ブログ

上原彩子

  上原彩子が、2002年のチャイコフスキー国際コンクールのピアノ部門で優勝の栄冠に輝いてから、20周年を迎える。
  2月27日にはサントリーホールで「2大協奏曲を弾く! 」と題したコンサートが開催され、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番が組まれた。
  共演は、原田慶太楼指揮日本フィルハーモニー交響楽団。
  これはライヴ収録が行われ、5月18日にリリースされた(キングレコード)。
  実は、昨年「日経新聞」に記事を書くために、このコンサートにあたっての意気込みを彼女に聞いた。
  今回はコンサートが終わってからの様子を聞き、「CDジャーナル」に記事を寄せた。
  次号の「CDジャーナル」に掲載されることになっている。
  上原彩子は、自身の歩みをたどった書籍も出版している。その本にはこれまでのピアノとのかかわり、子ども時代から現在にいたるまでの音楽観から練習の様子、先生とのレッスン、作品についてなど、多岐にわたる内容が詰め込まれている。
  インタビューのときには、もちろん演奏やライヴ収録についてもこまかなことを聞いたが、この本についても聞いた。
  私は執筆はさぞ大変だっただろうと思ったのだが、練習や家事をすべて終えた夜中に、集中して書いたそうだ。
「文章をまとめてくださった、ひのさんから自由に書いてといわれたので、夜中に一気に書きました。そんなに大変ではなかったですよ。作品に関してのところも、自分が好きで弾いているものばかりですので、サーっと一気に書けました」
  これを聞いて本当にビックリした。
  私は日々時間がたりない、一気にサーっとなんかとても書けない、どうしたら速く書けるのだろうと試行錯誤を繰り返しているのに、おそれいりました、という感じだ。
  やはり集中力がハンパじゃないのね。あやかりしたいものです。
  今日の写真は、インタビュー中のワンショットと、出版された書籍の表紙。

y4263 (2)_R.JPG

y4267 (2)_R.jpg
  
posted by 伊熊よし子 at 17:36 | 日々つづれ織り

アリス=紗良・オット

 5月30日、今回のアリス=紗良・オットのリサイタル・ツアーの最終日がサントリーホールで行われた。
 それに先駆けてオンラインインタビューを行ったのは、すでに記事をアップしたが、今回の来日でもまた対面のインタビューを行うことができた。
 この記事は、「音楽の友」に2度に分けて書く予定になっている。
 リサイタルは映像を伴う新しい企画で、アリスは演奏の前後にトークを交えて今回の趣旨を説明。
 休憩なしの約70分の演奏だったが、私は彼女が元気に力強く演奏する姿を見て、そのことが一番うれしかった。
 インタビューでもことばを尽くして、さまざまなことを一生懸命話してくれた。
 公演評は「モーストリー・クラシック」にも書く予定にしている。
 今日の写真は、インタビュー時のアリス。イッセイ・ミヤケのシックな色の洋服がよく似合っていた。

y4234 (2)_Resize.jpg


posted by 伊熊よし子 at 23:39 | 日々つづれ織り

金子三勇士

 ピアニストの金子三勇士が、ベートーヴェンの「第九」をピアノで演奏するリスト編で、新たな録音を作り上げた。
 先日はそのライヴも披露している。
 その彼にインタビューした記事が、ユニバーサルのWEBにアップされた。
 ぜひ、読んでくださいね。

posted by 伊熊よし子 at 22:20 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス