ブログ

ホアキン・アチューカロ

 1936年11月1日にスペイン・バスク州ビルバオに生まれたホアキン・アチューカロ(アチュカロ)が、長年演奏し続けてきたものの、録音を行わなかったショパンの作品集をリリースした(キングインターナショナル)。
「24の前奏曲」からスタートし、次いで「前奏曲嬰ハ短調」「前奏曲変イ長調」「幻想即興曲」「夜想曲第2番」「夜想曲第20番」が登場し、最後は「舟歌」でフィナーレを迎えるという選曲だ。
 冒頭から、あまりにも謙虚で真摯で内省的なショパンに、身も心も引き付けられ、最後まで頭を垂れて聴き入ってしまう。なぜこんなにも胸に響いてくる演奏なのだろうか。
 ルバートが絶妙で、ゆったりしたテンポのショパンに本来の作品の姿を見る思いだ。
 今日は、そのアチューカロのリサイタルが東京文化会館小ホールで行われ、前半がショパンの「24の前奏曲」だった。文化の小ホールの親密的な空間で聴くショパンは、まさに極上の音楽。
 後半は、アチューカロの独壇場のプログラム。「アラウンド・グラナダ」と題され、アルベニス、ファリャ、ドビュッシーが書いたグラナダにまつわる音楽が6曲披露された。
 グラナダを勝手に自分の故郷のように思っている私は、至福のときを味わった。1曲ごとに、グラナダの街並みや曲がりくねった迷路や白壁や輝く陽光を思い出し、心はグラナダへと飛翔していった。
 なんと味わい深い音楽を聴かせるピアニストだろうか。今回はインタビューする機会を逃したが、またすぐに来日予定があるそうなので、次回はぜひ話を聞きたいと思う。
 今日の写真は、プログラムの表紙と、ショパンのジャケット。
 CDにも収録されているが、今日のアンコールの最後に演奏されたショパンの夜想曲第2番は、ショパンの生家ジェラゾヴァヴォーラ村の緑豊かな景観を思い起こす、素朴で清涼な美しさに彩られていた。

y3284_R.JPG

y3285_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:46 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス