ブログ

高台寺―圓徳院

 京・東山の高台寺、そして圓徳院は、何度訪れても心が洗われる感じがする。
 この北政所の終焉の地である圓徳院は、特に庭が美しく、廊下を歩いていると、ねねの小径が見える。


 ここではお茶を点ててもらい、庭をながめながら一服することができる。
 高台寺ほど混んではいないため、いつも心静かに自己と向かい合うことができ、私にとっては癒しの場となっている。





 高台寺は広いため、重要文化財をひとつずつゆっくり見て散策を楽しみ、そのすべてを堪能するにはかなりの時間を要する。
 観月台を経て臥龍廊を登り、霊屋にたどり着くと、眼下に京都の町が望める。
 高台寺の周辺はかなりの混雑でにぎわっているが、一歩境内に足を踏み入れると、静寂が支配している。
 また、季節の異なる時期に訪れると、味わいが変わるに違いない。

タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゆったりまったり京都ぐらし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181209317
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス