林沙羅の取材があったり、プログラム用の辻井伸行のインタビューがあったりと、土曜日も日曜日も仕事仕事。ちょっと疲れ気味である。もちろん、原稿締め切りが重なっているため、それらを集中してこなさなくてはならない。
  さて、もう12月に入ってしまった。これからしばらくすると年末入稿の季節がやってくる。
  それには体力を整えておかないと、途中で息切れしてしまう。というのをいいわけに、夜遅くなってから食べるから、この時期は変に太るんだよね。でも、食事制限をして体力が落ちると、風邪をひいたりするしね。
  この悪循環、なんとかならないものだろうか…。
  
posted by 伊熊よし子 at 22:43 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

海外出張

 明日から14日まで、取材で海外出張に出かけることになった。
 いつもながら、出張前はドタバタの状況だ。
 日曜日の深夜に自宅に戻るため、その間の原稿と週明けの原稿を事前に入稿していかなければならない。
「帰国してから、原稿を送るから」 
 というと、大抵の編集者はイヤーな顔をする。
 そりゃそうだよね。出張から戻ったときに、すぐに平常業務に戻れるという保証はないし、時差や気温差でからだはボロボロになっているかもしれないから、原稿が書ける状態ではないかもしれない。
 というわけで、みんなから「出張に出かける前に入れてください」と、いわれることになる。
 やれやれ、そんなわけで出かける前からもうクタクタである。
 明日は、なんと成田エクスプレスの始発に乗るという、夜型の私にとっては大変な時間帯である。
 旅に出るというのは、こういうものなんだよね。
 さて、そろそろ荷物のパッキングをしましょうか。それでは、14日の深夜に戻ります。
posted by 伊熊よし子 at 21:00 | ああ愉しき(?)、締切り地獄

単行本の追い込み

 いま、単行本の最終的な原稿の推敲を行っている。
 本当は年末にすべての入稿を済ませるはずで、2月発売ということだったが、諸般の事情から4月上旬発売に延期となった。
 というわけで、いまがねじり鉢巻きの時期。なんとか全部の原稿を書き上げたものの、読み直すたびにもっと直したくなり、ちっとも終わらない。
 納得がいかないものを入稿するわけにもいかず、頭を悩ませている。どこかで「エイッ」と区切りをつけ、英断しなくてはならない。
 明日は、編集担当者との最終的な打ち合わせがある。これで決めなくちゃ…。
 さて、明日だ、明日。ここが正念場となりそう。
posted by 伊熊よし子 at 22:50 | ああ愉しき(?)、締切り地獄
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス