ブログ

山宮るり子

  ハープの山宮るり子は、ハンブルク国立音楽演劇大学に留学し、私の大好きなハーピスト、グザヴィエ・ドゥ・メストレに師事している。
  メストレはクラス全員にコンクールを受けろ受けろといい、しかも優勝するまで続けさせたという。
  山宮るり子も毎年のようにコンクールに参加し、2009年には難関といわれるミュンヘン国際音楽コンクール・ハープ部門で第2位入賞を果たし、2011年にパリで開催されたリリー・ラスキーヌ国際ハープコンクールで優勝の栄冠に輝いた。
  帰国後は、ソロ、室内楽、オーケストラへの参加など、幅広い活動を展開している。
  そんな彼女が「プリエール―モルダウ」と題したアルバムをリリースした(オクタヴィア)。
  その話を聞きに、インタビューに出かけた。  
「プリエール」とは、フランス語で「祈り」を意味し、コロナ禍にあって「明るい未来を心から祈る」という意味でタイトルにしたのだという。
  このインタビューは、次号の「レコード芸術」に掲載される予定である。
  インタビューでは、ハープを始めたきっかけ、留学時代のこと、コンクールに関してなどさまざまな話題が出たが、メストレのレッスンの話がとてもおもしろく、それをことこまかく原稿に書き込んだ。
  11月8日には、トッパンホールでCDリリースを記念してリサイタルが行われる予定。
  最近は、少しずつ制限を設けながらもコンサートが開かれるようになっている。山宮るり子のリサイタルも無事に開催されることを「祈る」ばかりである。
  今日の写真はインタビュー中のワンショット。

y3889_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:37 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス