ブログ

仲道郁代

 仲道郁代が演奏活動30年を迎え、さらに未来を見据えて、向こう10年間で2つのシリーズを行うことを発表した。
 今日は、その記者発表と懇親会があり、シリーズの内容と彼女の意気込みが語られた。
 2018年から2027年までの10年間、毎春サントリーホールで「ベートーヴェンが確立した巨大な世界へ」と、毎秋東京文化会館小ホールで「ピアノの音が醸成する深い味わいの世界へ」と題したコンサートを実践していく。
 昨年、インタビューしたときにもこの両コンサートの話は少し聞いたが、10年計画とはすごいことを考えたものである。
 彼女はこの大きなプロジェクトに関し、「我を忘れるような美しく特別な空間にいることを感謝し、その気持ちを演奏に託し、それを聴衆と共有したい」と熱く語った。
 さらに、「ステージに住みたいほどピアノが好きで、無条件にピアノの音が好きなので、この生活をずっと続けている。ベートーヴェンは生きることの哲学を問う作曲家だから、その意味合いをより探求したい」と強調した。
 サントリーホールの方のプログラムは、ベートーヴェンを主軸とし、モーツァルト、ブラームス、ショパン、シューマン、シューベルトなどが選曲され、東京文化会館小ホールの方は、ドビュッシー、ラフマニノフ、ラヴェル、バッハ、スクリャービン他が組まれている。
 なお、3月16日には「仲道郁代ピアノ・フェスティヴァル」と題したコンサートが東京芸術劇場で開かれ、上原彩子、小川典子、金子三勇士、清水和音、萩原痲未が加わって、「2台ピアノの祭典」と「5台ピアノの響演」の演奏が行われる予定だ。
 思えば、仲道郁代にはデビュー前の学生時代からコンクールなどの取材を続けてきた。私も今年は独立30周年の節目の年である。彼女の前向きな姿勢に触発され、何かしなくちゃ、という気持ちが強くなった。
 今日の写真は、記者発表で話す仲道郁代。

y2058_R.JPG
 
posted by 伊熊よし子 at 22:07 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス