ブログ

別府アルゲリッチ音楽祭

 先週末は、宮崎国際音楽祭に出かけたが、明日から20日までは別府アルゲリッチ音楽祭の取材に出かける。
 18日は、アルゲリッチのソロ、シャルル・デュトワ指揮によるリストのピアノ協奏曲第1番が組まれている。
 先月、香港出張で辻井伸行と話をしていたとき、彼はいまリストのピアノ協奏曲を練習している最中なので、ぜひこのアルゲリッチの演奏を聴きに行きたいと話していた。
 きっと、大分の会場で会えるに違いない。
 19日は音楽祭の関連コンサート(ミッシャ・マイスキーのリサイタル)が竹田市の新しくできたホール、グランツたけたであり、そのプレトークを依頼されたため、朝から竹田市に移動する予定である。
 竹田市は初めて訪れるところ。滝廉太郎ゆかりの地で、ホールの名前も廉太郎ホールという別名で呼ばれるそうだ。
 ホール側の担当者がみなさんとても熱心で、「ぜひ、ホールをゆっくり見て、市内も回ってください」とのこと。ここでも1泊することになった。
 写真をいろいろ撮ってこようと思っているが、天気予報は雨模様。さて、どうなるだろうか…。

posted by 伊熊よし子 at 22:26 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス