ブログ

醍醐寺

  世界文化遺産に登録されている京都の醍醐寺は、いま紅葉の真っ盛りである。

y3456_R.JPG


  醍醐寺は広大な敷地のなかにいくつもの見どころが点在し、伽藍エリア、霊宝館エリア、三宝院エリアに分かれている。
  いまは紅葉の美しい季節ゆえ、観光客が多く訪れているが、なにしろ広いため、あまり混雑している感じがしない。
  五重塔も、金堂も、三宝院の庭園も、ゆっくりながめることができ、命の洗濯をするようだ。

y3455_R.JPG

y3453_R.JPG

y3463_R.JPG

  もちろん、時間をかけてゆっくり五大明王像などたくさんの仏像と対峙したあとは、おなかがすいてくる。
  そこで、境内のとてもながめのいい位置にあるフレンチ・カフェ ル・クロスゥル スリジェに寄り、薬膳カレーをいただいた。薬膳スープ付で、とてもヘルシーである。

y3447_R.JPG

  緑豊かな醍醐寺を散策していたら、眼精疲労が少し和らいだ気がした。
  
posted by 伊熊よし子 at 22:33 | ゆったりまったり京都ぐらし

時代祭

 例年、時代祭は京都の誕生日にあたる平安遷都の日、10月22日に行われている。
 しかし、今年は即位礼の日と重なったため、10月26日に開催された。
 この日は土曜日ゆえ、観に行くことができた。
 時代祭の行列は京都御所の建礼門前行在所を12:00に出発し、烏丸丸太町や東山三条を経て、平安神宮に14:30に着く。
 およそ20列、2000余名の大行列で、牛馬は70頭あまり。
 今回は烏丸御池の近くで観ることができたが、いずこも人、人、人の大混雑。
 都大路に繰り広げられる時代風俗絵巻は、やはりナマで観ると迫力と存在感が違う。
 今日の写真は、その一部。
 でも、今回感じたのは、やはり道路で写真を撮っても、あまり美しくない。自然のなかを練り歩く様子を撮るべきだと痛感。
 次回はぜひ、京都御所か平安神宮で撮りたいものだ。

y3261_R.JPG

y3262_R.JPG


y3263_R.JPG

y3427_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:09 | ゆったりまったり京都ぐらし

SAVORY(セイボリー)

 私が今日の仕事部屋に行くと、必ず寄るお店が烏丸御池にあるスーパー、八百一本館である。
 ここは野菜もお肉もお魚も、すべての食材がさまざまな土地から仕入れたこだわりの品々。2階はワインや雑貨を販売している。
 その3階にあるのが、レストランSAVORY(セイボリー)。八百一と神戸の「コムシノワ」がコラボレーションしたお店で、目の前に六角農場という畑が見えるレストランである。
  メニューは新鮮な野菜をふんだんに使用したもので、パスタも肉料理も魚料理も、シェフが腕をふるった芸術的なお料理が並ぶ。
  いずれも味付けがごく自然で、素材を生かしたもの。余分なものは何も加えていない感じで、胃にやさしい。しかも、とてもリーズナブルである。ここは強調しておきたい!
  今日の写真はそんなレシピの数々。デザートも、「これでもか」というくらいフルーツがふんだんに使われていてびっくり。でも、別腹別腹、完食しちゃうもんね(笑)。
  京都のレストランは「値段が高い」「混んでいる」「敷居が高い」と思われているかた、ぜひお試しくださいな。

y3393_R.JPG

y3398_R.JPG

y3394.JPG
  
y3400_R.JPG
  
posted by 伊熊よし子 at 22:19 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス