ブログ

フローリアン・ノアック

 新たな才能に出会えるのは、望外の喜びである。
 先日、1990年ブリュッセル生まれの若きピアニスト、フローリアン・ノアックにインタビューを行った。彼は「ある旅人のアルバム」をリリースしたばかり(キングインターナショナル)。
 このアルバムは、世界各地のさまざまな民俗音楽からインスピレーションを得た作曲家の作品で構成されている。ノアックは編曲家でもあり、いくつかの作品は超絶技巧を生かした編曲が施され、オーケストラ作品のような変貌を遂げたり、原曲のよさを生かしながらも異なる空気を孕む作品に変容したり…。
 ノアックは12歳からエリーザベト王妃音楽大学の天才児養成コースで学んでおり、その後さまざまな師から教えを受けている。
 いまは編曲家としても名が知られ、ベレゾフスキー、バシキーロフ、カツァリスから編曲作品の依頼があるという。
 音源を聴いたときは、ものすごくこだわりの強い「オタク」的な人なのかと思ったが、実際に会ってみると、実にフランクで人なつこく、どんな質問にもことばを尽くしてじっくり話してくれるナイスガイだった。
 このインタビューは「intoxicate」に書く予定になっている。

y3090_R.JPG

 音楽に対する考えがとてもユニークで、話もおもしろく、とても感じがいい。編曲の話を詳しく聞いていたら、「いま書いているのは、これだよ」と楽譜を見せてくれた。
 その楽譜は見事なまでに美しく、整然とした音符が並んでおり、きれいな譜面に驚かされた。

y3092_R.JPG

 今回の来日は1回のリサイタルだけで、なんと1泊の東京滞在。でも、インタビュー後の数時間は自由時間に当てるそうで、「これから福間洸太朗くんと遊びに行く」といっていた。次回はぜひ、ゆっくり滞在してほしいものだ。

 
 
posted by 伊熊よし子 at 22:09 | クラシックを愛す
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス