ブログ

ワールドカップ決勝

 ロシアW杯が、いよいよ決勝を迎える。
 連日、寝不足になりながらテレビ観戦していたが、応援していたスペインが敗退してからはちょっとトーンが下がり気味だった。
 しかし、決勝はフランスとクロアチアという組み合わせになり、20年前を思い出した。
 三大テノールのコンサートは、W杯の決勝前夜祭に行われており、当時ロサンゼルスのドジャースタジアム、パリのシャンドマルスなどに取材に出かけていた私は、1998年のパリでW杯を観戦することができたのである。
 これに関しては、すでにブログにも書いているから、「しつこいなあ」「そんなに自慢するなよ」「ハイハイ、わかりました」という人はスーっと飛ばしてくださいな(笑)。
 1994年のLA大会のときに、私がサッカー好きだと知った現地のコンサートの担当者は、「ええっ、きみサッカー好きなんだ。じゃ、イタリアとブラジル戦のチケット取ってあげたのに」といった。
「本当ですか、そんなことができるの?」
 ただし、私の飛行機はすでに決まっていて、ロベルト・バッジョの熱烈なファンだった私は、後ろ髪を引かれる思いでLAをあとにした。
 そして成田に着いたとき、バッジョがPKを外し、ブラジルが優勝したことを知った。
 そのときの無念な思いがあったため、4年後にパリに取材に行くと決まったとき、「リハーサルにかからない時間帯で、どこの国でもどんな組み合わせでもいいから、チケットお願いします」と頼んでおいた。
 担当者が用意してくれたのは、フランス対クロアチアだった。当時のフランスは黄金世代で、ジダン、プティ、テュラム、リザラス、アンリ、アネルカ、デサイー、デシャン、カランブー、トレゼゲ、ジョルカエフらそうそうたるメンバーだった。クロアチアにはシュケルがいた。そんな輝かしい選手が実際のピッチにいる。もう興奮を通り越して、生涯忘れられない記憶に残る試合となった。
 だが、まさかフランスが優勝するとは思わなかった。あれから20年、デシャンが監督になり、フランスは若手を起用して決勝まで勝ち上がってきた。一方、クロアチアには、個性的なモドリッチがいる。(私、この人のファンです)
 さて、どんな決勝になるのだろうか。ライヴで見なくっちゃね。
posted by 伊熊よし子 at 23:42 | 日々つづれ織り
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス