ブログ

清塚信也

 ピアニスト、作編曲家、俳優などさまざまな顔をもつ清塚信也が、クラシック音楽と人々をつなげる、クラシックと現代をつなげる、作曲家と現代人をつなげるという思いを込めた「connect」というアルバムをリリースする(12月12日、ユニバーサル)。
 収録曲は、J.S.バッハ「イギリス組曲第3番」、モーツァルト「ピアノ・ソナタ第14番」、ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第14番《月光》」、自作3曲という構成だ。
 今日はそのアルバムについて聞くため、インタビューを行った。このインタビューは「CDジャーナル」(WEB)に書く予定になっている。
 実は、今春取材でウィーンを訪れた際、取材先のホテルの前でばったり清塚信也に会った。
「えーっ、偶然ですねえ。演奏会ですか?」
「いえいえ、テレビの収録なんですよ。もう帰国するところなんです。伊熊さんは?」
「私は取材でこのホテルにきたところなんです」
 というわけで、5分違っていたら会わないのに、なんという不思議な出会いだったのか。ウィーンの街角でばったり会うとは…。
 今日はまず、そのときの偶然の出会いから話が始まった。
 清塚信也は、以前からクラシックを広めたいという気持ちが強い。さまざまな活動の根源には、常ににその熱き思いが横たわっている。今日は各々の作品への思いとつながり、「コネクト」の意味合いとアルバムのコンセプト、音楽を通じて発信したい考えなどを聞くことができた。記事にはその詳細を綴りたいと思う。
 彼はショートスリーパーで、寝る間も惜しんで音楽に没頭し、大好きな映画を見、精力的な活動を展開している。そのエネルギーには感服してしまう。
 アルバムと連動するコンサートツアーも、2019年1月から4月まで全11回組まれている。昨日まで3日間続けて長野県でコンサートを行ったそうだが、この取材時も疲れを見せず雄弁に語ってくれた。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。やはり俳優っぼい表情だよねえ。

y3219_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 23:01 | アーティスト・クローズアップ
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス