ブログ

米元響子&菊池洋子ヴァイオリン・リサイタル

 一昨日、浜離宮朝日ホールで行われた米元響子(ヴァイオリン)と菊池洋子(ピアノ)のヴァイオリン・リサイタルを聴きに行った。
 米元響子は、つい先ごろデビューCDをリリースしたばかり。イザイの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ全6曲」で、2015年に発見されたイザイの未完の無伴奏ヴァイオリン・ソナタも収録されている。
 これに関しては、以前彼女のインタビューの様子をブログに綴っている。インタビューは、次号の「CDジャーナル」に掲載される予定である。
 リサイタルのプログラムは、前半がモーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第32番、イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第4番、イザイのポエム・エレジアック。後半がイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番、モーツァルトのヴァイオリン・ソナタ第40番と第42番。
 米元響子の演奏は、冒頭から地に足の着いたどっしりとした力強く説得力のある音色と表現が際立ち、モーツァルトを得意とする菊池洋子のピアノと見事なデュオを聴かせる。
 イザイに関しては、長年弾き込んで自家薬籠中の作品ならではの熟成した響き。久々に聴く本格派の演奏だ。
 すばらしく有意義な時間を過ごすことができたが、米元響子は最後のアンコールにイザイの新発見の未完のソナタの第1楽章を披露し、底力を示した。
 この公演評は、「音楽の友」に書くことになっている。
 今日の写真は終演後のおふたり。まだテンションが上がっていて、熱い湯気が出ている感じ。こういうときの表情ってすごくいいんだよね。

y3223_R.JPG

y3222_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 23:32 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス