ブログ

イワシのしょうが煮

 圧力なべというのは、忙しいときにとても便利な代物である。
 私はイタリアのラゴスティーナを愛用しているが、もういくつ目になるだろうか。
 大きなお肉のかたまりも、堅いお魚の骨も、お豆や昆布の煮物も瞬時に柔らかくなり、これひとつで面倒なお料理が短時間で仕上がる。
 新鮮なイワシが手に入ったときは、まとめてしょうが煮を作っておく。これは日持ちするし、主菜が足りない感じのときにも大いに役立つ。
 まず、4人前としてイワシを中15尾ほど用意する。以前は、圧力なべを使用するため、頭と内臓だけを除き、中骨は残して調理していた。その方がカルシウムが丸ごと摂れていいと思ったからだ。
 だが、中骨も尾も取って三枚におろしてから調理すると、食べるときにとてもおだやかな味になることがわかった。以来、その方法で作っている。
 イワシは三枚におろし、薄い塩水でさっと洗い、圧力なべにきれいに並べる。かぶるくらいの湯と酢大さじ1を加え、ふたを閉める。なべを強火にかけ、シューッといったら弱火にして10分煮る。
 小レバーを立てて蒸気を完全に抜き、ふたをあけ、イワシを崩さないように取り出す。
 からにした圧力なべに再びイワシを並べ、酒3分の2カップ、しょうゆ3分の1カップ、砂糖大さじ1弱、みりん4分の1カップ、水2分の1カップとしょうがの千切りひとかけ分と梅干し大2個分をちぎったものを加え、ふたを閉める。強火にかけ、シューッといったら弱火にして10分煮る。
 前の方法と同様に蒸気を抜き、ふたをあけてイワシを取り出す。
 お皿に盛って、本わさびのすりおろしをトッピングすれば出来上がり。
 これは先日、松本の友人Tちゃんからいただいた本わさびを使いたくて試したレシピ。
 写真は出来立てのイワシのしょうが煮。ふつうはしょうがと梅の味で十分イワシの生臭みは消えるが、本わさびを添えると、料亭のような上品な味わいに仕上がる。ぜひ、お試しを。

y4004_R.JPG

 
 
posted by 伊熊よし子 at 21:45 | 美味なるダイアリー
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス