ブログ

新たな単行本

 4月から企画会議が重ねられていた単行本が、ようやく出版可能になった。
 これから出版社の担当者のKさん、編集プロダクションのSさんとともに綿密な打ち合わせを行い、どんな方向性を持つ本にするかを決めていかなくてはならない。
 今年は独立30周年だから、この数字にまつわるものを考えている。
 来週末、打ち合わせがあるため、それによって詳細が明らかになると思う。
 具体的な内容が決定次第、集中して原稿に取り組まなくてはならない。でも、9月中旬にはまた海外出張が入っているし、シーズンが始まると来日オペラやコンサートが目白押し。アーティストのインタビューも、すでに何本か入ってきている。
 そのなかで、どうやって執筆の時間を確保するかが問題だ。
 さて、8月もあと1日。気持ちを引き締めて9月を迎えなくっちゃ。
posted by 伊熊よし子 at 23:19 | 日々つづれ織り

出張の打ち合わせ

 今年は、本当に出張の重なる年である。
 先週またひとつ海外出張の依頼があったため、今日はその打ち合わせに先方の会社まで出かけた。
 詳細はまだ発表できないが、取材の内容は非常に興味深いものである。ふだんはなかなか取材ができない内容ゆえ、ぜひ全力投球で臨みたいと思う。
 しかし、なぜ今年はこんなに出張が続くのだろうか。実に不思議な年である。
 今年は独立30周年の記念の年だというのはいつもブログに綴っているが、考えてみると、独立した年に海外出張が7回あり、心身共にヘトヘトになったことを思い出す。
 今年はそれに匹敵する出張の頻度である。
 これに国内の出張も加わり、なんだか毎月あちこちに出かけているみたいで、周囲の人には「いいねえ、いろんなところに行けて」といわれるが、親しい家族や友人と遊びに出かけているわけではないので、常に緊張感を強いられたり、自由時間がなかったり、やはり遊びとはまったく異なる。
 でも、もう今年はこういう年なんだと割り切ることにした。年中、時差ボケで、なんとなくからだがシャキッとせず、集中力も欠如しているが、まあ仕方がない。
 というわけで、9月にシーズンが始まると、一気にスケジュールが加速しそうだ。体力つけなくちゃね。
 最近は、体力をつけるために少しでも多く食べて頑張らなくちゃと自分を甘やかしていたら、ウエストがきつくなってきた。あらら、こりゃ困った。下半身が重いゾ、ツケが回ってきたみたい(笑)。
 突然、ジョギングするわけにもいかず、こんな猛暑に走ったら倒れるし…。忙しくてジム通いもやめてしまったし、もうちょっと食事を考えないといけないな。
 要は暑いからといって冷えたビールを飲むのと、ジェラートをやめればいいんだけど、このふたつ、実に魅力的なんだよねえ。
 
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:11 | 日々つづれ織り

CDと資料の整理

 夏休み前に、京都の仕事部屋にもっていくCDと資料の整理を行っている。
 これがいつもながら大変な作業で、山積みのCDと雑誌や新聞や資料と格闘しなければならない。何カ月かたまると、もうわけがわからなくなり、片付けなくてはならない山を前に途方に暮れる感じだ。
 でも、いつかはやらなくてはならないため、この時期にまとめて行うことにした。
 いわゆる断捨離である。
 必要なもの、不必要なものと分け、袋や箱に入れ、捨てるものを決めていく。こういうときは、潔くやらなくてはならない。少しでも捨てることに躊躇すると、ただ時間ばかりが過ぎていくことになるからだ。
 暑いし、疲れるし、のどは乾くし、腰は痛くなるし、いいことはまったくない。
 あ〜あ、秘書業務をしてくれるロボットがいないかなあ。
 というわけで、夏休み前の原稿の入稿を抱えながら、片付けに追われ、あっというまに一日が過ぎてしまう。
 こういうときは、宇治で買ってきた麦茶パックを昔ながらの方法で煮出し、さましてからグイグイと飲む。この季節は麦茶に限る。のどの渇きが不思議なほど解消され、からだもピシッとするから。
 さて、また断捨離しますか。ホント、永遠に終わりそうもない感じ…。
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:04 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス