ブログ

小山実稚恵

  長い間、対面の取材やインタビューが行われなかったが、ようやく少しずつ仕事が動き出した。
  昨日は、小山実稚恵のインタビューに出かけた。 
  彼女は7月22日にベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第28番&第29番「ハンマークラヴィーア」をリリース(ソニー)、その新譜の話を中心にインタビューを行った。
  これは次号の「inroxicate」に書く予定である。
  さらに小山実稚恵 ピアノ・シリーズとして「ベートーヴェン、そして…」と題したリサイタルが2019年から21年にかけて年に2回、6月と11月にBunkamuraオーチャードホールで行われているため、その意図と内容に関しても聞いた。
  小山実稚恵にはこれまで何度も話を聞いているが、ベートーヴェンに関して話を聞くのは初めてだ。
  ご自身も、「みなさんに私とベートーヴェンはなかなか結び付かないといわれています。でも、学生時代に一番勉強したのはドイツ、オーストリア作品なんですよ」といい、終始ことばを尽くしてベートーヴェンについて語ってくれた。
  その熱き思いを記事で紹介したいと思う。
  今日の写真は、撮影のときだけ一瞬マスクをはずしてもらって撮った1枚。この時期は、お互いにマスクをかけ、かなり距離を置いて話すという難しい状態。話が弾んでくると、ついふたりとも声が大きくなってしまい、「ああ、いけない」と顔を見合わせて声を落とすという不思議なインタビューになった。
  でも、やはり電話インタビューやリモートよりも、実際に会って話をする方が、生きたインタビューになる。
  しかし、東京はまたもや感染が増えている。今後もまた、こうしたインタビューはできなくなるかもしれない。

y3650_R.JPG

  




posted by 伊熊よし子 at 22:00 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス