ブログ

吉川隆弘

 昨夜は、ミラノ在住のピアニスト、吉川隆弘とマネージャーのYさんと3人で、白金台のレストランで夜中の3時まで飲み、食べ、おしゃべりに興じた。
 夜7時半に開始したこの食事会、彼の来春リリース予定の新譜のリストのライナーノーツを書くため、最初は簡単なインタビューから入った。
 30分ほど話を聞いたところで、もうテレコは止めてフリートークとなった。
 それから夜中まで、ひとときもおしゃべりが止むことなく続き、おいしいお料理とワインをいただきながら、気がつけば夜中の3時。
 吉川さんの行きつけのお店とあって、「何時までいても大丈夫」ということだったが、それにしても、長居をしてしまった。
 あわててタクシーを呼んでもらって、帰宅。
 今日はお昼から1本インタビューがあり、その後、女性誌の来年からの連載の打ち合わせを行い、夕方東京駅に駆け込んで京都にやってきた。
 いつもながらバタバタのスケジュールだったが、久しぶりに京都の空気を吸って、なにはともあれほっとひと息。
 今日の写真は、かなり飲んだあとの吉川さん。ほろ酔い加減で、いい気持ちという感じの表情だ。
 彼のインタビュー記事は、リスト・アルバムのライナーノーツのほか、私のHPの「音楽を語ろうよ」に登場してもらう予定になっている。
 このリスト、ライヴ収録時のリサイタルを聴いているから、演奏はよくわかっているつもりだが、やはり録音の音源が出来上がってくるのが待ち遠しい。
 もう1枚の写真は、絶品だった「生ウニのフラン」。こういうの、作ってみたいなあと思って、じっくり味わった。でも、このレヴェルに達するのは、かなり難しそう(笑)。



タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 親しき友との語らい
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181209263
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス