ブログ

務川慧悟

  9月7日に行われた「ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクール  ガラ・コンサート」に関しては、このブログでも紹介したが、9月11日には浜離宮朝日ホールで務川慧悟のピアノ・リサイタルが行われた。
   ガラ・コンサートで聴いたサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」の演奏がすばらしい印象となって脳裏に焼き付いていたため、リサイタルはとても楽しみだった。
  これは4月に開催される予定だったが、コロナ禍の影響で延期となり、ようやく実現の運びとなったもの。もともとの1時間半のプログラムを70分に絞り、休憩なしで一気に6曲演奏するという凝縮したプログラム構成だった。
  ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番、デュサパンの「ピアノのための7つの練習曲」より第5番、シューマンの「子供のためのアルバム」より第30番、ショパンの「バラード第1番」、ショスタコーヴィチの「24の前奏曲とフーガ」より第15番、ラフマニノフの「コレルリの主題による変奏曲」という構成で、コンチェルトを聴いたときと同様の「勢い」を感じさせた。
  この公演評は「spice」に書くことになっている。
  彼の演奏は、聴き手に活力と希望を与えるもの。こういう若きピアニストが出現したことに、大きな喜びを抱く。
  まだインタビューの機会はないが、会って話をすることができたら、いろんなことを聞きたいと思う。
  今日の写真は、当日のプログラムの表紙。また次回の演奏が楽しみだ。

Y3892_R.jpg
posted by 伊熊よし子 at 21:36 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス