ブログ

アントワーヌ・タメスティ

 ヴィオラのアントワーヌ・タメスティは、樫本大進をはじめ共演した多くのアーティストから「すばらしいヴィオラ奏者だよ」という話を聞いてきた。
 しかし、なかなかインタビューのチャンスがなく、今回ようやく会うことができた。
 タメスティは「ヴィオラスペース」で来日しており、2013年よりこの音楽祭のプログラミング・ディレクターを務め、企画・プログラミングに携わっている。
 タメスティは、いま「ヴィオラといえばタメスティ」と称されるほどの第一人者。録音も多く、最近ではメンバー全員によるアレンジを採用したJ.S.バッハ「ゴルトベルク変奏曲」(トリオ・ツィンマーマン―フランク・ペーター・ツィンマーマン、アントワーヌ・タメスティ、クリスチャン・ポルテラ)、1973年生まれのイェルク・ヴィトマンがタメスティに捧げた「ヴィオラ協奏曲」(世界発録音)、ピアノのセドリック・ティベルギアンとの共演による「ベル・カント〜ヴィオラの声」、トリオ・ヴァランダーとの共演によるフォーレ「ピアノ四重奏曲集」、ヒンデミットの「ヴィオラ・ソナタ」(すべてキングインターナショナル)など、幅広いレパートリーを収録している。
 初めて会ったタメスティは、とてもおだやかでゆったりとした語り口をもつ人。まるで彼のヴィオラの深々とした美しい低音を表すかのような雰囲気をたたえ、相手をリラックスさせる。
 だが、作品論に関しては口調が一気に熱くなり、雄弁になる。バッハの「ゴルトベルク変奏曲」の編曲版についても、既存の編曲版を使用するのではなく、あくまでも自分たちのオリジナルにこだわり、3人でじっくり練り上げたそうだ。
 子ども時代にヴィオラに出合ったときの話から、国際コンクールを受けたときのこと、さまざまなアーティストとの共演についてなどさまざまな話を聞いたが、終始ヴィオラに対する深い愛情を示すことばが印象的だった。
 この記事は、「東京新聞」に書く予定にしている。
 この夏は、各地の音楽祭に参加するそうで、多岐に渡る作品を演奏し、いろんな人と共演するのが楽しみだという。
 今日の写真は、愛器の1672年製ストラディヴァリとともに。「写真撮るなら、楽器も一緒の方がいいよね」といって、ケースから出して抱えてくれた。

y3310_R.JPG


posted by 伊熊よし子 at 22:29 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス