ブログ

ベートーヴェンゆかりの家 1

  今年はベートーヴェン生誕250年のメモリアルイヤー。これを記念して国内外の多くのアーティストがベートーヴェンの作品をプログラムに組んだコンサートを予定していたが、いまはほとんどそれが行われていない。
  そこで、以前ヤマハのWEB「音楽ジャーナリストの眼」に書いた「ベートーヴェンゆかりの家」をプレーバックしたいと思う。少しでもベートーヴェンに近づいていただけたら幸いである。
  まず、交響曲第3番「英雄」を書いたといわれる「エロイカハウス」から(Doblinger Hauptstrabe92、1190Wien)。ここは現在、博物館となっており、見学可能である。ただし、2週間前までに電話で申し込むことが必要(tel +43 1 369 14 24)。
y379_R.jpg
  ベートーヴェンは1803年ここに移り、「英雄」とピアノ・ソナタ第21番「ワルトシュタイン」、ピアノ・ソナタ第23番「熱情」を作曲した。ウィーン市内の北方に位置するこの家は、当時ぶどう畑や牧草地が広がり、湯治場としての要素も備え、ベートーヴェンが愛する緑豊かな土地だった。
y380_R.jpg
  交響曲第3番「英雄」は、ハイドンやモーツァルトの影響から脱し、ベートーヴェン独自のスタイルを確立した交響曲で、従来このジャンルに見られなかった壮大なスケールと自由な楽想が特徴となっている。ベートーヴェンの交響曲でホルンが3本になったのはこの曲からで、特に第3楽章はベートーヴェンが書いたスケルツォ(3拍子の快活な曲)の最高傑作といわれ、中間部におけるホルン三重奏の野趣あふれる響きが印象的だ。
  これは有名な「ハイリゲンシュタットの遺書」を書いた直後の1804年に完成され、翌年の初演は作曲者の指揮によって行われている。 ベートーヴェンは耳が聴こえないという苦悩を吐き出した後、再び生きる勇気をもち、以前にも増して創造力を充実させていく。
   当初、楽譜の表紙には「ボナパルト」の文字が書かれ、革命の英雄ナポレオンに捧げられるはずだったが、権力を手に入れた彼に失望し、「ひとりの英雄のために」と書き換えられた。革命の寵児として登場したナポレオンがフランス皇帝として戴冠したという知らせを聞いたベートーヴェンは、その場で表紙を切り裂き、「彼もふつうの人間だった。多くの人権を踏みにじる独裁者になるだろう」と叫んだと弟子のリースは伝えている。
y381_R.jpg
  第1楽章から勝利を謳歌する力強い曲想がみなぎり、有名な第2楽章の「葬送行進曲」に続く。そして疾風のような第3楽章へと進み、息詰まるようなクライマックスを築く。
  この「エロイカハウス」にはベートーヴェンの遺品の数々が展示され、特に「英雄」の楽譜の「ボナパルト」の文字を荒々しく消した表紙が強い印象をもたらす。
  現在は、ヘッドホンでヘルベルト・フォン・カラヤンをはじめ名盤と称される録音を聴くこともでき、リアリティをもって「英雄」と対峙できる。
 y378_R.jpg  
  
posted by 伊熊よし子 at 20:59 | 麗しき旅の記憶

カラヴァッジョ展

  いま、大阪のあべのハルカス美術館で、「カラヴァッジョ展」が開催されている(2020年2月16日まで)。
  年末年始は京都の仕事部屋で過ごしているため、大阪まで足を伸ばした。東京開催がないからである。
  あべのハルカスは日本一の高さを誇る超高層複合ビルで有名になったが、その16階にあべのハルカス美術館はある。
  まず、入口で大きなカラヴァッジョの「法悦のマグダラのマリア」のポスターが出迎えてくれた。
  今回は、この絵の他に「リュート弾き」「聖セバスティアヌス」「悲嘆に暮れるマグダラのマリア」「歯を抜く人」「執筆する聖ヒエロニムス」「聖アガピトゥスの殉教」「洗礼者ヨハネ」などが展示され、カラヴァッジョと同時代の画家たちの作品も多数展示されている。
  カラヴァッジョは数奇な運命をたどった画家である。私は昔から大好きで、伝記や資料もずいぶん読んでいる。
  そして、海外に行ったときも、カラヴァッジョの絵がある土地だとわかると、いつも飛んでいく。
  年末ゆえ、大阪はものすごい混雑だったが、ちょうどランチの時間帯だったこともあり、美術館ではゆっくりひとつずつの絵と対面することができた。
  その後、せっかく来たのだからと大阪城を訪ねたが、ここも海外の観光客であふれていた。
  京都もそうだが、大阪もすさまじい人の波。でも、カラヴァッジョをじっくり見られたのはよかった。
  今日の写真は、「カラヴァッジョ展」の入口のポスター。それから大阪城の天守閣。

y3492_R.JPG

y3493_R.JPG
   
posted by 伊熊よし子 at 22:57 | 麗しき旅の記憶

九州出張

  今年5月、大分県竹田市のホール、グランツたけたでミッシャ・マイスキーのプレセミナーを行ったことは、以前ブログでも綴ったが、明日からまたその竹田市に出張することになった。
  今回は、5日に開催されるダン・タイ・ソンのリサイタルのプレセミナーでの講演である。
  音源を用意し、資料を整え、1泊の荷物を準備した。
  今週はとにかくドタバタの状態で、インタビューと取材が目白押し。原稿の締め切りも重なり、ちょっと疲労がたまっている。
  しかし、明日はお昼の飛行機ゆえ、午前中から出かけなくてはならない。
  グランツたけたのスタッフは、「またお会いするのを楽しみにしています」といってくれるため、疲れたなどとはいっていられない。
  なんとか体調をコントロールし、いいプレセミナーができるようにしなくては…。
  それでは、またグランツたけたの様子を写真とともに紹介します。
posted by 伊熊よし子 at 22:28 | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス