ブログ

京都コンサートホール

 京都コンサートホールは地下鉄烏丸線の北山駅から徒歩5分ほどのところに位置し、京都府立植物園に隣接しているため、緑豊かなとても美しい場所にある。
 今日は、以前から親しくしているNさんの紹介で事業企画課のTさんとお会いし、おふたりに今秋のコンサートや音楽祭の内容、プログラム、アーティストのことなどを聞いた。
 私が京都に仕事部屋をもってから、この土地でクラシックをなんとか広める方法がないかと模索しているなか、まず京都コンサートホールのNさんとお話をして、今回はTさんにもお会いすることができた。そして、以前は東京で仕事をしていたSさんが同ホールに移られたことを知り、久しぶりに彼女にも会うことができた。
 京都コンサートホールは、今後さまざまなバラエティに富んだコンサートを企画しているが、なかでもドビュッシー没後100年を記念し、10月から11月に開催するこの作曲家にまつわる3公演がアイデアとして際立つ。会場は510席のアンサンブルホールムラタで、内外の実力派アーティストの演奏が組まれている。
 第1回は10月13日。「ドビュッシーの“ド”から“シ”まで」(これでドビュッシーはOK」初心者から専門家まであらゆる人に捧げるドビュッシーの“ド”から“シ”!)。第2回は11月10日。「ベル・エポック〜サロン文化とドビュッシー〜」(ドビュッシーを、もっと!」一歩進んで、パリのサロン・コンサートを体験!)。第3回は11月23日。「ドビュッシーが見た風景」(ドビュッシーが見た風景を追体験するピアノ・リサイタル)。
 このほか、いろんな企画や今後の抱負なども聞き、ぜひ次回はこのホールで演奏を聴きたいと思った。
 私は、京都には午前中の新幹線で行き、厳選した神社や寺院を回り、おいしいランチをいただき、夕方はコンサートホールに足を伸ばし、身も心も豊かになる旅を提案したいと常々思っている。
 いま、新幹線で東京駅から京都駅までは、2時間18分で行くことができる。観光だけではなく、美食とクラシックを組み合わせれば、とても有意義な1日が過ごせると思うのだが、いかがだろうか。
 今後は、また京都コンサートホールの方たちとミーティングの場をもち、いろいろアイデアを出し合いたいと思っている。せっかくSさん、Tさん、Nさんと知り合えたのだから、この出会いを大切にし、さらに前向きに情報交換をし、いい方向に進むことができればと願っている。
 京都コンサートホールに関しては、これから徐々にいろんな情報を展開していくつもりである。ぜひ、「京都でクラシックを」。
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:47 | ゆったりまったり京都ぐらし

志津屋 カルネ

 いま、京都で大人気のお土産が、パン屋さんの志津屋の「カルネ」である。
 テレビで紹介されたら大ブレイクしたそうで、京都駅の新幹線乗り場のお土産店が並ぶところにある志津屋でも、山盛りになって売っている。
 これはちょっと硬めのウィーンのツェンメルに似たパンの間に、ハムとたまねぎのスライスがはさんである、とてもシンプルなパン。お店こだわりのマーガリンが薄く塗られ、ひとつ190円というリーズナブルな価格だ。
 京都といえば、京菓子などをお土産にする人が多いが、会社の出張などでその日に会社に戻る人は、みんなに配るのにとても便利。多分、嫌いな人はいないのではないだろうか。
 私もついつい買って、新幹線のなかでペロリと食べてしまう。
 今日の写真は、その「カルネ」。一度は食べてみたいと思うでしょ(笑)。

y2052_R.JPG

y2053_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:16 | ゆったりまったり京都ぐらし

とらや京都一条菓寮

 京都の冬は寒い。寒いというより、顔が痛い感じだ。冷気が肌に突き刺さってくる。
 こういう時期は、仕事部屋で原稿書きに疲れたら、温かいものを食べにいきたくなる。
 まず頭に浮かぶのは、おいしいぜんざい。近くに「とらや京都一条菓寮」があるため、そこに出向く。

y2036_R.JPG

 でも、ここはいつ訪れても人でいっぱい。お店のなかに入り、椅子にすわって待つこと30分余り。
 寒くない場所で待っているから、多少の時間は大丈夫だ。
 ここはテーブルがゆったりと配置され、冬以外はテラス席も気持ちがいい。

y2035_R.JPG

 お薦めは、お汁粉(小倉あん)といそべ餅。おいしいほうじ茶と一緒にいただくと、からだの芯から温まる。

y2033_R.JPG

y2032_R.JPG

 こういうリラックスできるお店が近くにあると、とても助かる。
 原稿書きは、頭も疲れるけど、からだももちろん疲弊する。ずっと同じ格好をしているため、筋肉がかたまってしまうし、むくみも起きる。
 こういうときは、とにかく外を歩いて、甘いものを食べにいくのが一番。寒さもなんのその、おいしい和菓子系のものがあれば、その引力は強い。だから冬は太るんだよね。
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:45 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス