ブログ

京都散策

 京都の冬は寒い。
 しかし、この時期にお寺や神社を巡るのは格別な空気をまとうことでもある。
 相国寺は仕事部屋の近くなので、あまり寒いなかを歩かなくても行くことができる。
 他のお寺にくらべ、境内は静かで落ち着いているため、静けさのなかでゆっくりと新年の幕開けを味わうことができ、貴重な時間を過ごせる。
 ただし、1月10日を過ぎないと、冬の特別拝観は始まらない。
 ここは法堂(はっとう)の天井に描かれた、狩野光信の「鳴き龍」が有名だ。
 広大な境内を散策していると、頭の先から足元まで、しんしんと冷えてくる。
 京都は古都なのにコーヒーとパンの激戦区で、おいしいカフェとパン屋さんが多い。老舗が大好きな私が好んで行くのは、三条のイノダ本店。
 ここはいつ訪れても並んでいる人が多く、多少の待ち時間は覚悟しなくてはならない。今回は、別棟にある、一見するとヨーロッパのカフェのような奥の席に案内された。
 レンガ造りで、こぢんまりしていて、なんともいい雰囲気。でも、順番に案内されるため、この席が空いているとは限らない。今年はラッキー! ここなら、何時間でもいられそう(笑)。
 今日の写真は、相国寺の法堂。凛として静謐な空気が流れている。

y3272_R.JPG

 もう1枚は、イノダ本店の別棟。古色蒼然としているでしょ。

y3271_R.JPG
 

 
 
posted by 伊熊よし子 at 15:39 | ゆったりまったり京都ぐらし
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス