ブログ

銀座かなわ

 海外出張から戻ると、無性においしい和食が食べたくなる。
 私は現地の食事に結構なじむ方だが、それでもからだが欲するというか、胃が要求しているというか、和食のおいしさは格別だ。
 以前、ピアニストの斎藤雅広さんに教えてもらった、銀座6丁目にある広島料理「銀座かなわ」は、こういう体調のときにピッタリのお店である。
 ここはさまざまな種類のかきが用意されていて、季節を問わずかきを食べることができる。かきの大好きな人には、天国のようなお店だ。
 今回は、週末限定というランチをいただいた。名付けて「かきづくし」。すべてのお料理にそれぞれ異なったかきが使われている。
 小鉢2種、酢がき、かきマリネ、かきフライ、かきご飯、かき入り吸物が見事に並び、やがて焼きかきが熱々の状態で運ばれてくる。
 う?ん、たまりませんなあ。
 もう、疲れたからだにミネラルがたっぷり補給された感じである。
 シドニーから帰国して、なんだか集中力と体力が損なわれ、あまり仕事モードにならなかったが、「かきづくし」のおかげで、ようやく仕事をしなくちゃ、という気持ちになってきた。
 明日からは月末ゆえ、スケジュールが目いっぱい詰まっている。エンジンを全開にして乗り切らなくてはならない。
 今日の写真は、「かきづくし」の御膳と、しばし時間を置いて登場した焼きかき。かきのお好きな方は、このお店、絶対お薦めです。









タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味なるダイアリー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181209423
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス