ブログ

フェデラー1000勝

 ロジャー・フェデラーが、キャリア通算1000勝を成し遂げた。
 テニスのツアー開幕戦としてオーストラリアで開催されていたブリスベン国際が、今日決勝戦を迎え、フェデラーはカナダのミロシュ・ラオニッチと対戦、3セットを戦って優勝を果たした。
 これはフェデラーの大記録がかかった試合で、優勝したことにより、ジミー・コナーズ、イヴァン・レンドルに次いでオープン化以降3人目の1000勝獲得選手となった。
 もう新年からハラハラドキドキの思いだったが、フェデラーは無事にラオニッチの弾丸サーブを乗り切り、記録達成にこぎつけた。
 だが、彼にとっては、これはひとつの通過点に過ぎない。すぐに全豪オープンが開幕するが、今年はコーチのステファン・エドバーグとともに「グランドスラムを取る」ことを目標に掲げているため、すぐに全豪オープンに気持ちを切り替えるに違いない。
 今年はきっと、どん底から這い上がった昨年よりも、なおいっそういい成績を残してくれるはずだ。非常に楽しみである。
 
 
タグ:"Yoshiko Ikuma"
posted by 伊熊よし子 at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロジャー・フェデラー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181208727
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
検索ボックス