ブログ

ホアキン・アチュカロ

  最近、何をやってもうまくいかず、仕事が暗礁に乗り上げ、気分が落ち込む日が続いた。
  こういうときこそ、いい音楽を聴く必要がある。
  そこで、スペインの偉大なピアニスト、ホアキン・アチュカロのリサイタルを聴きに日経ホールに出かけた。
  プログラムは、前半がモーツァルト「幻想曲 ニ短調」、ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第30番」、ショパン「幻想即興曲」、ショパン「英雄ポロネーズ」。
  後半は得意とするスペイン作品で、グラナドス「ゴイェスカスより嘆き、またはマハとナイチンゲール」、同「愛と死」、アルベニス「イベリアより港」、同「エル・アルバイシン」、同「ナバーラ」。
  1月来日時も感じたことだが、アチュカロの演奏は、魂が浄化されるような感覚を抱く。とりわけ前半のベートーヴェンの109ソナタの緩徐楽章がロマンにあふれ、この上なく響きが美しく、涙がこぼれそうになった。
  後半のスペイン作品は自家薬籠中。リズムが立ち上り、光と影が見え隠れし、情熱と哀愁が交錯する。なんと心に響くピアニズムだろうか。音楽から元気をもらった気がした。
  アチュカロは、87歳とはとても思えぬ矍鑠たる様子で、すべてのプログラムを弾き終えてもなお音楽に対する情熱が有り余っている感じ。アンコールも立て続けに3曲、ドビュッシー「月の光」、アルベニス「ハバネラ」、スクリャービン「2つの左手のための小品よりノクターン」を演奏。会場に照明がついてからも、ショパン「24の前奏曲より第16番」を弾き、さっそうと引き上げていった。
  長く暗いトンネルに迷い込んでいた私だったが、ホアキンさまの演奏ですっかり元気になった。これが「音楽の力」だろうか。
  明日は、午後にインタビューが組まれている。さて、どんな話が聞けるだろうか。心がわくわくする思いだ。
  今日の写真は、プログラムの表紙。

y3385_R.jpg
  
  

posted by 伊熊よし子 at 23:11 | マイ・フェイバリット・ピアニスト
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス