ブログ

一気に仕事スタート

 まだ2019年の仕事が始まって1週間目なのに、すでに年末年始休暇はどこへやら、一気に電話やメールが押し寄せてきて、本格的に仕事がスタートした感じだ。
 インタビューの依頼、プログラム原稿の締め切り、雑誌の特集の校正、連載原稿の締め切りと、いつもながらのペースが戻ってきた。
 新譜を聴かなくてはならないものもたくさんたまっていて、仕事机のまわりはCDの山。さて、どこから手をつけたらいいものか…。
 お休みには、本をかなり読むことができた。これだけでもかなり肩の荷が下りた感じだ。書評などが進むからである。
 私は器用ではないので、目の前のことをひとつひとつ片付けて行かなくてはならない。一度にふたつのことができないのである。
 一日の始まりに、まずやるべきことをメモし、ひとつずつこなしていく。あれこれ同時にこなせる人は、うらやましい限りだが、私の場合はあれもこれもと手を出すと、いずれも中途半端になってしまう。
 さて、いまはインタビューのテープ起こしをすることが先決。これが終わると、原稿は一気に進む。
 明日から世の中は3連休である。私は単行本の原稿と格闘することになりそう。
 
posted by 伊熊よし子 at 23:28 | 日々つづれ織り

ビートルズのエレベーター

 先日、あるレコード会社を訪れたところ、エレベーターの扉がビートルズのアビーロードの写真になっていた。
 ジョンとポールのところがさっと開いて、乗るようになっている。
 さて、どちらに乗ろうか、みんな迷うんだろうな。
 でも、先に来た方に乗るのがふつうだから、迷うこともないか。
 こんなエレベーターに毎日乗れるなんて、この会社はなんて遊び心に満ちているのだろうか。
 私は昔からビートルズファンで、今年の2月には念願かなって仕事でリバプールも訪ねることができたし、自分のなかではビートルズゆかりの土地や物に出合うと、なんだかなつかしさが蘇り、友だちとキャーキャー騒ぎながらビートルズの録音を聴いていたことを思い出す。
 もちろん、来日公演を聴きにいった貴重な体験もいまだ忘れることができない。
 このエレベーターの前で、私はしばし感慨にふけった。また、このレコード会社を訪ねたいな。
 今日の写真は、そのエレベーター。粋な感覚だよねえ。

y3199_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:17 | 日々つづれ織り

きょうだい会

 ウチは、半年に一度きょうだい会を行っている。
 姉、兄、姉、私の4人で、幹事は持ち回り。今回は下の姉の番だ。
 よく友だちに「お宅は仲がいいのねえ」といわれるが、けっして仲がいいわけではない。ちょっとしたことですぐに喧嘩が始まるし、気まずくなったりもする。
 でも、きょうだい会は続いている。
 今回は、お互いの家の経済的な話ばかりになった。ひとりがお金の話を始めると、次々にそれに呼応し、自分の家と他のきょうだいの家の事情をくらべ、話がどんどん広がっていく。
 まあ、これもきょうだいゆえの忌憚のない意見が行き交っているわけだから、罪がないか(笑)。
 いつも全員の真ん中の場所ということで、午前11時に新宿に集合し、ランチを食べ、お茶をし、早めの夕食まで食べて、午後8時半ころに解散となる。
 ただし、下の姉と私はそれからまた次のカフェへと繰り出し、結局11時ころまでおしゃべりをしている。なんと、12時間も一緒にいる計算になる。
「よく話す内容があるねえ」とみんなにいわれるけど、姉と私は「まだ話したりないねえ」と、いつもいいながら別れる。
 ホント、よく話があるよねえ(笑)。
 というわけで、半年後の4月には私が幹事だ。おいしいところを探さなくっちゃね。
posted by 伊熊よし子 at 22:44 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス