ブログ

シューベルトの生家

 いま、シューベルトの録音のライナーノーツを書いている。こうした原稿を書くうちに、私の脳裏には、シューベルトの家が浮かんできた。 
 昨秋、ウィーンに出張した際、シューベルトの生家を訪ねたときのことがまざまざと蘇ってきたのである。
 ウィーン第9区ヌスドルファー通り54番地に現存する家は、1797年にシューベルトが生まれたところ。1801年秋までの4年半を過ごしたと伝えられている。
 ここは現在シューベルト博物館となっており、見学することが可能である。シューベルトが使用した日常品や楽譜、楽器、肖像画、胸像などの遺品が展示されていて、とても興味深い。
 シューベルトは幅広いジャンルの創作を手がけたが、特に「歌曲の王」と呼ばれるように、この分野で豊かな表現力に富む作品を数多く残した。31歳の短い生涯の間に書かれたドイツ・リート(歌曲)は、630曲にもおよぶ。
 シューベルトは詩を大切にした人で、リートに用いた作詞者は100名をくだらない。もっとも多いのはドイツの文豪ヨハン・ウォルフガング・ゲーテ。シューベルトは作曲したものをゲーテに送ったが、これに対して文豪は冷ややかな反応しか示さなかった。作品には「糸を紡ぐグレートヒェン」「ミニョンに」「さすらい人の夜の歌」「野ばら」「魔王」「はるかなる恋人に」などがある。
 シューベルトは詩を読みながら、それをどんな音楽に結びつけるかを考えているときが一番幸せだった。どんなに貧しくても、体調が思わしくなくても、ウィーンの音楽界が真の実力を認めてくれなくても、ピアノに向かって作曲していれば、何もかも忘れることができたという。
 そんなシューベルトの真摯でおだやかで自然体の性格が、この生家で育まれたのだろう。
 家は、当時の馬車が入れるようにと高い門があり、それをくぐると広い中庭が見えてくる。その庭は当時の様子をいまに伝えるように、豊かな緑に覆われ、ひっそりと静かだ。
 家の内部も、シンプルで素朴な雰囲気。こうした作曲家ゆかりの場に足を踏み入れると、そこには遠い存在ではなく、実際に生きて活動していた作曲家の息吹をリアルに感じることができる。
 今日の写真は、シューベルトの使用していたメガネ、胸像、弾いていたギター、生家の外観。







タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麗しき旅の記憶

辻井伸行&三浦文彰

 軽井沢の大賀ホールは、美しい自然のなかに存在するホール。いつも訪れるたびに、心身が癒される感じがする。
 今日は、朝からこの一帯は深い霧に包まれたそうだが、私が着いた10時半ころは真っ青な空と避暑地らしい涼風が出迎えてくれた。
 まず、11時過ぎから辻井伸行のインタビューを行い、途中から三浦文彰にも加わってもらい、和気あいあいとした雰囲気のなか、「家庭画報」と「辻井伸行デビュー10周年記念特別コンサート」の冊子のインタビューを45分間で終えた。
 時間が限られていたため、私はいつものようにガンガン早口で質問を浴びせかけ、辻井さんもそれに呼応してしだいに早口になっていった。
 終わると、彼は「いやあ、今日は伊熊さんにつられて、ぼくもどんどん早口になってしまいましたよ?」と笑っていた。
 短時間ながら多くのことを聞くことができたため、「家庭画報」では、その詳細を綴るつもりである。
 その後、撮影が行われ、ふたりはリハーサルを開始した。
 私も「家庭画報」の編集のSさんと一緒にリハーサルを最後まで聴き、それからランチに出かけた。
 そのころから次第に雲行きが怪しくなり、コンサート開始前に雨が降り出した。外に並んでいるお客さまのために開場が早まり、15時きっかりにコンサートは始まった。
 まず、三浦文彰がJ.S.バッハの「無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番ホ長調BWV1006」を演奏。最近、ますます音が流麗になり、磨きがかかった技巧を存分に発揮し、約18分間、弦1本で勝負する孤高の世界を披露した。
 次いで、辻井伸行がドビュッシーの「映像第1集」「喜びの島」を演奏。大賀ホールの隅々まで、色彩感にあふれた美しい響きが浸透していく。
 後半は、いよいよデュオの登場。フランクの「ヴァイオリン・ソナタ イ長調」が演奏された。
 コンサート前のインタビューで、ふたりは「一緒に弾くたびにどんどん演奏がよくなっていき、お互いの音の対話が濃くなり、駆け引きも出てきておもしろくてたまらない」と語っていたが、まさにそこにはみずみずしく生き生きとした雄弁な音の語りが存在していた。
 聴衆は嵐のような拍手を送り、彼らは肩を組んで何度もステージに現れ、本当によき音楽仲間ができたといううれしさを隠し切れない様子だった。
 彼らは今後も共演を重ねていくつもりだという。
 今日の写真は、リハーサル前のふたり。この時間帯は、外もまだ美しい青空だった。




タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麗しき旅の記憶

韓国の調味料

 今回のソウル出張でも、仕事の合間を見て韓国ならではの調味料を探しにいった。
 現地のレコード会社の人に、「おいしい調味料はない?」と聞いたら、あるおしょうゆを教えてくれた。
 しかし、韓国語ができない私は、デパ地下にいっても、そのおしょうゆのラベルが読めない。
「そうか、名前を書いてもらえばよかった」
 そう思ったが、すでに遅し。
 そのときに、お店の人で日本語が少しできる人がいたため、その人に聞き、ようやく探し当てたときは、とてもうれしかった。
 このおしょうゆは、ナムルを作るときに一番いい味わいになるそうだ。
 あとはコチュジャンと、金ごま油を買い、最後に韓国海苔を購入した。
 韓国海苔は、ごま油を使ったものとオリーブオイルを使ったものがあり、どちらにしようか悩み、やはりごま油の方にした。
 私があれこれ悩んでいたためか、お店の人は、会計を済ませると、私の買い物袋にさっとオリーブオイルの小さな袋を入れてくれた。
「こっちも食べてみて。よかったら次はこっちもどうぞ」
 ウワッー、うれしい、ありがとう。
 というわけで、今日の写真は韓国ならではの調味料と海苔。
 これらを使って、ぜひ新たなアーティスト・レシピに挑戦したいと思っている。さて、どんなレシピで、だれにしようか…。


タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 麗しき旅の記憶
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス