ブログ

菊池洋子

 ピアニストの菊池洋子に会うのは、本当に久しぶりである。
 彼女がJ.S.バッハの「ゴルトベルク変奏曲」(エイベックス)を録音したと知り、インタビューに出かけた。
 久しぶりに会ったためか話が弾み、時間が足りないほどだった。
 この記事は、次号の「intoxicate」に掲載される予定である。
 もちろん話の中心は「ゴルトベルク変奏曲」に関してだったが、そこからいま暮らしているウィーンの話へと話題が移った。 
 彼女は2023年3月、ウィーン国立音楽大学の主任教授クリストファー・ヒンターフーバーのアシスタントプロフェッサーに就任し、いまは各国の9名の生徒を教えているという。
 この職を得るためにオーディションがあったそうだが、その対応力の速さと決断力に脱帽する思いだった。
 昨年9月にウィーンで演奏会があり、そのときにたまたまこの職の募集を見つけた。そしてすぐに応募し、4カ月の試験と実践を経て、無事に契約にこぎつけたのだそうだ。
 それも非常に幸運に恵まれていると思うが、住居もまた、ラッキーとしかいいようがない。
 バーデンの手前にあるお宅で、2階に以前ピアノ教授をしていた祖母の部屋があるということで、その部屋の住人を探していたため、ここもすぐに決まったのだという。
 とても親切な家族で、さまざまなサポートをしてくれるそうだ。
 これからはウィーン在住で、地に足の着いた生活ができると歓びの表情を見せていた。
 この話には、とても勇気をもらえた。何でも迷うことなく挑戦し、前に進む努力をすることが大切だと彼女は教えてくれた。
 「ゴルトベルク変奏曲」のリサイタルは、7月から8月にかけて各地で開催され、8月4日にはサントリーホールブルーローズで行われる。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。「私、ラルフ・ローレンが好きで、今日は上から下まで全部ラルフ・ローレンです」と笑っていた。

y4427.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:19 | 日々つづれ織り

飯野明日香

 現代音楽から古楽器のフォルテピアノまで、幅広いレパートリーをもつ飯野明日香が、「エラールの旅」という全3回のシリーズをサントリーホールのブルーローズで開催している。
 その最終回が5月20日に行われることになり、その話を聞くためにインタビューに出かけた。
 彼女はパリとブリュッセルで学び、さまざまな音楽家との共演も経て、いま自分がもっとも演奏したい作品は何かと自身に問いかけ、その思いをプログラムに投影させているという。
 今回は「エラールという楽器」と題し、この楽器が歩んできた歴史と足跡をたどり、日本のサントリーホールに保存されるまでの道のりをたどりながら、ベートーヴェン、リスト、ラヴェルに日本の作品を加えて個性的な選曲を披露する。
 このインタビューは、次号の「音楽の友」に紹介される予定である。
 インタビューは各々の作品とエラールとの関連性から始まり、現代作品への熱き想い、それらの作曲家との交流まで広がり、最後は「世界一周旅行をしたい」という夢まで語ってくれた。
 当日、演奏されるのは1867年製のエラール。この歴史的名器がいかなる響きを生み出すか、興味は尽きない。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。まだまだ時間が許せば、いろんな話が聞けそうだった。また、次回を楽しみにしたい。

 y4401.JPG

posted by 伊熊よし子 at 16:30 | 日々つづれ織り

亀井聖矢

 ここ数年、我が国からは国際ピアノコンクールの優勝者、入賞者が数多く誕生し、ピアノ界は活況を呈している。
 2022年、ロン・ティボー・クレスパン国際コンクールのピアノ部門で優勝した亀井聖矢も、いま注目されているピアニストである。その彼に、インタビューを行った。
 これは8月26日、27日に横浜赤レンガ倉庫特設会場で開催される「STAND UP! FESTIVAL`23」に出演することが決まり、その話を聞くためである。
 この野外会場での演奏に対する思いを聞くことはもちろんだが、コンクールに関することや、これまでの歩みなども含めて質問し、さまざまな話題が登場した。
 亀井聖矢は2022年にマリア・カナルス、ヴァン・クライバーンとロン・ティボーと3つの国際コンクールに挑戦している。
「最初は、全部優勝するつもりで受けたんですよ。結果としてはロン・ティボーの優勝だけでしたが、あとのふたつの経験を活かしてようやく精神的に落ち着き、自信をもって演奏することができたのです」
 彼は、いかにコンクールで自分のふだんの実力をすべて発揮することが難しいかを語った。私も以前は数多くの国際コンクールを取材しているため、この気持ちはよく理解できる。
 そして、2025年に開催されるショパン国際ピアノコンクールを受けるために、いまからショパンのレパートリーを増やし、リサイタルで演奏して実力を磨き、「ぜひ、いい結果を出したい」と胸の内を吐露した。
 こういう前向きな精神に貫かれ、ショパン・コンクールを受けると明言する人は、ぜひ応援したい。
 インタビューは、「express」に書く予定である。
 今日の写真は、2022年9月に録音した「VIRTUOZO」(イープラス)のジャケット。得意とするバラキレフの「イスラメイ」が収録されている。

 y4396.JPG
  
続きを読む
posted by 伊熊よし子 at 22:38 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス