ブログ

マイ七味唐辛子

  自分だけの調味料や素材を「マイ〇〇」といって作るのが流行っているが、京都の錦市場には「マイ七味唐辛子」を作ってくれるお店がある。
  どうやって味を決めていくのかと不思議に思っていたら、なんとおちょこのようなものにぬるま湯を入れ、そこに七味唐辛子を少しだけ溶かし、それを何度か繰り返して飲んで自分なりの味を決める。
  最初はちょっと辛いだけで、味がなんとかわかるのだが、「もう少しゆずの味がほしい」とか、「山椒を利かせて」などと何度も繰り返して試飲していると口のなかがマヒして、そのうちにのどがひりひりし、本来の味がわからなくなってくる(笑)。
 それでも、ようやく自分の好きな味が決まり、それを袋に詰めてもらう。
  京都の七味唐辛子は香りがすばらしく、麺類や豚汁には欠かせない。
  ただし、これは人にプレゼントするわけにはいかない。その人の好みの味がわからないから。
  これをお料理にかけると、うどんもおそばもお味噌汁も、なんだか自分ならではの特別なものに思えてくるから不思議だ。
  今日の写真は、作ってもらったマイ七味唐辛子。
  結構、これが辛いんですよ。かけすぎると、大変です。

y3899_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 21:14 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス