ブログ

辻彩奈

 J.S.バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」は、ヴァイオリニストが生涯に一度は全曲演奏をしたいと望み、バイブル的な存在に位置付けている。
 それを21歳で成し遂げたヴァイオリニストがいる。辻彩奈である。
 1月25日、紀尾井ホールで行われた辻彩奈のバッハ「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ&パルティータ」のリサイタルは、2度の休憩をはさんで約3時間。
 辻彩奈は冒頭から凛とした響きでスタート、ソナタ第1番、パルティータ第1番を演奏。休憩後にソナタ第3番、パルティータ第3番を演奏し、再び休憩後にソナタ第2番、パルティータ第2番を演奏した。
 最後の「シャコンヌ」は、堂々たる演奏。全編に大作に挑む意欲的な気持ちが横溢していたものの、けっして憶することなく、一瞬たりとも弛緩することもなく、最後までみずみずしい響きを前面に押し出し、あたかもエベレストの高い頂に勇気をもって登頂していくような潔さを見せた。
 辻彩奈は、2016年のモントリオール国際音楽コンクールの覇者。そのライヴCDのライナーノーツを綴り、デビュー当時からずっとインタビューや取材を続けてきた。
「伊熊さん、私、バッハの無伴奏を全曲演奏することにしたんですよ。来年の1月です。聴きにきてくださいね」
 こういわれたのは、昨年のインタビュー時のことだった。
「えっ、もうその若さで全曲演奏に挑戦するの?」
「ええ、いま猛勉強中です。先生からも弾け弾けっていわれていたんです。いよいよその時が来たな、という感じで…」
 すごいことである。でも、そのときの辻彩奈の表情は、大作に挑む恐れのようなものはまったく見られず、いま弾きたいから弾く、といったごく自然な感じだった。
 この夜のバッハはこれまで聴いてきたどの無伴奏とも異なり、若鮎が清流をぐんぐん泳いで上っていくような活力と情熱と根性を醸し出していた。
 彼女はいまフランスでもレッスンを受け、自身の演奏を磨いている。
 このバッハ、ぜひレコーディングしてほしいと願ってやまない。
 今日の写真は、リサイタルのプログラムの表紙。終演後のCDのサイン会は長蛇の列。私のライナーを読んでくれる人がまた少し増え、うれしい限り…。この公演評は「公明新聞」に書く予定である。

y3284_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 17:25 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス