ブログ

シンプルな大根サラダ

 冬大根のおいしい季節である。
 この時期、忙しいときに簡単な大根サラダは、とても助かる。
 まず、大根をスライサーで千切りにし、塩昆布の細切りと混ぜ合わせて20分ほど置く。
 大根から水分が出てしんなりしてきたら、ゆずの皮の千切りを混ぜる。
 この3種類で、あとの調味料はいっさい必要なし。実に簡単なサラダがあっというまに出来上がる。
 先日、老舗のおいしい塩昆布をいただいたため、いろんなレシピを考えているところである。
 今日の写真は、ごはんの友にもお酒のおつまみにも重宝する大根サラダ。
 塩昆布は、キャベツの千切りと合わせても美味。

Y3980_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:41 | 美味なるダイアリー

柿ジャム

  旬を迎えた新鮮なくだものは、もちろんナマでいただくのが一番おいしい。
  だが、ジャムにすると、また違った味わいが楽しめる。
  いまは、さまざまな柿が八百屋さんの店頭を飾り、「これはぜひジャムにしよう」と思い立った。
  まず、大きめの柿を2個用意。皮をむいて種を取り除き、ざくざくと切っていく。
  ホウロウの鍋に柿を入れ、砂糖(私は甜菜糖を使用)50グラムを加え、火にかけて最初は強火で煮立たせる。
  ブツブツ泡立ってきたら弱火にし、15分ほど煮る。
  これにレモン汁大さじ2を加え、さらに5分ほど煮て出来上がり。
  柿ジャムはトーストにしたパンに塗るのがもっとも一般的な食べ方だが、ポークソテーに添えてもおいしい。
  また、プレーンオムレツにちょっと付け合わせても、おしゃれな一品になる。
  私は甘さを抑えたジャム作りをするため、できる限り早く食べきりたい。というわけで、毎日の食卓に登場することになる。
  今日の写真は、出来上がったばかりの柿ジャム。いろんな種類の柿で試すと、微妙に味わいが異なるため、興味は尽きない。

y3952_R.jpg


posted by 伊熊よし子 at 22:32 | 美味なるダイアリー

栗とポルチーニのリゾット

  栗のおいしい季節である。
  むき栗を買ってきて、イタリア産の乾燥ポルチーニと合わせ、リゾットを作ってみた。
  まず、たまねぎのみじん切り4分の1個をオリーブオイル大さじ2で炒め、水で戻したポルチーニのみじん切り8グラムを加え、洗わない米を1合混ぜて炒める(2人分)。
  米が透き通ったら、白ワイン大さじ2、野菜スープの素小さじ2分の1、塩、こしょう少々を入れ、ポルチーニの戻し汁と水をひたひたに加えて中火で煮る。
  途中で水分が足りなくなったら水を足し、米がアルデンテになるまで煮込む。
  最後にバター大さじ1、食べやすく切った栗8個分を加えてサッと混ぜ、お皿に盛って生ハム4枚のみじん切りをトッピングし、パルミジャーノレッジャーノ大さじ2をふりかけて出来上がり。
  秋になると必ず食べたい栗のリゾット。白ワインにピッタリだ。
  今日の写真は、できたてのリゾット。栗の好きな人はたっぷり入れてもいいかも。

y3912_R.jpg


posted by 伊熊よし子 at 21:45 | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス