ブログ

鈴木大介

 ギタリストの鈴木大介とは、会うたびに話が弾み、ついつい長くなってしまう。
 先日、今年の抱負や予定を聞くためにインタビューをしたが、そのときもあちこちに話題が飛び、予定の時間を大幅にオーバーしてしまった。
 このインタビューは、3月の「東京新聞」に書く予定にしている。
 彼は、今年はさまざまな初演が行われる記念の年になると語った。
 6月29日には、京都コンサートホールでクリスティアン・アルミンク指揮ベルギー王立リエージュ・フィルハーモニー管弦楽団と共演し、タン・ドゥンのギター協奏曲「Yi2」の日本初演を行う。これは翌日の6月30日にはすみだトリフォニーホールでも演奏されることになっている。
 その他にも、今年は邦人作曲家の作品の初演が組まれていたり、さまざまなチャレンジが控えているという。
 鈴木大介は、つい先ごろとても印象深い新譜をリリースした。「Daisuke Suzuki the Best 2019」と題されたベスト・アルバムで、思い出の詰まった作品や編曲作品、初録音の曲も含まれている(ベルウッドレコード)。
 そのアルバムの選曲の話もとても興味深く、ますます話が長引いてしまった。このアルバムのなかでは、私の大好きなアグスティン・バリオスの「追憶のショーロ」が泣けるほど美しく、この話題に花が咲いた。
 なんでも、この曲は武満徹がこよなく愛した曲だそうだ。
 私は中米までは行ったことがあるが、南米には一度も行ったことがない。いまはセキュリティの面でかなり行きにくい状態になっているが、それでも南米に対する強い想いは変わらない。南米には印象深い曲を書いた作曲家がたくさんいて、そうした作曲家の足跡もたどってみたい。
 そんな話で盛り上がり、バリオスをはじめとする作曲家の話題で熱く盛り上がった。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。

y3285_R.JPG
 
 
posted by 伊熊よし子 at 23:03 | 親しき友との語らい
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス