ブログ

大井健

 アーティストにインタビューをしていると、途中から話題がちょっと横道に逸れ、その人の趣味や好きな音楽家の話になったりすることがある。
 今日もピアニストの大井健と話をしていて、「いま一番ナマを聴きたいのはグリゴーリ・ソコロフ」ということで彼と私の意見が一致、しばしソコロフ談義となってしまった。
 大井健は幼少時からヨーロッパで過ごし、その後日本で教育を受け、卒業後はオペラユニット「レジェンド」の専属ピアニストを10年間務める。2015年、アルバム「Piano Love」(キングレコード)をリリースしてソロ・メジャーデビュー。以来、ピアニスト&作曲家として活躍、2013年には中村匡宏と組んでピアノデュオ「鍵盤男子」を結成した。
 現在は、テレビやCMにも登場、ふだんクラシックをあまり聴かない人まで引き付けている。
 その大井健が「Piano Love The Movie」と題するコンサート&ドキュメンタリーをリリースすることになった(2月14日 キングレコード)。同日プレミアム・コンサートも開催される(HAKUJU HALL)。
 今日はその話を中心に聞いたのだが、会った途端に「ぼく、伊熊さんのブログをいつも拝見しています」といわれ、なんだか初めて会った気がせず、話はいろんな方面へと広がっていったという次第だ。
 このインタビューは、「CDジャーナル」(WEB)に書く予定になっている。
 今日の写真は、インタビュー後のワンショット。

y2057_R.JPG
posted by 伊熊よし子 at 22:38 | 情報・特急便
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス