ブログ

根みつばの卵とじ

 冬は根みつばがおいしい季節である。でも、糸みつばは広く出回っているが、根みつばはなかなかお店に並ばない。
 そこで、近所の八百屋さんで根みつばを見つけると、すぐに買ってしまう。「さて、根みつばの卵とじを作ろう」と、心ははやるばかり。
 根みつばを1束とえのきだけも大きな1束を用意し、食べやすい大きさに切って、だし汁カップ2、砂糖大さじ1、みりん大さじ1.5、しょうゆ大さじ1.5で煮て卵3個でとじる。
 最後にちりめんじゃこ30グラムを混ぜて出来上がり。今日は、京都のちりめん山椒があったため、それを加えた。
 こういうおかずが1品あると、胃が休まる。ぜひ、根みつばを探してくださいな。
 今日の写真は、立派な茎をもつ根みつばと、出来上がったばかりの卵とじ。これは、にらや春菊や下仁田ねぎなどでもおいしくできる。

y3231_R.JPG

y3230_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:14 | 美味なるダイアリー

こと路のちりめん山椒

 先日、仁和寺の境内に出店していた、こと路のちりめん山椒を初めて購入した。
 京都はちりめん山椒のおいしいお店が多くいろんなところで試しているが、こと路の製品は無添加で、試食をしたらとても自然な味わいだったためすぐに買ったという次第だ。
 今日はそれをパスタに入れてみた。
 数種のきのこをにんにくのみじん切りと鷹の爪を入れたオリーブオイルで炒め、酒とおしょうゆで調味し、最後に柚子胡椒を隠し味に。
 ここにちりめん山椒を加え、ゆでたパスタを入れたらざっくり混ぜ、火を止めてから仕上げに水菜を混ぜる。余熱で水菜がしんなりしたら出来上がり。
 器に盛って季節のかんきつ類を添えると、立派な「おじゃこときのこのパスタ」が誕生する。
 今日の写真は、出来上がったばかりのパスタ。写真写りをよくするためには、おじゃこや水菜を上にトッピングする形の方が美しいのだが、実際にすぐ食べられておいしいのは、全部を混ぜてしまうやり方。
 今日はしめじ、ブラウンマッシュルーム、椎茸を使ったけど、きのこは何でもOK。こと路のちりめん山椒は、余分な添加物が入っていなくて、本当に美味。
 調べてみたら、こと路は京都御所の西側に店舗があるとのこと。あら、私の仕事部屋のすぐ近くじゃない。今度はお店を訪ねてみようっと。仁和寺で出会った味は、新たな発見となった。

y3220_R.JPG
 
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:28 | 美味なるダイアリー

姫路名物 穴子めし

 今回の姫路出張では、なかなかゆっくり地元の名物を堪能する時間がなかったが、帰り間際のランチに名物の穴子めしをいただいた。
 お店の人に聞くと、いろんな種類の穴子が楽しめる「穴子御膳」がいいということで、早速それを注文。運ばれてきた御膳を見て、みんなで「ウワーッ」と声を上げた。
 穴子づくしで、焼き穴子、御造り、てんぷらなど盛りだくさんだ。これほど穴子をたくさん食べたことはない。
 どれもていねいに作られていて、味もけっして濃くなく、自然な味付け。
 姫路名物はいろいろあり、おでんもそのひとつ。ここのおでんは、生姜じょうゆで味付けされている。
 たった1泊だからそんなにいろんな物が食べられるはずもなく、まして仕事なのだから、限界がある。
 それでも、この穴子づくしはとても印象に残った。
 今日の写真は、その穴子御膳。これでエネルギーを補給して、午後の取材を乗り切った。

y3202_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:24 | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス