ブログ

西荻に鞍馬あり

 原稿が重なると、ゆっくりお料理をしている時間がない。そこで、西荻のおいしいお店を探して、栄養補給を試みることになる。
 今日は、世の中の蕎麦好きに「西荻に鞍馬あり」といわれるお蕎麦屋さんにいってみた。いつも混んでいて、なかなか入れないお店だが、少し並んでようやく入ることができた。
 ここは、蕎麦好きの人たちのバイブルとも称される名著「ソバ屋で憩う」(杉浦日向子とソ連編著)の巻頭を飾る「特選五店」のひとつとして紹介されているお店で、こぢんまりとしているため、いつもお客でいっぱいだ。
 ちなみにその五店というのは、 浅草「並木藪蕎麦」、日本橋「室町砂場」、西荻窪「鞍馬」、高田馬場「傘亭」、山形県の旅籠町「萬盛庵」。
 お蕎麦は自家製粉手打ち蕎麦(十割蕎麦)で、有機栽培による材料を用いている。
 これまで食べたどのお蕎麦とも異なる上品で香り豊か、ほどよいこしがある。そばつゆもてんぷらも美味で、自然な味わい。
 何度でも足を運びたくなるお店だ。
 ランチ時を中心に営業しているためか、店内では昼からお酒をちびちび飲みながら、おつまみを頼み、ゆっくり食べている人が多い。
 場所は西荻の南口から1分ほどのところ。平日は11時30分から16時まで、土日祝日は11時30分から17時までで、水曜休みである。
 こういうお店が近くにあると、とても心強いが、なにしろ夜は開いていないため、なかなか行く機会がない。今日は土曜日なのに、すぐに入れてラッキーだった。
 写真は、温かいお蕎麦と海老のてんぷら。もうひとつは、冷たいお蕎麦と穴子一尾天。このてんぷらが、衣が薄くカラッとしていて、実においしかった。
 西荻に昼間の時間寄ることがあったら、ぜひ「鞍馬」へどうぞ。蕎麦好きは、やみつきになると思いますよ。




 
 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西荻はおいしい

自然な味を求めて

 最近は、添加物なしやオーガニックの食材にこだわったお店が多い。西荻にも、もちろんそういうお店はたくさんあるが、ちょっと足を伸ばして阿佐ヶ谷にいくと、私の大好きなお店がいくつかある。
 まず、Gelateria SINCERITA(ジェラテリア・シンチェリータ)から。ここはジェラート専門店で、イタリアの国際大会で3位に入賞した中井洋輔さんのお店。ショーケースには旬の果物を使い、ノンホモ低音殺菌牛乳、蜂蜜などを使用した16?17種類の色とりどりのジェラートが並ぶ。
 毎月11日には新作が登場、四季を感じさせるジェラートに徹している。
 いまは、ピスタチオ、巨峰、和三盆、カカオなどがズラリ。近所の人のみならず、遠くから食べに来る人まで多くの人でにぎわっている。阿佐ヶ谷の中杉通りの一本西側の通りを北に進んだところ、阿佐ヶ谷北1-43-7である。
 もう一軒お薦めのお店は、お魚をおいしく食べさせてくれる定食屋さん。昔ながらのなつかしい感じのお店で、パールセンターの入口近くの左側。銀だらの西京漬けとか、さんまの塩焼き、まぐろのコロッケなど、本当にシンプルなお料理を出してくれる。これにごはんとおみそ汁、おしんこなどがついている。
 一度こういうお店に出会うと、毎日でも通いたくなる人が多いらしく、ひとりでふらりと訪れる人も多い。
 おひたしや和風サラダなどサイドオーダーもでき、定食を頼むとごはんとおみそ汁のおかわりができる。 
 今日の写真は、新鮮な味わいに一度でハマるジェラートのお店と、日本人ならだれでも通いたくなるおさかな定食のお店。
 今日は、「西荻はおいしい」の番外編。ホント、このふたつ、西荻にほしい!!
 


タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西荻はおいしい

バルタザール

 今日は、先日エレベーターでばったり会った「ぴあ」の担当者だったNさんと、西荻のバルタザールで食事会を行った。
 このお店は、オーナーの長本光男さんが昭和51年に始めたところで、1階は長本兄弟商会という自然食品店になっている。その有機野菜を使用したお料理が、2階のバルタザールで食べられるというわけだ。
 下のお店は、息子さんたちに譲り、長本さん自身は2階のレストランのフロアに立つ。写真は、ラフで自然な感じの長本さん。



 ここで供されるお料理は、どれもとてもからだによいものばかりで、個性的でシンプルで創造性に富むレシピにいつも驚かされる。
 Nさんもとても気に入ってくれ、オーナーとも話が合い、お料理にも大感激してくれた。
 ゆっくり食べながら、じっくり話し、久しぶりに有意義な時間を過ごすことができた。あまりにも話が弾み、私たちが一番最後までいるお客となってしまった。
 写真は、滅茶苦茶おいしかったとうもろこしのバター炒めと、海老の入ったサラダ。このドレッシングは、海老の殻のエッセンスが入っている。



 それから今日のお薦めの「にしゆたか」というじゃがいものポテトフライ。これも感動もののおいしさで、じゃがいもは甘く味わいが濃く、ちょっとガーリックの香りとほどよい塩味が効いている。この他にも、豆腐の味噌漬けや、ラタトゥイユ、焼きオニオンなど、さまざまなものを頼み、おしゃべりと同様、箸が進んだ。



 究極は、デザートである。いまの季節ならではの白桃のシャーベットととうもろこしのクレームブリュレ。ここは毎日メニューが変わり、旬の食材を使ったレシピが出てくる。お茶はからだの巡りがよくなるというものをいただき、ふたりとも、大満足の食事会となった。



 西荻に足を運んだら、ぜひここでヘルシーな食事を堪能してくださいな。私のお薦めです!
 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西荻はおいしい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス