ブログ

自然な味を求めて

 最近は、添加物なしやオーガニックの食材にこだわったお店が多い。西荻にも、もちろんそういうお店はたくさんあるが、ちょっと足を伸ばして阿佐ヶ谷にいくと、私の大好きなお店がいくつかある。
 まず、Gelateria SINCERITA(ジェラテリア・シンチェリータ)から。ここはジェラート専門店で、イタリアの国際大会で3位に入賞した中井洋輔さんのお店。ショーケースには旬の果物を使い、ノンホモ低音殺菌牛乳、蜂蜜などを使用した16?17種類の色とりどりのジェラートが並ぶ。
 毎月11日には新作が登場、四季を感じさせるジェラートに徹している。
 いまは、ピスタチオ、巨峰、和三盆、カカオなどがズラリ。近所の人のみならず、遠くから食べに来る人まで多くの人でにぎわっている。阿佐ヶ谷の中杉通りの一本西側の通りを北に進んだところ、阿佐ヶ谷北1-43-7である。
 もう一軒お薦めのお店は、お魚をおいしく食べさせてくれる定食屋さん。昔ながらのなつかしい感じのお店で、パールセンターの入口近くの左側。銀だらの西京漬けとか、さんまの塩焼き、まぐろのコロッケなど、本当にシンプルなお料理を出してくれる。これにごはんとおみそ汁、おしんこなどがついている。
 一度こういうお店に出会うと、毎日でも通いたくなる人が多いらしく、ひとりでふらりと訪れる人も多い。
 おひたしや和風サラダなどサイドオーダーもでき、定食を頼むとごはんとおみそ汁のおかわりができる。 
 今日の写真は、新鮮な味わいに一度でハマるジェラートのお店と、日本人ならだれでも通いたくなるおさかな定食のお店。
 今日は、「西荻はおいしい」の番外編。ホント、このふたつ、西荻にほしい!!
 


タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西荻はおいしい

バルタザール

 今日は、先日エレベーターでばったり会った「ぴあ」の担当者だったNさんと、西荻のバルタザールで食事会を行った。
 このお店は、オーナーの長本光男さんが昭和51年に始めたところで、1階は長本兄弟商会という自然食品店になっている。その有機野菜を使用したお料理が、2階のバルタザールで食べられるというわけだ。
 下のお店は、息子さんたちに譲り、長本さん自身は2階のレストランのフロアに立つ。写真は、ラフで自然な感じの長本さん。



 ここで供されるお料理は、どれもとてもからだによいものばかりで、個性的でシンプルで創造性に富むレシピにいつも驚かされる。
 Nさんもとても気に入ってくれ、オーナーとも話が合い、お料理にも大感激してくれた。
 ゆっくり食べながら、じっくり話し、久しぶりに有意義な時間を過ごすことができた。あまりにも話が弾み、私たちが一番最後までいるお客となってしまった。
 写真は、滅茶苦茶おいしかったとうもろこしのバター炒めと、海老の入ったサラダ。このドレッシングは、海老の殻のエッセンスが入っている。



 それから今日のお薦めの「にしゆたか」というじゃがいものポテトフライ。これも感動もののおいしさで、じゃがいもは甘く味わいが濃く、ちょっとガーリックの香りとほどよい塩味が効いている。この他にも、豆腐の味噌漬けや、ラタトゥイユ、焼きオニオンなど、さまざまなものを頼み、おしゃべりと同様、箸が進んだ。



 究極は、デザートである。いまの季節ならではの白桃のシャーベットととうもろこしのクレームブリュレ。ここは毎日メニューが変わり、旬の食材を使ったレシピが出てくる。お茶はからだの巡りがよくなるというものをいただき、ふたりとも、大満足の食事会となった。



 西荻に足を運んだら、ぜひここでヘルシーな食事を堪能してくださいな。私のお薦めです!
 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西荻はおいしい

ウッドストック

 若いころ、私がWOOD STOCK(ウッドストック)というニックネームを付けられたことは以前ブログで綴ったが、その名前が付いたカフェを見つけた。
 写真は、その看板。



 西荻と吉祥寺の中間に位置する場所で、カフェの建物の周囲には神社や公園があり、大きな樹木が多く、うっそうとした緑に囲まれている。
 写真は、カフェの入口。外でもお茶が飲めるようになっている。



 30年前にオープンしたそうで、アンティークな雰囲気がただよい、お店全体がガラス張りになっていて、緑がよく見える。
 実は、コーヒー・ハウスと名付けられていて、コーヒーが名物。他にスパイシーなカレーや、フルーツたっぷりのコーヒーゼリーもある。
 森のなかにいるような気分にさせてくれるこのお店、店主の女性がいろいろ気軽に話しかけてくれる。
 西荻から10分以上は歩くが、このあたりは武蔵野の面影が色濃く残り、雨の日に読書をしたり、緑を見ながらボーっとするのに最適。
 写真は、奥まった特等席。窓の外は緑一色で、自然と一体になれる。なんだか、ここだけ時間の流れが違う感じだ。

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西荻はおいしい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス